明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第52回観光ログ・三室戸寺から平等院へのコース

      2018/05/19

●訪問日:2017年 06月11日

●今回の訪問地
今回はあじさいで有名な三室戸寺を訪ねて、そこから歩いて平等院まで行くコースです。
ちょっと時期が早くて梅雨ではなかったけど、綺麗な紫陽花が沢山咲いてました。

スポンサーリンク


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

京阪宇治駅

・ラベル:01.スタート

・出発:11:06

・案内

京阪宇治駅

京阪宇治駅

今回はこの京阪宇治駅からスタートです。
三室戸寺へ直行するならここから一つ京都よりの三室戸駅からのほうが正直、近いですが…まぁ今回は訳あってここからのスタートです。
(^^;

正面の大通り

正面の大通り

駅の正面に大きな通りがあるので、この通りに出たら左に曲がります。

左折してから…。

左折してから…。

左折してからしばらくは道なりに真っ直ぐです。

大きな案内

・ラベル:02.大きな案内

・到着:11:14

・案内

ここを右折

ここを右折

しばらく歩くと写真右側にあるような三室戸寺への案内が見えてきますので、ここの交差点を右折します。

そして真っ直ぐ

そして真っ直ぐ

ここがその交差点。右折してからは暫くこの道を真っ直ぐです。多少上り坂になっていますね。。。

右か左か?

・ラベル:03.右か左か?

・到着:11:20

・案内

歩行者は左へ

歩行者は左へ

しばらく歩くとこんな案内があります。右の道に行きそうになりますが…よく見ると「参拝車両」との事。その左下に小さく「歩行者は左」と書かれてますので、ここは左の道を進みます。

入口付近

・ラベル:04.入口付近

・到着:11:23

・案内

入口を目指して

入口を目指して

道なりに歩くとこんな所にでます。正面がお寺の入口ですので、横断歩道を渡ります。

ここを直進

ここを直進

横断歩道を渡って少し直進しますと…。

ここから

ここから

入口の前に来ました。ここを入って行きます。

三室戸寺1

・ラベル:05.拝観料を払って

・到着:11:25

・案内

この先で

この先で

この先に受付がありますので、そこで拝観料を払って中に入ります。

三室戸寺2

・ラベル:06.いよいよ境内へ

・到着:11:28

・案内

山門

山門

少し歩くとこの赤い山門です。

紫陽花!

紫陽花!

門をくぐって中に入ると左手に沢山の紫陽花があります。さすが三室戸寺

三室戸寺3

・ラベル:07.長い階段

・到着:11:30

・案内

長い階段

長い階段

更に進むと…正面にちょっと長い階段が見えてきます。少し大変ですが頑張って上りましょう。。。(T_T)

三室戸寺4

・ラベル:08.本堂

・到着:11:33

・案内

行列!

行列!

本堂に到着ですが…ものすごい人で行列です。今回は遠くから心を込めてお参りさせていただく事にしました。。。
(^^;

三室戸寺5

・ラベル:09.鐘楼

・到着:11:34

・案内

一回100円

一回100円

本堂の隣には鐘楼があります。一回100円で撞かせてくれますので、早速ついてみましたが…小さな音がカ~ンとしただけ。
梁がじゃまでちょっと撞きにくいです。

三室戸寺6

・ラベル:10.御利益はあるそうで…。

・到着:11:43

・案内

ちょっと無気味

ちょっと無気味

鐘を撞いて帰る時、先ほどの階段のそばでこんなのを見つけました。ちょっと無気味ですが…。

神様でした!

神様でした!

宇賀神様だそうで、耳を触れば福が来て、髭を撫でると健康長寿。しっぽをさすれば金運アップだそうです。
なので三カ所、特に尻尾を念入りに触っておきました。(笑)

三室戸寺7

・ラベル:11.あじさい園

・到着:11:45

・案内

入口

入口

境内を歩いているとこのような看板が…。
(^_^)

あじさい園の見頃

あじさい園の見頃

なんとここはあじさい園の入口でした。そして花の見ごろを確認すると、ちょうど今紫陽花のみごろです。

円の中へ

円の中へ

という事であじさい園の中に入ってみる事にしました。

やっぱり青

やっぱり青

あじさいの色はいろいろありますが、やはり一番はこの青。遠くの赤い山門との対比が綺麗でした。

ピンクも

ピンクも

中にはこのようなピンクのあじさいも。これはまた美しいですね。。。

三室戸寺8

・ラベル:12.茶屋

・到着:12:00

・案内

あじさい園の茶屋

あじさい園の茶屋

あじさい園の中にお茶屋さんがあります。甘味だけでなくお昼も食べられるそうです。。

メニュー

メニュー

これがそのメニュー。スイーツの他にそばやうどんもありますね~。(笑)

茶そばセット

茶そばセット

今回は茶そばセットを頂く事にしました。茶そばの他に炊き込みご飯などが付いています。美味しかったですよ~。

三室戸寺9

・ラベル:13.園内散策

・到着:12:15

・案内

沢山のあじさい

沢山のあじさい

茶そばセットを食べた後、引き続き園内を散策してみました。

あじさいの花

あじさいの花

いろいろな紫陽花の花が咲き乱れていて、それはもう綺麗でした。今回はちょうどいいタイミングで来られました。
(^_^)/

山門を背に

山門を背に

先ほどとは違う方角から山門をバックに撮ってみました。
自分でいうのもなんですが…いいね!(笑)

三室戸寺10

・ラベル:14.出口

・到着:12:33

・案内

三室戸寺出口

三室戸寺出口

ここはあじさい園&三室戸寺の出口となります。

お土産!

お土産!

出たところの広場で様々なお土産も売っていました。結構盛況ですね。

宇治上神社への道

・ラベル:15.宇治上神社への道

・到着:12:36

・案内

三室戸寺から…。

三室戸寺から…。

三室戸寺を後にして、とりあえずは来た道を引き返します。

道なりに

道なりに

この辺りは道なりに同じ道を引き返します。。。

ここを左折

・ラベル:16.ここを左折

・到着:12:40

・案内

左へ

左へ

先ほどは正面から来ましたが、今回はここを左に曲がります。

ここは直進

・ラベル:17.ここは直進

・到着:12:42

・案内

ここは直進

ここは直進

この十字路では迷わず直進します。

こんな案内も

こんな案内も

地面にはこんな案内もありました。足元なので分かりやすいですね。(^_^)

ここは右に…。

・ラベル:18.ここは右に…。

・到着:12:43

・案内

茶色の道

茶色の道

ここは右に進みます。だいたいお分かりかと思いますが、宇治上神社へはこの薄茶色の道にそって進むようになっていました。道の色がそのまま案内なのかも。なるほどね。

さわらびの道

・ラベル:19.さわらびの道

・到着:12:48

・案内

ここで左へ

ここで左へ

ここでは左に鋭角的に曲がります。風情のある道を通ってみる事にしました。もちろん道の色は薄茶色です。(笑)

この坂

この坂

この坂を登っていきます。

さわらびの道

さわらびの道

ここからは「さわらびの道」というそうです。意味は知りませんが、すこし自然の多い道になります。それでその道は、この坂を上がったらすぐに右折です。

源氏物語ミュージアム

・ラベル:20.源氏物語ミュージアム

・到着:12:51

・案内

源氏物語ミュージアム

源氏物語ミュージアム

薄茶色の道に沿って進むと源氏物語ミュージアムがありました。前回は寄りましたが・・・今回はそのまま先に進みます。
(^^;

木漏れ日の道

木漏れ日の道

この辺りは住宅地から離れて木漏れ日の中を歩いて行きます。気持ちいい道です。
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

宇治上神社1

・ラベル:21.宇治上神社

・到着:12:54

・案内

宇治上神社に到着

宇治上神社に到着

宇治上神社に到着です!

宇治上神社2

・ラベル:22.桐原水

・到着:12:56

・案内

手水屋

手水屋

ここではこんな湧き水で手を洗って清めます

名水

名水

なんでも宇治の現存する唯一の名水、桐原水だとか…。
もちろんここで手を洗ってから参拝しました。

宇治上神社3

・ラベル:23.宇治上神社を後にして

・到着:12:59

・案内

次へ…。

次へ…。

宇治上神社を後にして、次に向かって進みました。

宇治神社1

・ラベル:24.宇治神社到着

・到着:13:01

・案内

宇治神社入口

宇治神社入口

次は、先ほどと名前がよく似ていますが…宇治神社に到着しました。

本殿

本殿

ここが本殿です。綺麗な朱色をしています。
こちらでもしっかり参拝してお参りいたしました。

宇治神社2

・ラベル:25.手水屋

・到着:13:06

・案内

ウサギ

ウサギ

宇治神社の手水屋のウサギです。なんでもウサギと縁が深いとか。それにしてもかなりアクロバティックな姿勢ですね~。(笑)

宇治川1

・ラベル:26.宇治川を渡って

・到着:13:08

・案内

宇治神社を後にして

宇治神社を後にして

宇治神社を出たところで、振り返って一枚。鳥居の写真です。

橋へ

橋へ

目の前には大きな橋が。これが宇治川に架かる橋です。

激流

激流

宇治川の流れ。結構激流です。そのむかし宇治川の合戦ではこの流れを馬で渡ったんですね。この流れの速さをみると…ちょっと怖いなぁ。

宇治川2

・ラベル:27.中州

・到着:13:11

・案内

橋を渡って

橋を渡って

橋を渡り切ったところは宇治川の中州です。

宇治川3

・ラベル:28.もう一つの橋

・到着:13:12

・案内

さらに渡って

さらに渡って

中州から対岸へ更にもう一つ、橋があります。

穏やかな流れ

穏やかな流れ

こちらは堰があるおかげで随分と穏やかな流れになっています。この辺り、船も出るようで…。

平等院への道

・ラベル:29.平等院への道

・到着:13:14

・案内

土手の道

土手の道

土手に上がった所に平等院への案内がありました。すぐ近くですね。

この道を行く

この道を行く

土手から下りるとこんな道です。すでにお土産屋などもあり観光地気分で盛り上がります。(笑)

平等院への道1

・ラベル:30.平等院入口

・到着:13:15

・案内

ここから入れます

ここから入れます

参道からではありませんが、平等院へ行くにはここが近道。

平等院への道2

・ラベル:31.いざ平等院へ

・到着:13:18

・案内

入口

入口

参拝券を買って平等院に入ります。

平等院への道3

・ラベル:32.最初のトイレ

・到着:13:19

・案内

最初のトイレ

最初のトイレ

入ってすぐ、最初のトイレがここにあります。さすが歴史的建造物だけあってトイレも綺麗に作られてます。

平等院への道4

・ラベル:33.鳳凰堂

・到着:13:23

・案内

鳳凰堂

鳳凰堂

これが10円玉で有名な鳳凰堂。修理を終えて朱色も綺麗に蘇ってます。本当は中に入れるのですが…以前も入りましたし、待ち時間があるので今回は遠慮しました。

平等院への道5

・ラベル:34.ここもトイレ

・到着:13:26

・案内

二番目のトイレ

二番目のトイレ

ここにももう一つ、トイレがありました。

平等院への道6

・ラベル:35.鳳翔館

・到着:13:27

・案内

博物館へ…

博物館へ…

境内にある博物館へ。中にはいろいろと展示物がありますが、今回は二度目という事でさら~と見学してきました。(笑)
もちろん内部は撮影禁止ですよ。

平等院への道7

・ラベル:36.平等院を後にして

・到着:13:36

・案内

参道を行く

参道を行く

平等院を出て参道を歩いて行きます。ここら辺はやっぱり人通りもお店も多いですね。。。

宇治川付近

・ラベル:37.宇治川付近

・到着:13:41

・案内

和風トイレ

和風トイレ

参道を歩いて行くと宇治川に出て来ました。ここにあるトイレはさすが、純和風の造りです。(笑)

横断歩道を渡って

横断歩道を渡って

この横断歩道を渡って、駅を目指して歩いて行きます。

駅への道

・ラベル:38.駅への道

・到着:13:43

・案内

駅への道

駅への道

JR宇治駅を目指して歩いて行きます。ここら辺まで来るとお土産はもう売ってませんね。駅へはこのんまま大通りに沿って歩いて行きます。

JR宇治駅

・ラベル:39.ゴール!

・到着:13:49

・案内

JR宇治駅

JR宇治駅

JR宇治駅に到着です。今回はここがゴール。JRに乗って帰ろ…。
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

●時間
・スタート: 11時 05分
・ゴール: 13 時 49分
・所要時間: 2時間 44分
—————————————
京阪宇治駅
↓ (約19分)
三室戸寺滞在時間:約1時間8分
・あじさい園滞在時間:約48分
・茶屋滞在時間:約12分
↓ (約21分)
宇治上神社滞在時間:約5分
↓ (約2分)
宇治神社滞在時間:約7分
↓ (約7分)
平等院滞在時間:約21分
↓ (約13分)
JR宇治駅

●距離
約 6.5キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
京阪宇治駅
平等院(境内2カ所)
JR宇治駅

●費用
・三室戸寺拝観料     \500円
・三室戸寺の鐘つき 100円
・茶そばセット 980円
・平等院拝観料 500円
—————————————–
合計               \2080円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。
グラフを見ると最初に京阪氏駅から三室戸寺まで、一気に50メートル以上標高が上がっています。その後は宇治上神社まで約40メートルほど降下。そして平等院でもっとも低くなって、JR宇治駅では少しまた高くなています。
やっぱり三室戸寺は山際にあるからなんでしょうね。でも実際に歩いているとそれほど急な坂はありませんでした。階段も本堂前の階段だけ。あとはありませんでしたので、高低差的にも比較的楽なコースでした。

【道路】
今回はほとんど舗装された歩きやすい道でした。しかも三室戸寺から宇治上神社へは、道が薄茶色に色付けされているのでほとんど迷う事がありません。とっても歩きやすいです。とくにこのさわらびの道はのんびり歩いてみるのに最適です。

【店舗】
三室戸寺を出た広場と平等院の門前にはお土産屋が並んでいます。一方で三室戸寺から平等院ぐらいまでは、ほぼ住宅街なのでお店はほとんどありませんでした。ただ、距離にすると短いので、それほど気にすることも無いかも。。。


【感想】
三室戸寺の紫陽花はやっぱりきれいでしたね。境内のあじさい園に咲く紫陽花は数も多くて一見の価値はあります。
他にも草花はあるそうですが、紫陽花の寺として有名なのでやっぱり狙い目は梅雨の時期でしょうか。
(^.^)

スポンサーリンク

 - 宇治方面 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

平等院鳳凰堂
第6回ログ・平等院から源氏物語ミュージアムのコース

●訪問日:2015年8月22日 ●時間 スタート:11時41分 ゴール:15時4 …