明日の京都を歩く 観光ログのサイト

実際に行って歩いて見て食べた記録。GPSによる詳細なコースと時間が分かる、明日京都を観光する人のためのサイトです。

*

第37回観光ログ・紅葉の嵐山散策コース

      2016/12/11

●訪問日:2016年 11月 20日

●今回の訪問地
今回は紅葉真盛りの嵐山です。コースは第1回ログと似ていますが、秋の観光シーズンの嵐山がどんな所か、それを知りたくて再度歩いてみました。


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

JR嵯峨嵐山駅

・ラベル:01.スタート

・出発:10:08

・案内

JR嵯峨嵐山駅

JR嵯峨嵐山駅

今回もここ、JR嵯峨嵐山駅からスタートです。

この交差点

・ラベル:02.この交差点

・到着:10:11

・案内

JR太秦駅前

ここを右折

駅からまっすぐ南に進み、この交差点まで来たら右折します。この時は観光する人が多くて、駅から列になってました。
(笑)

天龍寺への道

ここをまっすぐ

交差点を曲がったらこんな道になりますので、ここを真っ直ぐ進みます。

天龍寺1

・ラベル:03.天龍寺前

・到着:10:16

・案内

ここは左折

ここは左折

まっすぐ歩いてここまで来たら、今度はここを左折です。すると天龍寺は目の前!

天龍寺到着

天龍寺到着

すぐに天龍寺への入口があります。ここを入って、それでまた真っ直ぐ進んで行きます。

天龍寺2

・ラベル:04.天龍寺法堂

・到着:10:21

・案内

天龍寺法堂

天龍寺法堂

しばらく歩くとこのような法堂があります。この前を通り過ぎて写真右奥に進むと本堂への入口があります。
ちなみに天井に描かれた雲竜図はこの法堂ですので、後から入ってみました。

天龍寺3

・ラベル:05.本堂へ

・到着:10:23

・案内

天龍寺の本堂拝観

分かれ道

ここで本堂と庭園の両方を拝観する場合はまっすぐ進んで本堂へ行きます。庭園だけの場合は左へ曲がって、そこの受付で庭園だけの入園券を買います。
第1回では庭園だけでしたので、今回は本堂にも入ってみました。

天龍寺本堂入口

ここが入口

ここから入るとすぐ右に受付があり、そこで参拝券を買います。

天龍寺4

・ラベル:06.本堂内

・到着:10:29

・案内

庭園を見ながら

庭園を見ながら

本堂(書院)に入ると建物の分だけ、少し高い所から庭園を見られます。ただ…ここはそれほど見るような物もありませんでした…。(^^;

ちょっと休憩

ちょっと休憩

畳敷きで座って休息も出来ます。ただ飲食は厳禁ですが…。

天龍寺5

・ラベル:07.多宝殿へ

・到着:10:30

・案内

本堂を出て

本堂を出て

本堂から多宝殿へ行く事が出来ます。ここは写経道場にもなっているようで…。まずは長い廊下を歩いて行きます。

長い廊下

長い廊下

このような廊下を歩いて行きます。風景的には庭園にいる人とそんな違いはありません。強いて言えば写真右側の庭園がよく見えるぐらいかな…。

靴は不要です

靴は不要です

多宝殿へは少し距離がありますが、靴は不要です。廊下にはこのように畳風の敷物がしいてあります。
左右の景色を見ながら行けますが、この時期は人が多いのであまりゆっくりとは見られません。。。

天龍寺6

・ラベル:08.多宝殿にて

・到着:10:36

・案内

写経道場

写経道場

ここが多宝殿です。寝殿造りの建物で中で写経するようです。

ここでUターン

ここでUターン

多宝殿の横です。ここが最終地点なのであとはUターンで折り返して本堂に戻ります。

天龍寺7

・ラベル:09.方丈

・到着:10:46

・案内

天龍寺方丈の龍

龍の図

本堂まで戻って来て、今度は方丈を見学します。なかを見ると立派な龍の襖絵がありました。この龍は迫力がありますね~。

天龍寺のトレイ

天龍寺のトレイ

更に進むとトイレがありました。なかなか綺麗そうですね。

天龍寺8

・ラベル:10.雲龍図を見学

・到着:10:54

・案内

法堂の入口

法堂の入口

本堂を出て、一旦法堂まできました。ここから中に入って天井の雲龍図を見る事が出来ます。
この雲龍図は平成十二年に描かれたもので、まだ新しいものです。正直なところ迫力では先程の襖絵のほうが上だったかな…。
なお、こちらは撮影禁止でした。

天龍寺9

・ラベル:11.庭園見学

・到着:11:05

・案内

天龍寺庭園入口

庭園入口

雲龍図を見た後、今度は庭園を見るためにまたここまで戻ってきました。庭園の入園券を買う人は左に並びますが、私は本堂とセットの券を持っていたので、横からスイスイ入れました。
(^_^)

天龍寺10

・ラベル:12.天龍寺庭園

・到着:11:13

・案内

天龍寺庭園

借景の池

天龍寺の庭園。しかも嵐山を借景にした曹源池です。春夏秋冬それぞれ美しいですが、やっぱり秋は綺麗ですね~。

庭園内散策

庭園内散策

庭園はかなり広いのですべてを見て回ろうとすると時間がかかります。今回は主要な部分だけ歩いてみました。

もみじ!

もみじ!

さすが天龍寺のもみじ。天気は曇りでしたが、庭園内の紅葉はちょうどいい時でした。

天龍寺11

・ラベル:13.望京の丘

・到着:11:18

・案内

階段を上って

階段を上って

庭園内には小高い丘があって「望京の丘」と名付けられています。そこに上ってみました。

境内を一望

境内を一望

京都市内を一望…というのは無理ですが、境内を一望する事は出来ます。赤・黄・緑と色とりどりの美しい景色です。

竹林ともみじ

竹林ともみじ

丘を下りるあたりで竹林がありましたが、その手前にもみじ。紅葉の赤が映えて綺麗でした…。

竹林へ

・ラベル:14.竹林へ

・到着:11:31

・案内

庭園北門

庭園北門

前回と同じように庭園の北門から出ました。ここから出て竹林を散策する人は多いようです。

竹林と人と…。

竹林と人と…。

普段はもう少し静かなんですが、さすが紅葉シーズンという事で沢山の人です。正直、前に進むのも大変なくらいです。
あと、真っ直ぐ進むとやがて道なりに右に曲がりますが、その辺りから少し上りの坂になります。

竹林の小径、終点

・ラベル:15.竹林の小径、終点

・到着:11:37

・案内

丁字路

丁字路

竹林を歩いてくると丁字路に出ました。一応ここが竹林の終点です。正面が大河内山荘。今回はここへは寄らずに左へ曲がり、亀山公園に行きます。

竹林の魅力

竹林の魅力

亀山公園に行く前に、振り返って一枚。この辺りが一番いい撮影スポットかも。

亀山公園へ

亀山公園へ

丁字路を左折して進むと、竹林も終わり明るくなってきます。その辺りが亀山公園。小高い山です。

亀山公園1

・ラベル:16.亀山公園

・到着:11:39

・案内

嵐山公園亀山地区

嵐山公園亀山地区

正式名称はちょっと違いますが、地元では亀山公園と呼んでいます。小学生のころ、遠足でよく来たな…。(笑)

Y字路

Y字路

公園内はこような舗装された道もあります。このY字路で今回は右へ進みますが、左へ行くとトイレがありますよ。

亀山公園2

・ラベル:17.展望台にて

・到着:11:43

・案内

保津川の見える展望台

保津川の見える展望台

公園内を歩いて(山を登って)行くと、展望台があります。ここからだと保津川下りの舟と、あと少しですがトロッコ列車も見えます。

眺望

眺望

このような景色が見えます。正面の山の中腹にお堂がありますが、これは千光寺というお寺のお堂。後で行ってみました。
その下は旅館です。そしてハッキリとは分かりませんが、川の右側にトロッコの線路があります。
ちなみに、展望台はこの奥にもあります。今回は行きませんでしたが…。歩いてもそんな遠くではありませんので時間のある方は是非どうぞ!

亀山公園3

・ラベル:18.下り道

・到着:11:46

・案内

ここから下りました

ここから下りました

山を下る道もいくつかありますが、今回は展望台から一番近いこの道を選びました。この先は階段です。

階段が続くよ

階段が続くよ

石段の上に枯葉が落ちて滑りやすいです。気を付けて慎重に…。

亀山公園4

・ラベル:19.広場を通って

・到着:11:51

・案内

広場に到着

広場に到着

麓ではありませんが、途中の広場まで下りてきました。この先は階段ではなくて坂道です。しかし紅葉が綺麗だ…。

川が見える。

川が見える。

樹々の間から保津川が見えます。ボート遊びしている人たちもいて、なんとなく楽しそう。。。

お店の跡?

お店の跡?

途中での一枚です。かつてはここに何かのお店があったのでしょうか? 今は特に店はありませんが、紅葉はここでも綺麗です。
また新緑の季節もいいですよ~。

亀山公園5

・ラベル:20.下りてきました

・到着:11:58

・案内

保津川に到着

保津川に到着

保津川(桂川)に到着です。ここまでくると沢山の人。階段を下りて右に行くとお店がありますので、休憩&飲食が出来ます。
今回は左へ曲がって(写真では左側へ)渡月橋を目指します。

川岸のトイレ

・ラベル:21.川岸のトイレ

・到着:12:00

・案内

川岸のトイレ

川岸のトイレ

少し歩くとすぐにトイレがあります。このあたりは割とトイレが多いですよ。

渡月橋

・ラベル:22.渡月橋

・到着:12:08

・案内

渡月橋に到着…。

渡月橋に到着…。

渡月橋に到着ですが…沢山の人です。

一方通行

一方通行

普段は特に規制はないのですが、観光シーズンになるとこのように橋は一方通行になります。ここから右折して橋を渡る事は出来ないので、横断歩道を2回渡ってから橋に進みます。

横断歩道からの一枚。

横断歩道からの一枚。

沢山の人…。普段は写真に写っているような白い柵はありません。
右手は向こう岸から来る人。左手はこちらから橋を渡る人です。
それにしても大勢だなぁ…。(>_<)

川沿いを歩いて

・ラベル:23.川沿いを歩いて

・到着:12:16

・案内

中ノ島のトイレ

中ノ島のトイレ

渡月橋を渡ると川の中州、中ノ島に着きます。そこでもトイレがありました。

渡月小橋を渡って

渡月小橋を渡って

中ノ島から更に小さな橋、渡月小橋を渡り対岸へ行きます。

右折をして…

右折をして…

対岸に着くと右折して川の上流に向かって歩きます。この辺りはまだ人がたくさんいますね。。。

乗合遊覧船

乗合遊覧船

すぐに乗合遊覧船の受付がありました。川から紅葉を見るというのもいいのですが…今回は乗らずに先を急ぎます。

細い道

・ラベル:24.細い道

・到着:12:23

・案内

紅葉を見ながら

紅葉を見ながら

紅葉を見ながら川べりの細い道を歩いて行きます。このあたりから人は徐々に少なくなっていきました。

こんな所に売店

・ラベル:25.こんな所に売店

・到着:12:26

・案内

川の売店

川の売店

少し賑やかになってきたな…と思ったら、売店がありました。この辺り、人通りは少ないのでボートのお客さんを相手にされてるようです。
しかしボートに乗ってここまで来て、ちょっと休憩がてら紅葉を見ながら食べるのもいいですね。。。

千光寺の案内?

・ラベル:26.千光寺の案内?

・到着:12:28

・案内

千光寺の案内?

千光寺の案内?

歩いていると千光寺の案内らしき物をみつけました。
GREAT VIEWと書いてあります。しかしこれでは…ドン引きしてしまう人もいると思います。
(笑)
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

紅葉の小径

・ラベル:27.紅葉の小径

・到着:12:31

・案内

アップダウン

アップダウン

ずっと平坦な道でしたが、ここらあたりはアップダウンが少しあります。しかしこれで根を上げてたらダメですよ!(笑)

渡し舟!

渡し舟!

なんと渡し舟の案内が。。。「船が無い時、対岸に向かって旗を振って下さい。迎えに参ります」と書いてます。
優雅でいいなぁ…。

千光寺への階段

・ラベル:28.千光寺への階段

・到着:12:36

・案内

階段スタート

階段スタート

いよいよここから千光寺へ行くための階段です。ちょっと距離があるので、行かれる方は覚悟してください。
(^^;

杖もあります。

杖もあります。

階段が長いのでこの通り、杖も用意してくれてます。(笑)

更に続く…。

更に続く…。

このように、ず~と階段を上ります。これまでJR嵯峨嵐山駅から天龍寺・竹林・亀山公園と歩いて来たので、正直、この階段はきつかった…。

千光寺1

・ラベル:29.千光寺に到着!

・到着:12:43

・案内

千光寺の山門

千光寺の山門

やっと千光寺に到着です。門の所にお寺の方がいて拝観料を払います。

鐘楼があります。

鐘楼があります。

門をくぐるとすぐに鐘楼がありました。皆さん自由に撞いているようですが…。

三打までFREE

三打までFREE

よく見ると下に「一人三打まで自由」という趣旨の事が書いてあります。もちろん私も心を込めて撞かせていただきました。

千光寺境内

千光寺境内

更に上に行く階段を上ると境内にある休息所です。

千光寺2

・ラベル:30.境内の様子

・到着:12:46

・案内

お堂

お堂

境内の中には崖の傍にお堂がありました。先ほど亀山公園の展望台から見えたのはこのお堂です。

抹茶あります。

抹茶あります。

境内の奥の方(それほど広くはありあせんが…)には「抹茶」の文字が。「休業中かな?」と思うほど静かでしたが、「こんにちは!」と声を張り上げると出て来てくれました。(^^;

これがその抹茶

これがその抹茶

これが注文した抹茶です。”お菓子とおうす”というシンプルさですが、山の中で樹々の擦れ合う音、猿の叫び声などを聞きながらいただくのはなかなか美味しいものです。

千光寺3

・ラベル:31.ホラ貝

・到着:13:00

・案内

毎時0分

毎時0分

毎時0分になると、ご住職?の方がホラ貝を吹いてくれます。時間のある方は是非聴いてみて下さい。

千光寺4

・ラベル:32.お堂へ入る

・到着:13:02

・案内

靴を脱いで

靴を脱いで

お堂に入ってみる事にしました。まずはここで靴を脱ぎます。

お堂の中

お堂の中

中はこんな感じです。お寺に関する資料等が展示されていて、お堂というよりはちょっと広い和室という雰囲気です。
このお堂からは嵐山の紅葉が一望できますよ。

GREAT VIEW!

GREAT VIEW!

お堂の窓から小さいテラス?に出られます。そこでの一枚。トロッコ列車とのコラボを狙ったのですが、残念ながらトロッコは樹々に隠れてほとんど見えませんでした。。。
冬なら枯葉になるので見えるかも!

川岸にて

・ラベル:33.川岸にて

・到着:13:22

・案内

下りてきました

下りてきました

千光寺を後にして、川岸まで下りてきました。この辺りは岸の幅もあるので、夏にちょっと川遊びするにはいいかも。
またこの時期は人も少ないからお弁当なんかもゆっくり食べられます。

川と紅葉

川と紅葉

川岸から見る紅葉もなかなか。ここは意外な穴場かも。。。

渡月小橋に戻る

・ラベル:34.渡月小橋に戻る

・到着:13:39

・案内

戻ってきました。

戻ってきました。

再び渡月小橋にもどってきました。こちらはまだ大勢の人ですね。。。

法輪寺1

・ラベル:35.ここから法輪寺に向かう

・到着:13:40

・案内

近道。。。

近道。。。

ここから法輪寺へ行きます。本当の入口はずっと川下のほうですが…ここから行った方が近いです。
なお、十三参りとは一般的に言う七五三に近いお参りらしいです。

ここを上って

ここを上って

この階段を上って、突き当りを左に曲がります。あまりお寺らしくない道ですが。。。

法輪寺2

・ラベル:36.法輪寺へ

・到着:13:41

・案内

門をくぐり

門をくぐり

このような門がありますが、ここは真っ直ぐ進みます。どうも夕方になると、この門を閉めるようです。

階段を上って

階段を上って

このような階段を上って更に進みます。

この細い道を進んで

この細い道を進んで

お寺らしくありませんが、この道で合ってます。ちょっと迷いますが、まっすぐ進んで下さい。

法輪寺3

・ラベル:37.参道

・到着:13:43

・案内

この道に出ます

この道に出ます

しばらく進むと参道の途中に出ます。
目の前には電電宮の文字が。。。折角ですからお参りしましょう。

電電宮

電電宮

電子・電波・電力・電機の発展のための神様。電電宮。21世紀に相応しい神様かも。
しかし…日本にはいろいろな神様がおられるんだなぁ。(笑)

法輪寺4

・ラベル:38.法輪寺本殿

・到着:13:46

・案内

本殿に到着

本殿に到着

ようやく本殿に到着。りっぱな本殿です。その横には社務所がありました。

マイクロSDカード

マイクロSDカード

電電宮のある法輪寺に相応しく、ここでは御利益のあるマイクロSDカードを販売していました。(笑)

マイクロSDカード

マイクロSDカード

買ってみたのがこれ。スマホも機械なのでトラブル事もありますが、これを使えばそんな問題とも無縁でいられる…かも。

法輪寺5

・ラベル:39.眺望

・到着:13:52

・案内

ここから

ここから

ここからは嵐山近辺が一望できるみたいです。。。

渡月橋

渡月橋

さきほど歩いてきた渡月橋が見下ろせます。やはりすごい人ですね。。。

法輪寺6

・ラベル:40.参道のもみじ

・到着:13:54

・案内

もみじ

もみじ

展望台から帰路について参道を下りていきました。ここでも見事な紅葉が…。

法輪寺7

・ラベル:41.電電塔

・到着:13:56

・案内

エジソンとヘルツ

エジソンとヘルツ

電電宮の関係で、電波に関して功績のあったエジソンとヘルツの胸額を壁面に飾っているそうです。
しかしこの二人も、まさか日本の神社でこのように飾ってもらえるとは思ってなかったろうな。

法輪寺8

・ラベル:42.法輪寺入口

・到着:13:58

・案内

ここが入口

ここが入口

下りてきました。ここが法輪寺の本来の入口。今回はここから中ノ島を通って帰ります。

ここを右に

ここを右に

法輪寺を出ると右折して、この道を歩いて行きます。

道なりに

・ラベル:43.道なりに

・到着:14:00

・案内

ここは左へ

ここは左へ

道なりにすすんでここは左へ曲がります。この辺りは交通量の割に道が細いので要注意です。時にはバスやトラックが通りますので…。

保津川下りの舟を載せて

保津川下りの舟を載せて

保津川下りの舟を積んだトラックに遭遇。この近くで舟を引き上げて積み込んでいるのですね。
昔はこの舟を人力で引っ張って川を上ったとか。。。

阪急嵐山駅

・ラベル:44.阪急嵐山駅

・到着:14:02

・案内

阪急嵐山駅に到着

阪急嵐山駅に到着

阪急嵐山駅に到着です。古風な外観がいいですね。

コインロッカーとトイレ

コインロッカーとトイレ

駅にはコインロッカーとトイレがあります。改札の外なので自由に利用できるのがいいですね。

中ノ島への道

中ノ島への道

駅から中ノ島へ行きます。まずはこの横断歩道を渡って、右奥の道へと進んで行きます。

道を真直ぐ

道を真直ぐ

こんな道ですので、ここを真っ直ぐ進んでいきます。それほど遠くはありませんよ。

すぐに到着

・ラベル:45.すぐに到着

・到着:14:09

・案内

風風の湯

風風の湯

少し歩くと左側に「風風の湯」(ふうふうのゆ)という温泉が見えてきます。”嵐山の温泉”で、この中には温泉の他にくつろぐスペースもあるのでお勧めですよ。

橋を渡って

橋を渡って

この橋を渡ると中ノ島です。先ほども通りましたが、川の中州になります。

賑わう中ノ島

・ラベル:46.賑わう中ノ島

・到着:14:11

・案内

お店もいっぱい、人もいっぱい

お店もいっぱい、人もいっぱい

中ノ島には露店だけでなくちゃんとしたお店もあって、中には座敷で食べられる所もあります。ただ、観光シーズンはすごく混みますので…。

トイレもあります。

トイレもあります。

トイレもあります。ここだけでなく何カ所かありますが、男性或いは女性専用…なんて所もありますので、要注意です。
(^^;

渡月橋に向かって

渡月橋に向かって

川の主流側はちょっとした広場になっています。ベンチに座ってノンビリ…なんてのもいいですよ。

再び渡月橋

・ラベル:47.再び渡月橋

・到着:14:14

・案内

渡月橋に到着

渡月橋に到着

やっと渡月橋に戻ってきました。

相変わらずな混みようで

相変わらずな混みようで

やはり人が多いですね。今度は先ほどとは反対側を歩いて戻ります。

橋の上から一枚

橋の上から一枚

橋の上からサッと一枚。紅葉が綺麗ですが…これで晴れてたらな…。

川の北岸を歩いて

・ラベル:48.川の北岸を歩いて

・到着:14:18

・案内

お土産屋

お土産屋

この辺りは土産物屋が多いです。しかも交通量も多いので、ちょっと気を付けて歩かないと危ない…。

嵐山の定番写真

定番の写真

定番だけど、お決まりの一枚。(笑)

清滝道三条

・ラベル:49.清滝道三条

・到着:14:23

・案内

ここを渡って

ここを渡って

この交差点を渡りますが…反対車線の車の量、半端じゃないです。この時期、嵐山へは電車を使った方が早いです!

嵯峨嵐山駅へ

・ラベル:50.嵯峨嵐山駅へ

・到着:14:25

・案内

ここを左折

ここを左折

「嵯峨嵐山駅」の案内が見えたら、左に曲がってその下の道を進んでいきます。

ここをまっすぐ

ここをまっすぐ

この道をまっすぐ進みます。今までに比べると車の量も少ないので助かります。

嵐電嵯峨駅

・ラベル:51.嵐電嵯峨駅

・到着:14:28

・案内

踏切を渡って

踏切を渡って

ここは嵐電の「嵐電嵯峨駅」です。この踏切を渡って真っ直ぐすすむと、JRの駅はもうすぐそこです。

JR嵯峨嵐山駅

・ラベル:52.ゴール!

・到着:14:31

・案内

JR嵯峨嵐山駅

JR嵯峨嵐山駅

JR嵯峨嵐山駅に戻ってきました。お疲れ様でした!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

●時間
・スタート: 10時 07分
・ゴール: 14時 31分
・所要時間: 4時間 24分
———————–
JR嵯峨嵐山駅
↓ (約8分)
天龍寺滞在時間:約1時間15分
・本堂拝観時間:約30分
・雲龍図拝観時間:約9分
・庭園散策時間:約26分
↓ (約8分)
亀山公園滞在時間:約19分
↓ (約10分)
渡月橋歩行時間:約8分
↓ (約27分)
千光寺滞在時間:約32分
↓ (約24分)
渡月小橋到着
↓ (約4分)
法輪寺滞在時間:約15分
↓ (約4分)
阪急嵐山駅
↓ (約8分)
渡月橋歩行時間:約3分)
↓ (約14分)
JR嵯峨嵐山駅到着

●距離
約 9.3キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・コインロッカー
JR嵯峨嵐山駅
阪急嵐山駅
・トイレ
JR嵯峨嵐山駅
天龍寺本堂内
亀山公園の桂川降り口
阪急嵐山駅

●費用
・天龍寺
庭園・本堂拝観料 \800円
天龍寺雲龍図拝観料 ¥500円
・千光寺
拝観料 ¥400円
お抹茶代 ¥500円
法輪寺マイクロSDカード ¥1,200円
—————————————–
合計           \3,400円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。
今回のコースでは大きなピークが三つあり、一つ目が亀山公園での展望台、二つ目が千光寺、三つ目が法輪寺です。その中でも千光寺へ行く道が一番高低差がありました。
距離のグラフを見ると千光寺手前に階段から頂上に至るまで移動距離はおよそ300メートル弱。その間に60 メートル上っています。この階段は正に山道なので、上っていても本当にキツかったです…。
(⌒-⌒; )
それ以外の場所は上っていてもそれ程ではありませんでした。亀山公園の方は竹林を通り、その後も道幅が広くて比較的緩やかな坂に思えました。
こちらも距離のグラフを見ると天龍寺北門から展望台までおよそ500メートル。その間に上ったのは35メートルなので、千光寺への道がいかにキツかったか分かがります。
更に法輪寺に至ってはそんなにキツくは無かったですね。。。

【道路状態】
コース上の道路はほとんど舗装されていて歩きやすい道です。ただ亀山公園内や各寺院の境内はは当然ですが未舗装です。笑
あと亀山公園の一部と千光寺へ行く道の一部は階段です。特に千光寺への道は他に迂回ルートも無く、結構キツい道です。
法輪寺も一部階段がありますが、それほどキツい道ではありません。

【店舗】
お店は亀山公園内と千光寺付近を除いて、道沿いに沢山あります。しかし…この時期の嵐山はとても混雑しますので、昼食のお店を探してもなかなかすぐに入れる店はありません。待つのをかくごで並ぶか、少し歩いて離れた場所で探すか、予めお弁当を持ってくるか。そういった事を考えおいた方が無難です。


【感想】
今回は秋の嵐山を知りたくて、行ってみました。やはりかなり賑わっていて、人人人紅葉人人といった感じで、結構疲れました。。。
千光寺あたりはちょっと穴場で比較的空いてますが、階段が多いので気合が入ります。^_^;

 - 嵯峨・嵐山方面 , , , , , ,

スポンサーリンク1

スポンサーリンク

スポンサーリンク1

スポンサーリンク

Comment

  1. 毛利 より:

    京都は嵐山抜きでは語れませんからねぇ

    良い散歩コースやね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

雪の渡月橋
第41回観光ログ・雪の嵯峨嵐山散策コース

●訪問日:2017年 01月 15日 ●今回の訪問地 今回は嵐山の渡月橋から竹林 …

太秦映画村
第34回観光ログ・法金剛院から太秦映画村そして広隆寺のコース

●訪問日:2016年 09月 25日 ●今回の訪問地 今回は蓮子で有名な法金剛院 …

落柿舎
第8回ログ・宝厳院から常寂光寺・落柿舎のコース

●訪問日:2015年10月18日 ●時間 ・スタート:10時52分 ・ゴール:1 …

化野念仏寺
第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2」はこちらをクリック! ●訪問日 …

芸能神社
第51回観光ログ・鹿王院から車折神社、木嶋神社のコース

●訪問日:2017年05月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐山をけんこうした後、帰 …

竹林
第1回ログ・JR嵯峨嵐山駅から天龍寺と竹林、渡月橋のコース

●訪問日:2015年2月7日 ●時間 スタート12時58分 ゴール14時36分 …

地蔵院
第62回ログ・知る人ぞ知る、竹林の穴場スポットを訪ねるコース

●訪問日:2017年10月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐電嵐山駅から松尾大社を …

保津川下り
第21回観光ログ・嵯峨野トロッコ列車と保津川下りのコース

  ●訪問日:2016年04月16日 ●今回の訪問地 今回は京都観光の …

大沢池
第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1」はこちらをクリック! 上の停留 …

保津峡
第64回ログ・峡谷の紅葉、六丁峠から保津峡へのコース

●訪問日:2017年11月23日 ●今回の訪問地 今回はJR嵯峨嵐山駅から歩いて …