明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第38回観光ログ・毘沙門堂と山科疎水のコース

      2018/05/19

●訪問日:2016年 12月3日

●今回の訪問地
今回は山科駅から毘沙門堂へ向かい、その後は疏水沿いに歩いてちょっと天智天皇稜に寄ってみるというコースです。意外と穴場でしたよ。

スポンサーリンク


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

JR山科駅

・ラベル:01.スタート

・出発:10:32

・案内

JR山科駅

JR山科駅

今回はJR山科駅からスタートです。

東に向かって

東に向かって

駅から東、滋賀県方面に向かってこの細い道を進んで行きます。
所々には毘沙門堂の案内もありますので、迷う事はありません。多分…。

踏切

・ラベル:02.踏切

・到着:10:38

・案内

毘沙門堂への道

この踏切で左折

しばらく真っ直ぐ進むとこの踏切にきます。ここで左折して北に向かって歩いて行きます。

このまま直進

このまま直進

左折するとこんな道です。このまま進んで高架の下をくぐり、更に直進します。

琵琶湖疎水

・ラベル:03.琵琶湖疎水

・到着:10:45

・案内

疎水の橋

疎水の橋

しばらく進むと琵琶湖疎水にかかる橋に着きます。

国鉄…。

国鉄…。

橋の手前にはこんな表示が。「国鉄」なんて何年前の表示かなぁ? 子供達には分からんだろうな…。
(笑)

橋を越えて

橋を越えて

橋を渡って更に山の方向に向かって歩いて行きます。道なりに真っ直ぐです。

毘沙門堂1

・ラベル:04.毘沙門堂に到着

・到着:10:52

・案内

毘沙門堂入口

毘沙門堂入口

更にしばらく歩くと毘沙門堂の入口に到着です。このまま直進して階段を上って行きます。

門跡です。

門跡です。

入口には立派な石碑があります。門跡とは皇族・貴族などが出家して住んだ寺だそうですが、この毘沙門堂も皇族とは縁が深いようですね

毘沙門堂への階段1

毘沙門堂への階段1

本堂へ行くには、まずこの緩やかな階段を上って行きます。

毘沙門堂への階段2

毘沙門堂への階段2

次にこの急な階段を上って行きます。お年寄りなどにはこの階段、ちょっと大変です。

毘沙門堂2

・ラベル:05.本堂

・到着:10:56

・案内

本堂へ到着

本堂へ到着

本堂に到着! 立派な朱色の建物ですね。最近修復して綺麗になったそうです。

お堂へ入る

お堂へ入る

お堂の中では僧侶の方がいろいろと説明してくださいますので、拝観料を払って中に入ってみました。残念ながら内部は撮影禁止ですが、そこには逆遠近法を使った襖絵など…ちょっとしたトリックアートのようなものがあります。
例えば見る位置によって鼻の長さが変わる龍の天井図とか、場所によって枝に積もった雪が消える襖絵(ホントです!)。微妙に視線の変わる円山応挙の鯉の絵など。一見の価値はありますよ。

晩翠園

晩翠園

こちらは庭園の晩翠園です。紅葉の季節は終盤でしたが、綺麗な庭園でしたよ。ここは撮影可能でした。(^_^)

毘沙門堂3

・ラベル:06.お休み処

・到着:11:52

・案内

お昼も食べられます

お昼も食べられます

お堂を出てお隣りへ…。こちらにはこんなお休み処もあります。今回は立ち寄りませんでしたが…。

毘沙門堂4

・ラベル:07.毘沙門堂の前

・到着:11:57

・案内

ポスターの場所

ポスターの場所

毘沙門堂を出て琵琶湖疎水に向かう事にしました。その時、ここを通りました。
じつは某鉄道会社のポスターで使われた…であろう場所です。「そうだ、京都行こう」で有名なアレです。(笑)
すでにモミジは散ってましたが、真赤なモミジの時は綺麗でしょうね。。。

戻ってきました。

戻ってきました。

先程上った階段の所まで戻ってきました。ここを通りすぎて今度は琵琶湖疎水を目指します。

琵琶湖疎水1

・ラベル:08.再び琵琶湖疎水

・到着:12:07

・案内

疎水に沿って

疎水に沿って

琵琶湖疎水まで戻ってきました。やはり普通の川とは違いますね。疎水に沿って散策路がありますので、この道にそって歩いてみました。

琵琶湖疎水2

・ラベル:09.ベンチもあります。

・到着:12:13

・案内

疎水のベンチ

疎水のベンチ

疎水沿いに歩いて行くと、このようなベンチも所々にありました。のんびり歩いて時々休んで…そんな事が出来る散策路ですね

琵琶湖疎水3

・ラベル:10.紅葉の疎水

・到着:12:19

・案内

橋の向こうに

橋の向こうに

所々に橋がありますが、綺麗な紅葉とシルエット…いい感じの景色です。

こちらもモミジ

こちらもモミジ

こちらにも綺麗なモミジがあります。最盛期は過ぎてますが、綺麗ですした。

琵琶湖疎水4

・ラベル:11.見晴らし

・到着:12:29

・案内

町を眺められる場所

町を眺められる場所

疎水の途中でこんな場所を見つけました。この辺りは町から少し高い場所にあるので、お弁当を広げながら町の景色を眺める事もできます。。。

琵琶湖疎水5

・ラベル:12.紅葉とベンチ

・到着:12:34

・案内

休息出来る場所

休息出来る場所

ここにもベンチと机がありました。紅葉を見ながらちょっと休憩とか…。雰囲気のいい場所でした。。。

天智天皇陵へ1

・ラベル:13.天智天皇陵へ

・到着:12:44

・案内

この橋が目印

この橋が目印

天智天皇陵へ行こうと思い、地図で調べたらここから疎水をそれて行くらしい。。。この橋が目印です。

この階段を下って

この階段を下って

たまたま近くにいた大学生数人に天智天皇陵への道を聞いたら、この階段を下って行けばいいとの事。「ちょっと距離がありますよ」と教えてくれましたが、とりあえず行ってみましょう。

高低差あります。

高低差あります。

下りの階段。こうやって見ると、疎水と町にはかなりの高低差がありますね…。

ここを左折

ここを左折

階段を下りたらここに出ました。そしてここを左に曲がります。

更に道なりに

更に道なりに

更に道なりに進んで…。ちょっと下り坂です。

天智天皇陵へ2

・ラベル:14.鉄道が見えたら

・到着:12:55

・案内

JRと京阪

JRと京阪

しばらく歩くとこのJRと京阪の線路沿いの道に出ます。そしたらここを右折します。

この道を直進

この道を直進

右折したらこの道を直進します。

天智天皇陵へ3

・ラベル:15.大きな道へ出たら

・到着:12:57

・案内

ここを右折

ここを右折

この大きな道に出たら右折です。

この道をちょっと進んで

この道をちょっと進んで

ここを少しだけ進みます。そうすると天智天皇陵はすぐですよ。(^^)

天智天皇陵へ4

・ラベル:16.天智天皇陵に到着

・到着:13:00

・案内

天智天皇陵入口

天智天皇陵入口

やっと到着です。さっそく入ってみました。

天智天皇陵の参道

参道

入口から入るとまずこの参道が続いています。ここをまっすぐ進んで行きます。
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

天智天皇陵へ5

・ラベル:17.参道を進んで

・到着:13:04

・案内

琵琶湖疎水!?

琵琶湖疎水!?

かなり薄くなっているけど、琵琶湖疎水の文字が…。
ひょっとしてこちらに近道があったのかな???
あとで行ってみる事にして、とりあえず参拝をする事にしました。

門

門がありました。夜はここが閉まるのでしょうか…。

森を進んで

森を進んで

両側には高い樹々が茂っていて、その中をまっすぐ進んで行きます。

天智天皇陵へ6

・ラベル:18.天智天皇陵

・到着:13:08

・案内

ここまで

ここまで

天皇陵の手前に到着。これより先は中に入れません。
ちなみに天智天皇は、大化の改新を行った中大兄皇子です。

光るもみじ

光るもみじ

帰り際に、陽の光で輝いているモミジをみつけました。秋ももう終わりだなぁ…。

疎水への道?

・ラベル:19.疎水への道?

・到着:13:25

・案内

天皇陵を抜けて

天皇陵を抜けて

ラベル№17で見つけた「びわこ疎水」の案内に従って進んでみました。ここで道は北に折れています。これ、ほんとうに疎水に通じてるのでしょうか。。。

一本道

一本道

道自体は一本道ですが、所々で右に左にと曲がっています。人もほとんど見かけないし、とりあえず進むしかありません。。。

行き止まり?

・ラベル:20.行き止まり?

・到着:13:28

・案内

行き止まり?

行き止まり?

もうここで行き止りかな? と思って近づいてみると…。

階段がありました

階段がありました

なんと階段がありました。それも結構続いています。。。

琵琶湖疎水6

・ラベル:21.疎水に到着

・到着:13:30

・案内

トイレと疎水

トイレと疎水

しばらく進むと疎水に到着。しかもトイレまでありました!
先程のルートよりこちらの方が断然近道。こんな道があるなんて…。またしても遠回りをしてしまいました。
(^^ゞ

再び疎水

再び疎水

再び疎水に沿って歩いて行きます。

琵琶湖疎水7

・ラベル:22.赤い橋を越えて

・到着:13:39

・案内

この橋

この橋

しばらく進むとこんな赤い橋がありました。この橋を越えると…。

広い道

広い道

疎水の道は今までに比べると広く、明るくなりました。
(^^)

琵琶湖疎水8

・ラベル:23.第2トンネル

・到着:13:47

・案内

トンネル入り口

トンネル入り口

更に進むと第2トンネルという、トンネルの入口にたどり着きました。
私もこの疎水のトンネルに入って行きたかったのですが、それは無理なので横の道を進みました。

横の道

横の道

これがその道です。少し上り道ですね。。。

琵琶湖疎水9

・ラベル:24.丁字路

・到着:13:49

・案内

ここを右折

ここを右折

道なりに進むとこの丁字路にきますので、ここを右折です。

住宅街の道

住宅街の道

このような住宅街の道になります。ここを直進です。

琵琶湖疎水10

・ラベル:25.ここを入ります!

・到着:13:52

・案内

この道

この道

ちょっと分かりにくいのですが、再び疎水に戻るにはこの細い道を入って行きます。ともすれば見落としがちなので注意してください!

道なりに…。

道なりに…。

道なりに細い路地を進んでいきます。

琵琶湖疎水11

・ラベル:26.公園

・到着:13:53

・案内

疎水沿いに出る

疎水沿いに出る

疎水沿いの公園に出て来ました。

ベンチもあります。

ベンチもあります。

ベンチもある公園で、ここで休憩…という事も出来ますが、今回はそのまま進みます。

琵琶湖疎水12

・ラベル:27.日本最初の鉄筋コンクリートの橋

・到着:13:57

・案内

この橋

この橋

小さな橋にたどり着きますが、なんとこれは日本で最初の鉄筋コンクリートの橋だそうです。ちょっとビックリ!

全景

全景

これがその橋です。現在の鉄筋コンクリートの橋からすると、驚くほど小さいですが、まぎれもなくこれが日本で最初の鉄筋の橋だそうです。

小さな橋です。

小さな橋です。

ご覧の通り、幅も狭くい小さな橋です。正直なところ、渡っている最中に崩れないか心配でした。。。
(^^;

橋の上から見る疎水

橋の上から見る疎水

橋の上から疎水の下流を見てみました。これが第3トンネルと呼ばれるトンネルだそうです。
しかしこの辺りは紅葉も綺麗だ…。

疎水を外れて

疎水を外れて

これ以上疎水沿いに進むことは出来ませんので、疎水沿いの散策はここまでで終了です。
この後は地下鉄の駅を目指しました。

疎水からの道

・ラベル:28.疎水からの道

・到着:14:01

・案内

ここを直進

ここを直進

疎水から駅へは住宅街を抜けていきます。
まずはこの道を直進…。

ここを曲がって

ここを曲がって

更にここで曲がって道なりに進んで行きます。

この丁字路

・ラベル:29.この丁字路

・到着:14:05

・案内

ここで右折

ここで右折

ここまで来たら右折します。

また直進

また直進

また道なりにまっすぐ進んでいきます。

大通り

・ラベル:30.大通り

・到着:14:08

・案内

ここを左折

ここを左折

大きな通りに出ますので、ここを左に曲がります。

あとは真っ直ぐ

あとは真っ直ぐ

あとはこのまま直進です。
(^^)/

地下鉄御陵駅

・ラベル:31.ゴール!

・到着:14:11

・案内

御陵駅

御陵駅

地下鉄御陵駅に到着です。お疲れ様でした!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

●時間
・スタート:10時 31分
・ゴール: 14時11分
・所要時間:3時間40分
———————–
JR山科駅
↓ (約20分)
毘沙門堂滞在時間:約1時間7分
・お堂拝観時間:約40分
↓ (約8分)
琵琶湖疎水に到着
↓ (約38分)
琵琶湖疎水を離れる
↓ (約15分)
天智天皇稜滞在時間:約25分
↓ (約5分)
再び琵琶湖疎水
↓ (約27分)
日本最古の鉄筋の橋
↓ (約13分)
地下鉄御陵駅

●距離
約 7.5キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
毘沙門堂
琵琶湖疏水(天智天皇稜付近)

●費用
・ 毘沙門堂拝観料入場料      \500円
———————————————-
合計               \500円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。
今回は比較的高低差の少ないコースでした。
最初に毘沙門堂へ行く時は約50メートルちょっと上り道ですが、その後琵琶湖疎水を歩くと標高はほぼ一定。疎水べりに歩くので当たり前なのですが…。(笑) 天地天皇陵へ行く際には一旦町に出るため標高は下がりますが、天皇陵に入るとまた上がり、それから琵琶湖疎水に戻る時にまた少し下がってから、元の高さまで戻ります。あとはまた一定の高さでして…。

歩いた感想としては、毘沙門堂へ行くまではそれほどの坂とは感じませんでした。最後の階段はキツイですが…。あと、疎水から天地天皇陵へ行く道もかなりの下り坂(一部階段)です。また天皇陵から疎水への近道も写真で分かる通り、かなりの勾配でした。
その後も疎水の第2トンネル付近はかなりの坂ですが、それほど長い距離ではありませんので、のんびり歩けば何とかなると思います。

【道路状態】
概ね歩きやすい道です。山科駅から毘沙門堂までは車の少ない道ですし、疏水の道はもちろん歩行者専用。たまに自転車が来るぐらいです。ただ天智天皇稜の正面と、最後の地下鉄の駅付近は車や人の往来の多い大通りでした。

【店舗】
山科駅周辺と天智天皇稜正面付近、それから陵駅周辺はお店もありますが、それ以外はありません。特に疏水の道は山際で飲食店、土産物屋、コンビニなどは一切ありませんでした。行く場合は事前に買って行かないと困ることになります。


【感想】
京都の観光地からは外れてますが、紅葉も見られますし静かで良いコースでした。おそらく紅葉の最盛期でも、それ程では人は多くないのではないでしょうか。
毘沙門堂の逆遠近法を使った絵や、疏水の静かな道。また行ってみたくなる場所ですね。

スポンサーリンク

 - 山科 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

醍醐の桜
第19回観光ログ・醍醐寺から隋心院・勧修寺のコース

●訪問日:2016年 03月 19日 ●今回の訪問地 今回は太閤秀吉が花見をした …

醍醐水
第60回ログ・太閤花見跡と醍醐水を探索するコース

●訪問日:2017年 09月 30日 ●今回の訪問地 今回は第19回ログで行った …

疎水の桜
第48回観光ログ・桜の琵琶湖疎水散策のコース

●訪問日:2017年 04月10 日 ●今回の訪問地 今回は第38回で歩いた山科 …