明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

6.写真を選びましょう

A.メイン・フォトとサブ・フォトを選ぶ
写真に位置情報を付加出来たら、次に実際にサイトに掲載する写真を選びますが、この時にメイン・フォトとサブ・フォトの二種類を選びます。このメイン・フォトとサブ・フォトがどのように表示されるか、私のサイトのブログを例に挙げますとこのようになります。

各フォトの使用例

各フォトの使用例

このメイン・フォトとサブ・フォトの違いですが、表示位置の他に以下のような違いがあります。

  • メイン・フォト
    メイン・フォトとして選んだ写真の位置情報を使ってGoogleMapにマーカーを貼り付けていきます。このマーカーをクリックした際に表示されえるのは、このメイン・フォトだけです。またホームページやブログの中で、「到着時刻」となるのはメイン・フォトの撮影時間を使っています。
  • サブ・フォト
    サブ・フォトとして選んだ写真の位置情報や撮影時刻は使用されません。またGoogleMapにも表示されません。メイン・フォトの補足的写真として使用されるので、全く選ばなくても構いません。逆に最高で7個まで選べます。

つまりメイン・フォトは1つのセクション(上図の赤枠です)につき、1個しか選べません。それに対してサブ・フォトは0個から7個まで選べます。
私はデジカメに付属のアプリを使って写真を選んでいます。その際にメイン・フォトには★★の評価を。サブ・フォトには★の評価を付けています。そうすると後からチェックしたり抽出するのが簡単です。

Nikonデジカメの付属アプリ

Nikonデジカメの付属アプリ

B.写真の抽出とサイズ
メイン・フォトとサブ・フォトを選んだら、それぞれ別のフォルダに書き出します。一応オリジナルの画像をそのまま使う事も出来ますが、やはりコピーなどで書き出して複製を用意した方が安全です。写真関連アプリで書き出すときは、EXIFデータを保持する設定にして下さい。そうでないと位置情報や撮影時刻が消されてしまいます。
なお、ファイルの大きさやサイズについては特に制限がありませんが、私はいつも長辺が1024ピクセルになるようにしています。

写真出力画面

写真出力画面

 

←戻る  ↑目次  次へ→

公開日:
最終更新日:2017/12/14