明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

1.「ログつく郎」で出来ること

A.“ログつく郎”でこんな事が出来ます

この「ログつく郎」は写真(Jpegファイル)に埋め込まれた位置情報を基に、GoogleMapで使われるKMLファイルを作成したり、WEBサイトで表示するためのHTMLファイルの一部を作る事が出来ます。そしてこれはエクセルのファイルですので、パソコンにエクセルがインストールされていたら、すぐにでも使う事が出来ます。

もう少し具体的に説明しますと…GPSを使った位置記録装置、(GPSロガーといいます)とデジカメ、そして「このログつく郎」で、旅の思い出を記録としてWEB上にアップする事ができます。
いつ、どこをどう歩いてどんな写真を撮ったが分かりますので、次にその場所に行こうという人に見てもらえるかもしれません。
具体的にはこんなサイトが出来ます。(例2は「ログつく郎」で出力したファイルをエディタで多少修正して使用しています)
例1→ http://shouzaru.txt-nifty.com/kyotophoto/2017/10/post-1578.html

例2→http://fukuphotodiary.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

パソコン

前にも書きましたが、このログ(私はあちこちを観光して回ったログなので「観光ログ」と呼んでいますが)を作るツールは、元々は私が自分のブログ作成のために作りました。いろいろと試行錯誤して作ってみたのですが、それなりに使えるようになってきたので、今回それを誰でも使いやすく改良して、ネット上にアップしてみました。

このツールではエクセルのマクロを使っています。ただ私はプログラマーではありませんし、KMLファイルの作成やVBAについても完全に理解して作成している訳ではありませんので、プロの方からすると「そんなレベルでこのファイルを公開しているのか!」とお叱りを受けるかもしれません。しかし前述の通りで、元々自分個人で使用する事を目的に作成したという経緯がありますので、お気づきの点はお知らせいただければ幸いです…。

 

利用にあたってはもちろん無料ですので興味のある方はダウンロードして使ってみて下さい。 (^^;
あと具体的な使い方につていは次章以降を呼んでくださいね。
ご挨拶

 

↑目次  次へ→

公開日:
最終更新日:2017/12/25