明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

3.スタートの前に

A.確認事項
いよいよ外に出てログを記録していきますが…その前に確認しておかなければならない事がいくつかあります。

a.デジカメの時刻の確認
撮影後に写真ファイルに位置情報を書き込む際には、写真ファイルに記録されてる撮影時刻と、GPSロガーに記録された時刻を比較して、該当する位置情報を書き込んで行きます。そのためデジカメの時刻とGPSロガーの時刻がズレていれば、正確な撮影位置が書き込まれません。
GPSロガーは衛星からの電波で常に正確な時刻を刻んでいます。しかしデジカメの時刻は手動で合わせなければなりませんので、外出前に正確な時刻に合わせておいてください。
もしこれを忘れてしまったとしても、位置情報を書き込むソフトで調整する事も出来ますが、やはり最初から正確な時刻にしておく方が確実です。
時間を確認

b.位置情報の付加する設定( スマホで写真を撮る場合)
デジカメではなくスマホで撮る場合、自動的に位置情報が付加されますが、それは位置情報も記録する設定がONになっていた場合だけです。OFFになっていた場合は記録されませんので、必ず設定がONになっているか確認してください。
もし常に位置情報を付加するようにしておけば、それはとても便利かもしれません。ですが自宅の位置などが知らない間に写真ファイルに付加され、SNSに写真をアップした際に公開されてしまう場合もあります。そのため普段は「位置情報を付加する」をOFFにしておいた方が安全です。
今回のような場合にだけONにしなければなりませんので、これも撮影を開始する前に確認してください。
スマホでもOK

 c.写真を撮るポイント
有名な観光地や美味しい料理などの写真は皆さん撮影されると思います。しかし後から観光に訪れる人の事を考えて、道順が分かりにくい場合はそこへ至るまでの道、分かれ道や細い道なども撮っておくと親切です。また足場の悪い道などもその写真を撮っておいた方が親切かもしれません。もちろんGoogleMapなどを使えば道順や道の状態はすぐ分かりますが、写真があると実際の風景と確認できますのでより親切です。
また観光スポットによっては入口がどこにあるの分かりづらい場所もあります。スマホのナビは便利ですが入口まで正確に案内してくれる訳ではなく、ひどい場合には入口とは反対の場所に案内される事もあります。ですので入口と出口の写真もあれば参考にしてもらえます。更に有名なスポットだけでなく、自分自身が見て面白いと思ったもの可愛いと感じたものなど、一般的な観光ガイドには載ってないけど興味を引かれたものがあれば、それも撮影するようにして下さい。

 

←戻る  ↑目次  次へ→

公開日:
最終更新日:2017/12/06