明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第48回観光ログ・桜の琵琶湖疎水散策のコース

      2018/05/19

●訪問日:2017年 04月10 日

●今回の訪問地
今回は第38回で歩いた山科の琵琶湖疎水を再び歩きました。前回は紅葉シーズンでしたが、今回は桜のシーズン。桜並木を楽しみに歩いてみました。。。

スポンサーリンク


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

JR山科駅

・ラベル:01.スタート

・出発:11:02

・案内

JR山科駅

JR山科駅

今回は第38回ログと同じ疎水を歩くコースなので、出発も同じJR山科駅からのスタートです。

駅から東へ

まずは東へ

まずは駅前から東へ、この細道を通って行きます。

踏切り

・ラベル:02.踏切り

・到着:11:05

・案内

踏切りを北に曲がる

ここで左折

この踏切に辿り着きますので、ここで左折して北へ向かいますが…よく見たら、案内板にも矢印がありますね。(^^;

この道を北へ

この道を北へ

この道を北へまっすぐ進みます。前回も毘沙門堂へ行った道です。

琵琶湖疎水1

・ラベル:03.琵琶湖疎水

・到着:11:14

・案内

疎水の桜…。

疎水の桜…。

琵琶湖疎水にかかる橋に到着です。前回はこのまま真っ直ぐ行ったのですが…。あまりに桜が見事なので、コースを変えて疎水沿いに桜を見ながら上流に向かって進む事にします。

琵琶湖疎水2

・ラベル:04.疎水と別れて

・到着:11:18

・案内

疎水のトンネル

疎水のトンネル

このトンネルの中を進むのは無理なので、疎水とはここで一旦お別れです。(笑)

桜並木

桜並木

疎水からは離れますが、桜並木の道を歩いて行きます。綺麗なさくらですよ。

琵琶湖疎水3

・ラベル:05.公園

・到着:11:23

・案内

桜咲く公園

桜咲く公園

道を歩いていると、大きな公園に到着しました。

トイレ

トイレ

公園の隅にはお手洗いもありました。

桜!

桜!

桜のアップ! やっぱり綺麗だな~。

琵琶湖疎水4

・ラベル:06.試作物

・到着:11:32

・案内

コンクリートの屋根?

コンクリートの屋根?

道から少し離れたところに、アーチ形のコンクリートの屋根がありました。。。。

疎水のトンネル

疎水のトンネル

傍にあった案内を読むと、第2疎水で使ったトンネルの、その試作物だそうです。作業員がトンネル上部の試作をしてみたものだとか…。一種の産業遺産でしょうか。。。
(^^;

琵琶湖疎水5

・ラベル:07.閉鎖のトイレ

・到着:11:33

・案内

次の公園

次の公園

更に進むとまた大きな公園がありましたが…。ここのトイレは工事のため閉鎖となってました。恐らくまたいつか使用可能になると思いますが…。

琵琶湖疎水6

・ラベル:08.ジョギングのスタート地点の桜

・到着:11:37

・案内

桜並木

桜並木

少し歩くとまた桜並木がありました。この場所は桜が多いですね~。

満開

満開

綺麗な桜。日本に桜があって良かった…。!(^^)!

続く桜並木

続く桜並木

桜並木はまだ続いてますが、この辺りでUターンする事にしました。それでふと横に目をやると…。

ジョギングコース

ジョギングコース

疎水べりに整備されたジョギングコースの案内がありました。。これを見ると片道3.3キロ。往復で7キロ近いコースで、ここがスタート地点でした!

琵琶湖疎水7

・ラベル:09.桜と菜の花

・到着:11:55

・案内

疎水のトンネル

疎水のトンネル

Uターンして、疎水のトンネルの場所まで戻ってきました。ここからは対岸(疎水の北側)を歩いてみました。

黄色い花

黄色い花

菜の花がこれだけ咲いているのはここだけのようです。桜の淡いピンクと菜の花の黄色が綺麗でした。
今年は桜の開花が遅かったから、こうやって菜の花とのコラボが実現したのかもしれませんね。。。

琵琶湖疎水8

・ラベル:10.元の場所へ

・到着:11:57

・案内

先ほどの橋

先ほどの橋

駅から歩いてきた道…というか橋が見えてきました。ここで一旦疎水から離れて、毘沙門堂を目指します。

毘沙門堂1

・ラベル:11.毘沙門堂

・到着:12:04

・案内

毘沙門堂到着

毘沙門堂到着

毘沙門堂に到着です。ここも桜が咲いてますね。。。

毘沙門堂2

・ラベル:12.階段を上って

・到着:12:06

・案内

もみじの階段

もみじの階段

今回はこちらから境内に入りました。この階段、前回は両脇がモミジで一杯でしたが、春は綺麗に掃除してありました。
桜の花びらが敷き詰められているのかな…とちょっと期待してましたが、そうではありませんでした。。。
(^^ゞ

毘沙門堂3

・ラベル:13.境内の桜

・到着:12:08

・案内

境内の桜

境内の桜

本堂そばにある桜。さすが立派です!
今回は境内を少し散策しただけで、内部へは入りませんでした。

毘沙門堂4

・ラベル:14.お昼ごはん

・到着:12:11

・案内

お休み処

お休み処

境内にはお休み処がありますので、今回はここでお昼にする事にしました。

豆乳酒粕ゆばうどん

豆乳酒粕ゆばうどん

頼んだのはこの「豆乳酒粕ゆばうどん」です。ご飯などが付いてきて美味しかったですよ!
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

琵琶湖疎水9

・ラベル:15.再び琵琶湖疎水沿い

・到着:12:41

・案内

橋に戻る

橋に戻る

お昼を済ませたあと毘沙門堂を後にして、再びこの橋に戻ってきました。

散策の続き

散策の続き

ここからは先ほどと反対方向、つまり下流方向に歩いて行きます。綺麗な桜が見られるのか…ちょっと期待してます。

琵琶湖疎水10

・ラベル:16.高校

・到着:12:45

・案内

桜の道

桜の道

疎水沿いに少し歩くと、ちょっと広い場所にでました。学生さんも多いのでちょっと見ると…。

桜咲く校門

桜咲く校門

高校がありました。桜咲く校門、新入生と卒業生。青春だな~。(笑)

琵琶湖疎水11

・ラベル:17.お花見

・到着:12:49

・案内

お花見

お花見

近くではお花見をしているご家族がいました。桜の下で家族だけの時間。こちらもいいですね~。

琵琶湖疎水12

・ラベル:18.桜と街

・到着:12:56

・案内

ベンチのある場所

ベンチのある場所

前回も紹介しましたが、ベンチがあってちょっと休憩できる場所です。しかも桜の花もしっかりあって…。こんな所でお弁当を広げるのも楽しいだろうな~。

琵琶湖疎水13

・ラベル:19.疎水を渡って

・到着:13:04

・案内

橋の上から

橋の上から

ここでには橋があり疎水の対岸に渡る事ができます。橋にはゲートがあって閉まってますが、イノシシ対策用なので人間はゲートを開けて渡れますよ。(^_^)/

対岸を行く

対岸を行く

ちょっとレンズをFishEyeに変えたので写真の端が歪んでますが…。
こちらは疎水の山側。樹々も多く所々で道幅が広くなっていて、ハイキング気分も味わえます。

琵琶湖疎水14

・ラベル:20.ベンチのある場所

・到着:13:11

・案内

広場

広場

この辺りは広場になっていてベンチとテーブルもあります。ゆっくりお弁当を食べるのなら、疎水の山側を歩く方がいいかもしれません

広い道

広い道

そしてしばらくはこの通り、広い道になっています。子供たち走り回る事が出来ますよ~。(笑)

琵琶湖疎水15

・ラベル:21.対岸へ

・到着:13:15

・案内

この橋を渡って?

この橋を渡って?

ここには立派な赤い欄干の橋がありました。この橋を渡って対岸の道に戻ろうと思ったのですが…。

上れません…。

上れません…。

なんと、この橋の上に出る道はありませんでした…。

更に進んで…。

更に進んで…。

仕方なく暫く歩く事にしたのですが、左手になにやら立て看板があります。。。

マムシ?

マムシ?

マムシ注意の案内板でした。まぁ山側だから仕方ないのかもしれませんが…。なるべくお会いしたくない相手です。

琵琶湖疎水16

・ラベル:22.桜並木

・到着:13:19

・案内

桜並木

桜並木

また桜並木があり、綺麗な桜が満開でした。これでちょっとマムシの事は忘れられますなぁ。(笑)

桜は終わり?

桜は終わり?

このあたり、桜の木だとは思うのですが、花は全くありませんでした。もう終わったのかな? それともこれから? そもそも桜でない???

琵琶湖疎水17

・ラベル:23.終点

・到着:13:21

・案内

ジョギングコース案内板

ジョギングコース案内板

ふと横を見ると先ほど見たのと同じような、ジョギングコース案内板がありました。これを見ると天地天皇陵も過ぎてますし…。現在地はゴール地点まで来たのかな? 結局、トータルで3キロちょっとを歩いたようです。

この橋

この橋

この橋を渡って帰る事にします。しかしこの辺りはまた桜が満開ですね。

疎水べりの桜

疎水べりの桜

疎水べりに咲く桜。絵になりますね。。。

橋を渡って

橋を渡って

橋を渡ると、写真の右奥に進みます。

そして右折

そして右折

そしてこの道を進んで突き当りを右です。

細い道を行く

・ラベル:24.細い道を行く

・到着:13:24

・案内

この道を真っ直ぐ

この道を真っ直ぐ

暫くはこの道を真っ直ぐ進みます。

曲がり道

・ラベル:25.曲がり道

・到着:13:26

・案内

ここで右折

ここで右折

この場所で右に曲がります。

ここで左折

ここで左折

更にすぐ左折です。

ここでは…。

・ラベル:26.ここでは…。

・到着:13:28

・案内

一応左折

一応左折

ここでは…どちらでも構いませんが、私は左折しました。ただ右に曲がっても行けますよ。

三条通

・ラベル:27.三条通

・到着:13:29

・案内

三条通

三条通

三条通に出ますので、ここを右に曲がります。

御陵駅

・ラベル:28.ゴール!

・到着:13:30

・案内

御陵駅

御陵駅

少し歩くと地下鉄御陵駅です。今回はここがゴール。お疲れ様でした!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

●時間
・スタート:11時01分
・ゴール: 13時30分
・所要時間:2時間29分
————————-
JR山科駅
↓ (約12分)
琵琶湖疎水に到着
↓ (約4分)
疎水のトンネル
↓ (約19分)
ジョギングスタート地点
↓ (約20分)
元の橋に戻る

毘沙門堂滞在時間:約33分
・お休み処「多聞閣」 滞在時間:約20分
↓ (約4分)
再び疎水の橋にもどる
↓ (約4分)
高校前
↓ (約19分)
疎水を渡る橋
↓ (約17分)
ジョギングコースゴール地点
↓ (約9分)
御陵駅

●距離
約 7.4キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
疎水沿いに2カ所あります。
毘沙門堂のお休み処「多聞閣」

●費用
・豆乳酒粕ゆばうどん      \1,200円
———————————————-
合計              \1,200円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。
今回、標高の変化は少ないコースでした。第38回でも触れましたが、琵琶湖疎水沿いにあるくとどうしても平坦な道になりますし…。(笑)
あと、毘沙門堂への往復で少し高低差があるくらいでした。グラフではかなりの登坂でしたが、実際はそれほどきつくありませんでしたよ。

【道路状態】
第38回ログとほぼ同じコースなので大きな違いはありませんが、今回は全体的に車も少なく歩きやすい道でした。疎水の山側コースは舗装されてない道ですので、しっかりとした靴を履いたほうがいいでしょう。あとは…マムシに注意ですね。

【店舗】
山科駅付近、それからゴールの御陵駅付近以外はほとんどお店はありません。毘沙門堂内もお休み処以外はありませんので、必用なものはあらかじめ用意していったほうがいいです。


【感想】
歩いたルートは以前とほぼ同じでしたが、今回は春で桜が綺麗でした。駅からも近くてハイキング気分が味わえるコースでした。見晴もいいのでお勧めのコースですよ。

スポンサーリンク

 - 山科 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

醍醐水
第60回ログ・太閤花見跡と醍醐水を探索するコース

●訪問日:2017年 09月 30日 ●今回の訪問地 今回は第19回ログで行った …

醍醐の桜
第19回観光ログ・醍醐寺から隋心院・勧修寺のコース

●訪問日:2016年 03月 19日 ●今回の訪問地 今回は太閤秀吉が花見をした …

毘沙門堂
第38回観光ログ・毘沙門堂と山科疎水のコース

●訪問日:2016年 12月3日 ●今回の訪問地 今回は山科駅から毘沙門堂へ向か …