明日の京都を歩く 観光ログのサイト

実際に行って歩いて見て食べた記録。GPSによる詳細なコースと時間が分かる、明日京都を観光する人のためのサイトです。

*

第40回観光ログ・旧本能寺から二条殿へ歩いてみるコース

      2018/01/29

●訪問日:2016年 12月 30日

●今回の訪問地
今回は織田信長が討死した本能寺と、信長の嫡男信忠が討死した二条殿です。本能寺・二条殿とも当時は今の場所と全く違っていますので、実際に明智光秀の進軍コース(と思われる)を歩いて、当時の距離感を体験してみました。
なおここでは便宜上、信長がいた当時の本能寺を旧本能寺として記載しています。。。
それからコース選定にあたっては『京都時代MAP 安土桃山編』株式会社新創社編 光村推古書院を参考にいたしました。
(^.^)


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

四条大宮駅

・ラベル:01.スタート

・出発:14:37

・案内

嵐電四条大宮駅

嵐電四条大宮駅

今回はこの嵐電四条大宮駅からスタートです。そして最初の目的地は旧本能寺です。
四条通

四条通

まずは四条通を真っ直ぐ東へ向かって進みました。

四条堀川

・ラベル:02.四条堀川

・到着:14:42

・案内

交差点に到着

交差点に到着

しばらく歩いて四条通と堀川通の交わる交差点に到着です。
横断歩道を渡って

横断歩道を渡って

このまま横断歩道を渡って、引き続き東へ進みます。

油小路通り

・ラベル:03.油小路通り

・到着:14:46

・案内

四条油小路

四条油小路

今度は四条油小路の交差点に到着です。この交差点を左に曲がります。
道路表示

道路表示

これが”油小路通り”の表示が目印です。
ここを北に進

ここを北に進

この交差点を曲がって北に進みます。この写真の道でちょっと細い道ですが、ここを進んで行きます。

旧本能寺1

・ラベル:04.本能寺址

・到着:14:51

・案内

本能寺の址

本能寺の址

ここらあたりが昔、本能寺だった場所だそうです。現代の本能寺とはかなり離れていますね。。。

旧本能寺2

・ラベル:05.旧本能寺南西角付近

・到着:14:53

・案内

南西付近の交差点

南西付近の交差点

この辺りが旧本能寺境内の南西角付近だったようです。今はすっかり変わっていますが…。

旧本能寺3

・ラベル:06.旧本能寺南東角付近

・到着:14:56

・案内

南東付近の交差点

南東付近の交差点

それですこし東に移動して…。この辺りは境内の南東付近だと思います…。

旧本能寺4

・ラベル:07.「信長茶寮」とは?

・到着:14:57

・案内

ここが信長茶寮

ここが信長茶寮

地図で見ると「信長茶寮」というお店を発見。お茶屋さんかと思いきや…。
マンガ!

マンガ!

残念、マンガ喫茶やBARなどのお店だそうです。ただ、地下一階には安土桃山時代の地表があるそうです。
これが看板

これが看板

信長茶寮の看板です。やっぱりこの辺りは当時の本能寺境内だったのですね。

旧本能寺5

・ラベル:08.旧本能寺北東角付近

・到着:15:01

・案内

北東付近の交差点

北東付近の交差点

しばらく北に行くと…この辺りが境内の北東付近だったようです。
六角通を東へ

六角通を東へ

これが六角通り。はっきりとは分かりませんが、明智軍の一部はこの通りを東へすすみ、信忠のいる二条殿を目指したようです。

室町通

・ラベル:09.室町通

・到着:15:04

・案内

室町通りに出て

室町通りに出て

左右に交差するのが室町通りです。ここで左折して北に向かって歩いて行きます。
北へ

北へ

室町通りを北へ向かいます。

尾池通り

・ラベル:10.尾池通り

・到着:15:10

・案内

御池通りに到達

御池通りに到達

室町通りを進むと御池通りに出て来ました。
交差点を渡って

交差点を渡って

交差点を渡って御池通りの北側に行きます。

二条殿1

・ラベル:11.二条殿南西付近

・到着:15:12

・案内

二条殿南西付近の交差点

二条殿南西付近の交差点

御池通の横断歩道を渡ったこの辺りが、当時の二条城(二条殿)だったようです。
二条殿西側

二条殿西側

引き続き室町通を北へ進みますが、この辺りが二条殿の西側だったようです。

二条殿2

・ラベル:12.二条殿北西付近

・到着:15:14

・案内

二条殿北西付近の交差点

二条殿北西付近の交差点

この辺りが二条殿の北西付近に当たる場所でした。しかし今の二条城に比べると狭いですね。。。(^^;
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

二条殿3

・ラベル:13.二条殿北側

・到着:15:15

・案内

押小路通と両替町通

押小路通と両替町通

ちょっと東へ進んで…この辺り、押小路通と両替町通の交差点付近は二条殿の北側に当たるようです。
南へ

南へ

この両替町通を南に下ってみましょう。

二条殿4

・ラベル:14.二条殿の石碑

・到着:15:17

・案内

此の付近、二条殿跡

此の付近、二条殿跡

ここに二条殿(二条殿跡)の石碑がありました。信忠が絶命したのは、まさにこの辺りだったのですね。。。
石碑の全景

石碑の全景

この場所は、ちょうど京都国際マンガミュージアムの裏側になります。

二条殿5

・ラベル:15.二条殿南側

・到着:15:18

・案内

南側の通り

南側の通り

御池通に出て来ました。この辺りは二条殿の南側に当たります。

二条殿6

・ラベル:16.二条殿の南東側

・到着:15:19

・案内

南東側交差点付近

南東側交差点付近

それで、このあたり…烏丸御池の辺りが南東の角になります。
ここを北上

ここを北上

ちょっと北側にまた上がってみます。

交番の名前

・ラベル:17.交番の名前

・到着:15:20

・案内

二条殿交番

二条殿交番

交番がありましたが、その名前は「二条殿交番」。今でもしっかり名前だけは残っているのですね。

旧二条殿北東付近

・ラベル:18.旧二条殿北東付近

・到着:15:22

・案内

北東付近の交差点

北東付近の交差点

更に北へ進むと…この辺りは二条殿の北東角あたりになります。
また南へ

また南へ

横断歩道を渡ってUターン。烏丸御池の交差点に戻ってから、そのまま御池通を東に進んで現在の本能寺を訪ねてみる事にしました。

御池通

・ラベル:19.御池通

・到着:15:28

・案内

御池通を東へ

御池通を東へ

これが御池通。大きくて歩きやすいです。ここをひたすら東へ…。

本能寺1

・ラベル:20.本能寺に到着

・到着:15:33

・案内

本能寺の御池通門

本能寺の御池通門

本能寺に到着です。なんだかお寺っぽくないですが、ここは通用門みたいなもんでしょうか? 御池通側の門です。
境内案内図

境内案内図

中に入ると境内の案内図がありました。信長の御廟所も書いてありますので、行ってみました。

本能寺2

・ラベル:21.御廟所への案内

・到着:15:36

・案内

境内の案内

境内の案内

境内には「信長公 御廟所」の案内板がありました。実際すぐに分かりますよ!

本能寺3

・ラベル:22.信長公御廟所

・到着:15:36

・案内

御廟所

御廟所

これが御廟所です。立派ですね…。
御廟所内

御廟所内

戦国時代に革新的な制度を幾つも導入した信長。旧本能寺で斃れたあと、今は御廟がここにあります。
供養塔

供養塔

となりの供養塔と、その前にある名簿です。ここには本能寺の変で戦死した家臣たちの名前が記されています。よく見ると有名な人の名前も…。

本能寺4

・ラベル:23.本能寺を後にして

・到着:15:41

・案内

山門

山門

本能寺を出ますが、今度は寺町商店街側の山門から出ます。
山門正面

山門正面

山門を出てから振り返って一枚。立派な門ですね。。。

京都市役所前駅

・ラベル:24.ゴール!

・到着:15:43

・案内

地下鉄京都市役所前駅

地下鉄京都市役所前駅

本能寺を出てすぐ、地下鉄京都市役所前駅です。今回はここで終了。お疲れ様でした!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

●時間
・スタート:14時36分
・ゴール: 15時44分
・所要時間:1時間8分
———————–
四条大宮駅
↓ (約10分)
四条油小路
↓ (約5分)
旧本能寺付近滞在時間:約10分
↓ (約11分)
二条殿付近滞在時間:約10分
↓ (約11分)
本能寺滞在時間:約8分
↓ (約1分)
京都市役所前駅

●距離
約 3.8キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
嵐電四条大宮駅
地下鉄京都市役所前駅

●費用
0円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。
今回は京都の市街地でしたので、歩いていて上り下りを感じる事はありませんでした。グラフをみても前半や本当に緩やかな上りで、後半はほぼ平坦です。

【道路状態】
街中なので歩きやすいです。ただ車と自転車には気をつけて!

【店舗】
今回もいたる所にありますが、お土産屋はありません。。。(^_^;)


【感想】
子供の頃、明智光秀が本能寺を襲撃し、更に二条城を攻めて織田信長・信忠を破ったと聞いて、不思議でした。明智光秀は京都の西側から進軍してきたのに、何で街の東にある本能寺を攻めて、それから引き返して西にある二条殿を攻めたのかな? と思って…。それに本能寺から二条殿まではちょっと距離があるのに、何で逃げられなかったのかなって…。

その後、本能寺と二条殿の場所が当時と今では違うと分かったけど、具体的な距離関係とかは分からないままでした。
今回、実際に旧本能寺と二条殿を歩いてみて意外に近いのに驚きました! この距離なら襲撃するのも簡単だったかもしれないですね。もともと信忠は父信長を助けようとして、本能寺へ近付こうとしてた訳ですし、反転して二条殿へ逃げ込んでも、光秀側からすると追撃するのは楽だったのかもしれませんね。

謎の多い本能寺の変ですが、現地を歩いてちょっとだけナゾが解けた気がします。(^.^)

 - 河原町通, 烏丸通 , , ,

スポンサーリンク1

スポンサーリンク

スポンサーリンク1

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

池田屋
第39回観光ログ・池田屋襲撃コースと幕末の石碑を巡るコース

●訪問日:2016年 12月 17日 ●今回の訪問地 今回は新選組が池田屋を襲撃 …

錦市場
第66回ログ・京都の台所、錦市場を行く

●訪問日:2017年12月23日 ●今回の訪問地 今回の訪問地は年末の錦市場。京 …

長刀鉾
第55回ログ・祇園祭宵々山(前祭編)

●訪問日:2017年7月15日 ●今回の訪問地 今回は祇園祭です。その中でも前祭 …

大船鉾
第56回ログ・祇園祭宵山(後祭編)
高松殿
第43回観光ログ・保元の乱、清盛の進撃コースをたどる

●訪問日:2017年 2月 4日 ●今回の訪問地 今回は平安時代末期に起こった保 …

紫宸殿
第44回観光ログ・京都御所と相国寺、維新の跡をたどるコース

●訪問日:2017年02月18日 ●今回の訪問地 今回は京都御苑の南からスタート …