明日の京都を歩く 観光ログのサイト

実際に行って歩いて見て食べた記録。GPSによる詳細なコースと時間が分かる、明日京都を観光する人のためのサイトです。

*

第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1

      2018/05/19

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2」はこちらをクリック!

●訪問日:2016年 08月 13日

●今回の訪問地
今回は百人一首の時雨亭で知られる二尊院を皮切りに、平家物語で有名な祇王寺、そして化野念仏寺や愛宕念仏寺を経て、清涼寺から大覚寺を訪れる盛り沢山のコースです。
途中では鳥居本の歴史に触れたり、愛宕念仏寺で愉快な羅漢さんを見つけたりしました。

スポンサーリンク


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

JR嵯峨嵐山駅

・ラベル:01.スタート

・出発:10:41

・案内

JR太秦駅

JR太秦駅

今回はここ、JR太秦駅からスタートです。

正面を左折

正面を左折

駅からまっすぐ北に進んで、最初の交差点を左折します。小さい交差点なので見逃さないでね!

ここを真っ直ぐ!

・ラベル:02.ここを真っ直ぐ!

・到着:10:51

・案内

直進

直進

道は右に曲がってますが、ここは真直ぐ進んでちょっと細めの薄茶色の舗装道路を進んでいきます。

ここは右折!

・ラベル:03.ここは右折!

・到着:10:53

・案内

公園を右折

公園を右折

少し分かりにくいですが、この右横に公園があります。ここはT字路になっていますので、突き当りを右に曲がって、公園を右手に見ながら進みます。

公園のトイレ

・ラベル:04.公園のトイレ

・到着:10:55

・案内

公園のトイレ

公園のトイレ

ここに公園のトイレがあります。今回のルートでは公衆トイレは少ないので、準備万端で進んで下さい。(笑)

二尊院へ左折

・ラベル:05.二尊院へ左折

・到着:10:56

・案内

嵯峨野めぐりの案内

嵯峨野めぐりの案内

嵯峨野を歩いて散策するため、このような表示が所々にあります。ここでは二尊院に向かいますので、ここを左折します。

落柿舎

落柿舎を見ながら

少し進むと右手に畑があって、その先に茅葺の家があります。ここが落柿舎。俳人向井去来の庵だそうです。嵯峨野のビューポイントの一つです。(笑)

ここは右折です

・ラベル:06.ここは右折です

・到着:10:59

・案内

分かれ道

分かれ道

落柿舎を右手に見ながら進むと、この交差点に着ます。ここは右折して道なりに真っ直ぐ進んでいきます。

途中のトイレ

・ラベル:07.途中のトイレ

・到着:11:01

・案内

公衆トイレ

公衆トイレ

ここは落柿舎を過ぎたところにある公衆トイレです。なんとなく風情がある、和風のトイレです。
公衆トイレはこの先、大覚寺バス停までありませんので要注意ですよ。

二尊院1

・ラベル:08.二尊院に到着

・到着:11:03

・案内

二尊院の門

二尊院

二尊院に到着です。ここには釈迦如来と阿弥陀如来の二つがある事からこの名前が付いたとか。
あと、以前はここでは時々時代劇の撮影が行われていました。最近は時代劇自体が減ってしまいましたが…。

受付

受付

二尊院の受付です。ここで拝観料を払って中に入ります。

正面階段

正面階段

こどもの頃に観た「暴れん坊将軍」では、とある回で将軍様こと松平健が立ち回りをしていました。
あっ、この階段を上がると右に進みました。ただ、参拝順路は明確に決まっている訳ではありませんので、自由に回っても結構ですよ。

二尊院2

・ラベル:09.二尊院のトイレ

・到着:11:08

・案内

二尊院のトイレ

トイレ

先ほどの階段を上がって右に進むとトイレがあります。さらに進んで左に少し入ると…。

二尊院3

・ラベル:10.時雨亭跡を目指して

・到着:11:09

・案内

案内板

案内板

境内の案内板がありました。下から二つの板には「時雨亭(小倉百人一首選定の地)」とありました。どんな所か興味があるので行ってみましょう。

この道

この道

この道は先ほどトイレの横を通っていた道です。この道に沿って歩いて行けばいいという事なんでしょう…。

二尊院4

・ラベル:11.法然上人廟

・到着:11:14

・案内

法然上人の廟

廟を越えて

道なりに歩いていくとちょうど境内の真中あたりに来ました。
目の前には法然上人の廟がありましたが…時雨亭はまだまだ先です。。。

100m先

100m先

法然上人の廟の横に案内がありました。この先100メートル。という事は・・・結局境内の南端に行くんだ。なんか遠回りさせられたような…。
(>_<)

墓を抜けて

墓を抜けて

この墓の間を抜けて、更に進んでいきます。夕暮れとかならちょっと無気味かも・・・。(笑)

山道のような

山道のような

墓を抜けるとこんな道になりました。これってほとんど山道。でもそんな長くは続きませんでした。

二尊院5

・ラベル:12.時雨亭跡にて

・到着:11:18

・案内

時雨亭

時雨亭

ようやく到着。この大きな岩の土台みたいのが時雨亭跡らしいです。しかし…。こんな所で百人一首を選定してたなんて、不便だろうな。ちょっとコーヒーとか飲みたくなったらどうしてたんだろう?

時雨亭からの眺望

時雨亭からの眺望

ふと振り返ると京都市内が見渡せました。なかなかの眺望です。ノンビリ一人で作業するには結構いい場所だったのかもしれません。。。

二尊院6

・ラベル:13.急な階段

・到着:11:22

・案内

階段

階段

先ほどの法然上人の廟まで戻り、この階段を下りていきます。これ、かなり急な階段ですので注意してください。手すりはしっかり持ってくださいよ!

二尊院7

・ラベル:14.鐘撞き

・到着:11:24

・案内

二尊院の鐘

階段を下りた所に鐘がありました。ここの鐘は自由に撞いて構わないそうなので、一礼してから心を込めて撞いてみました。
このゴワァァァァァァァァァ~ンという音が、なんとも言えないくらい良いですね。心が洗われます。

二尊院8

・ラベル:15.境内

・到着:11:29

・案内

二尊院本堂

全景

これが境内全景です。本当は本堂にも上がれるのですが、この日は工事中で外から見るだけでした。ちょっと残念。

二尊院9

・ラベル:16.小倉餡

・到着:11:32

・案内

餡子

餡子

小倉百人一首と小倉餡の漢字は同じ。というのはここが小倉餡発祥の地だそうです。ああ、そうだったのか。裏に細かく説明がありましたが、ちょっと読みにくいですね。

二尊院の茶店

茶店

二尊院を出るとき、門の横にある茶店を通りました。これもやはり小倉餡つながり…なのでしょうか?

ここは左へ

・ラベル:17.ここは左へ

・到着:11:39

・案内

左折

左折

二尊院を出て次は祇王寺へ向かいます。基本的にはそんな複雑な道ではありませんが、ここは左に曲がります。だいたいこの薄茶色のアスファルトに沿って歩けば間違いないです。
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

ここは真直ぐ!

・ラベル:18.ここは真直ぐ!

・到着:11:40

・案内

直進

直進

ここは道なりではなく、写真左の細い道に入っていきます。祇王寺へ行く道では、ここが一番分かりづらいかも…。

祇王寺1

・ラベル:19.祇王寺前

・到着:11:42

・案内

祇王寺前

祇王寺前

これが祇王寺前です。樹々が鬱蒼として雰囲気が出て来ましたね。では、このまま進んで行きましょう。

右に

右に

分かりにくいですが、写真真中にある門をくぐります。このまま直進して階段を上ると滝口寺という、別のお寺に入ってしまいます。
場違いな赤い案内板がありますが、間違える人が多いからでしょうかね。

境内

境内

これが祇王寺の境内です。鬱蒼とした樹々の下、苔むした庭が広がっています。ちょっと大原の三千院に似ているかも。でもこちらはかなり可愛い庭です。
まぁ、平清盛に捨てられた白拍子がひっそと余生を送った場所ですからね。

祇王寺2

・ラベル:20.平家物語の舞台

・到着:11:57

・案内

白拍子の庵

白拍子の庵

ここが清盛に捨てられた白拍子たちが移り住んだ庵。中には清盛や白拍子である祇王たちの像があります。

帰路

帰路

帰路は門を出て真直ぐ進みます。左は先ほど入ってきた道。右は滝口寺へ進む階段です。

祇王寺3

・ラベル:21.祇王の小径

・到着:12:00

・案内

祇王の小径

休憩所

祇王寺の隣にある休憩所。「祇王の小径」です。ここではお土産物も売ってますし、お抹茶をいただくことも出来ます。今回はそのお抹茶を注文してみました。

お抹茶

お抹茶

これがそのお抹茶。この日は暑い日でしたので氷入りの冷たいのを頼みました。僅かな量ですが、冷たさが気持ちいいです!

ここを左折

・ラベル:22.ここを左折

・到着:12:13

・案内

左折

左折

次は化野念仏寺へ向かいます。少し道を戻ってから北に進むとこの交差点に着ます。ここでは左の方へ進んで下さい。

鳥居本の町並

・ラベル:23.鳥居本の町並

・到着:12:15

・案内

町並

町並

少し進むと落ち着いた町並となります。ここが鳥居本と呼ばれる場所で、昔風の町並が続いています。お土産物さんもありますよ。ただ少し上り坂になりますが…。

化野念仏寺1

・ラベル:24.化野念仏寺

・到着:12:17

・案内

念仏寺入口

念仏寺入口

化野念仏寺の入口に到着です。徒歩の場合はここから階段を上がっていきます。自転車の場合は駐輪場がこの先にあります。

化野念仏寺受付

受付け

ここで拝観料を払って入ります。

化野念仏寺庭園

庭園

順路に従って歩いていくと、しばらくは苔の庭園です。木漏れ日のなかゆっくりと歩くと気持ちいいです。更に進んでいくと…。

化野念仏寺2

・ラベル:25.西院の河原

・到着:12:25

・案内

化野念仏寺、西院の河原

無縁仏

旅行雑誌などで有名な仏様の石仏群です。
千二百年前。ここでは無数の遺骸が野ざらしになっていたそうで、それを弘法大師さまがお寺を建立され、埋葬したそうです。今考えればすごいお話しですね。。。

化野念仏寺3

・ラベル:26.竹林の小径

・到着:12:27

・案内

六k面体地蔵さま

六k面体地蔵さま

境内を歩いているとこんな案内板を見つけました。六面体地蔵? 竹林の小径? ぜひ行ってみましょう。

化野念仏寺の竹林

竹林

確かに竹林の小径が続いていました。決して長い道ではありませんが、静かで人も少なく、天龍寺そばの竹林よりも落ち着いて散策出来ます。

化野念仏寺4

・ラベル:27.六面体地蔵様

・到着:12:30

・案内

化野念仏寺の六面体地蔵様

お地蔵様

これが六面体地蔵さまです。上から少しずつ水が滴り落ちているので、柄杓でお地蔵様に水をかけながらお参りしました。因みにですが、六面体というのは「地獄」「餓鬼道」「畜生道」「修羅道」「人間道」「天道」の六道を表しているそうです。

化野念仏寺5

・ラベル:28.トイレ

・到着:12:36

・案内

化野念仏寺のトイレ

念仏寺のトイレ

出入口近くに化野念仏寺のトイレがありました。結構綺麗ですよ。

化野念仏寺6

・ラベル:29.左の階段を下りて

・到着:12:38

・案内

階段

階段

出入口から外に出ました。先ほどはこの正面の坂を上がってきましたが、今度はこの左の下りていきます。

化野念仏寺の駐輪場

駐輪場

階段を下りたすぐ右手に駐輪場があります。自転車の方はここに停めて、今下りてきた階段を上って参拝します。

再び鳥居本の町を歩く

・ラベル:30.再び鳥居本の町を歩く

・到着:12:41

・案内

鳥居本の町並

再び鳥居本

元の道に戻って再び鳥居本の町並を見ながら歩いていきます。正面に見えるのは「嵐山・高雄パークウェイ」への自動車道です。
ところでこの道、ずっと登坂なのでこの辺りにくるとさすがにちょっとしんどいです。無理せずゆっくり進んでいきましょう。

鳥居本町並み保存館

・ラベル:31.鳥居本町並み保存館

・到着:12:42

・案内

鳥居本町並保存館

鳥居本町並保存館

ふと見ると「嵯峨鳥居本町並み保存館」という文字が目に入りました。ちょうど疲れた頃でしたので、休憩がてら入ってみました。入館は無料ですよ。

鳥居本町並保存館

模型

ガラスケース越しに写したので、ちょっと天井の照明などが写り込んでますが…。
昔はこの辺り、こんな感じだったそうです。現在ある自動車道はその昔、「愛宕山鉄道」という列車のルートだったそうです。更にその先にはケーブルカーもあったそうで、昔は愛宕登山も楽だったのですね。今はもちろん人力しか登る方法はありません。

鳥居本町並み

経緯

愛宕山登山の歴史などを記載したパネルです。昔は愛宕山の麓にホテルや遊園地、そして奥にはスキー場などがあってかなり大きなリゾート施設だったそうですね。しかし全て無くなって、昔の面影として残っているのは廃線後に整備された道路だけです。。。

街道の料理屋

・ラベル:32.街道の料理屋

・到着:12:51

・案内

鳥居本のつたや

料理屋

鳥居本の街道の奥に、藁葺屋根の料理屋が2軒ありました。基本はあ鮎などの料理を出してくれるお店ですが、団子などもいただけます。

愛宕街道の平野屋

平野屋

手前から数えて2軒目、鳥居を越えた所にある平野屋でお団子をいただく事にしました。しかし風情のあるいい建物ですね。

平野屋のお団子

お団子

お抹茶に少し塩気のある氷水。そしてお団子。黒砂糖ときな粉をかけた団子を頂きました。これが美味しい! 暑い時期はこの氷水もありがたいです。

かつての電車道

・ラベル:33.かつての電車道

・到着:13:04

・案内

愛宕街道

更に進んで

平野屋を後にして更に進みます。この辺りはかなり勾配のキツイ坂ですので頑張って! ちなみに右手のガードレールのある道がその昔、鉄道が走っていたルートです。

愛宕念仏寺1

・ラベル:34.愛宕念仏寺

・到着:13:06

・案内

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺に到着です。さっそく入ってみましょう。

愛宕念仏寺

入ってすぐの坂

拝観料を払って門をくぐるといきなりの坂。この辺は山なので仕方ないです。ただ長くはありませんので少しの辛抱です。ガンバレ!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2」はこちらをクリック!

スポンサーリンク

 - 嵯峨・嵐山方面 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

落柿舎
第8回ログ・宝厳院から常寂光寺・落柿舎のコース

●訪問日:2015年10月18日 ●時間 ・スタート:10時52分 ・ゴール:1 …

地蔵院
第62回ログ・知る人ぞ知る、竹林の穴場スポットを訪ねるコース

●訪問日:2017年10月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐電嵐山駅から松尾大社を …

雪の渡月橋
第41回観光ログ・雪の嵯峨嵐山散策コース

●訪問日:2017年 01月 15日 ●今回の訪問地 今回は嵐山の渡月橋から竹林 …

秋の渡月橋
第37回観光ログ・紅葉の嵐山散策コース

●訪問日:2016年 11月 20日 ●今回の訪問地 今回は紅葉真盛りの嵐山です …

大沢池
第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1」はこちらをクリック! スポンサ …

保津川下り
第21回観光ログ・嵯峨野トロッコ列車と保津川下りのコース

●訪問日:2016年04月16日 ●今回の訪問地 今回は京都観光のなかでも人気の …

太秦映画村
第34回観光ログ・法金剛院から太秦映画村そして広隆寺のコース

●訪問日:2016年 09月 25日 ●今回の訪問地 今回は蓮子で有名な法金剛院 …

保津峡
第64回ログ・峡谷の紅葉、六丁峠から保津峡へのコース

●訪問日:2017年11月23日 ●今回の訪問地 今回はJR嵯峨嵐山駅から歩いて …

芸能神社
第51回観光ログ・鹿王院から車折神社、木嶋神社のコース

●訪問日:2017年05月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐山をけんこうした後、帰 …

嵐電と桜
嵐電沿線の桜を巡るコース(第73回ログ)

●今回の訪問地 今回は嵯峨野・嵐山の観光でよく利用される嵐電。この嵐電沿線の桜を …