明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第24回観光ログ・高雄・栂尾のコース

      2018/05/19

●訪問日:2016年 5月21日

●今回の訪問地
今回は紅葉で有名な高雄です。その高雄でも有名なお寺、神護寺から西明寺に行き、最後は高山寺を目指すコースです。

スポンサーリンク


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。

★山城高雄バス停
・ラベル:01.スタート!
・出発:11:31
・案内
今回はJRバスの山城高雄バス停からスタート。このバスは京都駅から出ていますので、これに乗れば高雄まで乗換なしで行けます。
少し道を戻ると神護寺への表示がありますので(写真左から2つ目)、この階段を下りていきます。すぐ右にはコインロッカーがあります。

 


★もみじの天ぷら
・ラベル:02.もみじの天ぷら
・到着:11:35
・案内
暫く階段を歩くと”もみじの天ぷら”を売るお店がありましたが、本日はお休み。秋の紅葉シーズンだけの営業でしょうか。階段はまだまだ続きますので、ゆっくり降りていきます。

 


★清滝川にかかる橋
・ラベル:03.清滝川にかかる橋
・到着:11:38
・案内
やがて清滝川にかかる赤い欄干の橋が見えてきました。この橋を渡ります。ここから見る清滝川は綺麗ですよ!

 


★喫茶店
・ラベル:04.喫茶店
・到着:11:39
・案内
すぐに神護寺へ続く上りの階段があります。その上り口の横には喫茶店があります。ここら辺では他に喫茶店はありませんので、休憩するならここです。(笑)
更に階段を上っていくと…ちょっと大きなお店がありました(写真左から3つ目)。しかしここも観光シーズンだけの営業のようです。

 


★高雄茶屋
・ラベル:05.高雄茶屋
・到着:11:45
・案内
高雄茶屋というお店の前を通過。ここは営業していました。お客さんは少ないですが…。

 


★硯石亭
・ラベル:06.硯石亭
・到着:11:46
・案内
更に進むと硯石亭というお店がありました。ここも営業していました。そんなお店を尻目にひたすら階段を上る…ちょっとしんど…。

 


★神護寺1
・ラベル:07.神護寺到着
・到着:11:51
・案内
やっと神護寺に到着です。門の前に券売所がありますので、ここで参拝券を買います。

 


★神護寺2
・ラベル:08.境内へ
・到着:11:52
・案内
中に入ると山の中とは思えないほどの広い境内。空が青いです!

 


★神護寺3
・ラベル:09.金堂
・到着:12:01
・案内
金堂への道ですが…この階段です。頑張って上るとやっと金堂に到着。入口には丁寧にトイレの場所が書いてありました。中には入れますが、撮影は禁止でした。

 


★神護寺4
・ラベル:10.分岐点
・到着:12:17
・案内
金堂から少し歩くとこの分かれ道。多宝塔と地蔵堂への分かれ道なので、まずは多宝塔へ進みました。

 


★神護寺5
・ラベル:11.多宝塔
・到着:12:21
・案内
これが多宝塔。ここは内部には入れません。ちょっと前から見学して、すぐに地蔵堂に向かいました。

 


★神護寺6
・ラベル:12.井戸
・到着:12:23
・案内
地蔵堂に行く途中で見つけた井戸。弘法大師自ら掘ったそうです。

 


★神護寺7
・ラベル:13.地蔵堂
・到着:12:27
・案内
ここが地蔵堂。残念ながら内部は見られませんでした。そして、次は神護寺のメイン・イベント!かわらけ投げへ!

 


★神護寺8
・ラベル:14.トイレ1
・到着:12:27
・案内
かわらけ投げに行く途中に発見。こんな所にトイレがありました。

 


★神護寺9
・ラベル:15.かわらけ投げ
・到着:12:31
・案内
神護寺の名物かわらけ投げ。ここから投げます(写真左端)。近くのお店でかわらけ(小さなお皿 写真左から2つ目)を買って投げますが…今回は5セット10枚投げてもなかなか遠くまで飛びません。本当ならこの谷に私の投げた”かわらけ”が舞うはずですが、全くダメでした・・・。

 


★神護寺10
・ラベル:16.ちょっと休息
・到着:12:40
・案内
かわらけを売っているお店で休憩。ひやしアメを飲む。うまいな~。

 


★神護寺11
・ラベル:17.大師堂
・到着:12:47
・案内
次は大師堂を見学。どんなところかと思ったら…こんな所でした。意外にひっそりとしています。

 


★神護寺12
・ラベル:18.トイレ2
・到着:12:50
・案内
入口の近くにもトイレを発見。ちょっと分かりにくいけど、こんな所にもあるのね。

 


★高雄茶屋のうどん
・ラベル:19.高雄茶屋のうどん
・到着:12:54
・案内
帰り道、先ほどの高雄茶屋によって若竹うどんを注文。お客さんはほとんどいませんのでゆっくり出来ます。ここではうどん粉から作っているそうで、美味しかったですよ~。

 


★ここを左折
・ラベル:20.ここを左折
・到着:13:17
・案内
清滝川まで戻ってきました。先ほどは右の道(写真左端)からやって来たのですが、今度は左の道を進みます。割と平らで歩きやすい道です。(写真右端)

 


★橋は渡らず
・ラベル:21.橋は渡らず
・到着:13:20
・案内
西明寺に行く途中、この橋があります(写真左)。西明寺は川の向こう側ですが、この橋は渡りません。清滝川を左手に見ながら上流に向かって進みます(写真右)。

 


★西明寺へ
・ラベル:22.西明寺へ
・到着:13:24
・案内
いよいよ西明寺です。ここに案内板がありますので(写真左端)、この赤い欄干の橋を渡ります。それから階段を上ります。。。

 


★西明寺1
・ラベル:23.到着
・到着:13:28
・案内
ようやく西明寺に到着です!

 


★西明寺2
・ラベル:24.本堂拝観
・到着:13:29
・案内
目の前に本堂がありますので、まずは拝観料を払って本堂を見学します。内部は撮影禁止ですがお庭はOKです。

 


★西明寺3
・ラベル:25.庭園
・到着:13:33
・案内
こちらがその庭。やはり綺麗ですね。ついでに本堂の外側をぐるっと回ってみました。

 


★西明寺4
・ラベル:26.鐘楼
・到着:13:44
・案内
本堂を出て境内を散策すると鐘楼もありました。1音100円だそうです。(笑) そのまま撞かずに境内を散策しました。

 


★西明寺5
・ラベル:27.川への道
・到着:13:51
・案内
西明寺を出て階段を降りると川への道がありました。道と言ってもも少し崩れかかってますので要注意。そして河原へでると・・・清滝のお清流です。川のせせらぎが気持ちいいですよ~。

 


★お店があります
・ラベル:28.お店があります
・到着:13:59
・案内
川を渡ってもと来た道に出て高山寺を目指しますが、橋の横にお店がありました。西明寺のそばにある店はおそらくここだけです。

 


★この道を進む
・ラベル:29.この道を進む
・到着:14:00
・案内
この道(写真左端)をまっすぐ進むと…。やがて少し大きな道路に出ます(写真左から2つ目)。ここからは自動車が頻繁に走って走ってますので、要注意です。

 


★高山寺1
・ラベル:30.高山寺表参道
・到着:14:07
・案内
ようやく高山寺の表参道に到着。ここからはお寺の静かな道を歩けます。

 


★高山寺2
・ラベル:31.元券売所?
・到着:14:09
・案内
元券売所のようですが…今は閉まっています。自由に中に入ってOKです。

 


★高山寺3
・ラベル:32.この石!
・到着:14:10
・案内
この菱形の石、整然と並んでいますが高山寺を紹介した写真などでよく見ますね~。ある意味、高山寺の名所かも。そしてここ(写真右)を曲がって石水院を目指します。

 


★高山寺4
・ラベル:33.トイレ3
・到着:14:12
・案内
鳥獣戯画のある石水院に行こうとしたら、すぐ近くでトイレを発見しました。(笑)

 


★高山寺5
・ラベル:34.石水院入口
・到着:14:13
・案内
ここがその石水院の入口です。残念ながら内部は撮影禁止でした。鳥獣戯画の絵は、しっかり展示してありましたよ。

 


★高山寺6
・ラベル:35.風景を眺めて
・到着:14:18
・案内
石水院で縁側に座り、10分ぐらいそのままでいました。外の景色をボ~と眺める。。。時間がゆっくり流れる、いい風景でした。

 


★高山寺7
・ラベル:36.最古の茶園
・到着:14:40
・案内
石水院を出て、先ほどのトイレの近くに行くと最古の茶園(写真左)がありました。
中を垣根越しにのぞくと、それほど大きくなはありません(写真右)。でも日本最古の茶園か。。。

 


★高山寺8
・ラベル:37.山道のような境内
・到着:14:41
・案内
境内を散策しようと奥に進んだのですぐ…奥に行けば行くほど山道の様相になってきました。昔はこの辺にも沢山の建物があったのでしょうか?

 


★高山寺9
・ラベル:38.開山堂
・到着:14:45
・案内
これが開山堂という建物だそうです。。。。

 


★高山寺10
・ラベル:39.佛足石
・到着:14:52
・案内
これは仏様の足跡、佛足石だそうです。とても大きいです。おそらく心の大きな方なのでしょうね。

 


★高山寺11
・ラベル:40.金堂
・到着:14:55
・案内
これが金堂です。ここら辺までくると人影はほとんどありません。夜は真っ暗闇でかなり怖いでしょう。まるで山の中を歩いてる気分です。横には小さな祠がありました。ここから出口の方に向かいます(写真右端)。

 


★高山寺12
・ラベル:41.バス停への道
・到着:15:04
・案内
金堂からバス停に向かう道です。ここも以前は券売所だったのでしょうか? この道を降りたところに観光バスの駐車場もあるため、この道を利用される方も沢山いました。

 


★栂尾バス停
・ラベル:42.ゴール!
・到着:15:07
・案内
道路に出てすぐの所にJRバスの乗り場があります。今回はここがゴール。このままバスに乗って帰りました。

 


 


●時間
・スタート: 11時 31分
・ゴール: 15時 07分
・所要時間: 3時間 36分
———————–
神護寺滞在時間:約60分
高雄茶屋滞在時間:約17分
西明寺滞在時間:約21分
・本堂滞在時間:約13分
高山寺滞在時間:約60分
・石水院滞在時間:約24分

●距離
約6.1キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
神護寺 2カ所
高山寺 2カ所(1カ所は石水院内)
・コインロッカー
山城高雄バス停付近に1カ所

●費用
・神護寺拝観料          ¥600円
・かわらけ投げ(5回分)      ¥500円
・ひやし飴            ¥350円
・高雄茶屋の若竹うどん      ¥800円
・西明寺本堂拝観料        ¥500円
・石水院拝観料(高山寺)     ¥800円
———————————————-
合計              ¥3,550円

【標高】
●距離
高度変化

●時間
高度変化

今回は山城高雄バス停をスタートして、清滝川まで下り坂です。その後上り坂に転じますが今回のルート上、神護寺で一番高いのは多宝塔で、その後はまたゆっくりと標高が下がっていきます。清滝川にかかる橋で標高が115mまで下がったあと、今度は西明寺に進むにつれて標高はまた上がります。その後、西明寺を出た後に川に降り、少し標高が下がりますが、その後は高山寺金堂付近まで標高が183mまで上がり、最後はそこからバス停の136mまで一気に下がります。
これが今回の標高の変遷です。これに対してグラフをみると…神護寺到着時点、清滝川に戻ってきた時点、そして高山寺金堂からバス停に向かう時点でグラフが大きく外れていますが、これはすべて誤差です。

【道路状態】
今回は市街地から離れた高雄という事で、起伏の激しいコースとなりました。特にスタートのバス停から神護寺までは一度階段で川まで下り、そこからまた登りの階段を歩く事となりますので、このコースでも最大の起伏となります。
西明寺や高山寺までは一般の歩道を歩く事になり、比較的緩やかな道です。高山寺境内は広くて山際なため、一部は山道のような状態でした。

【店舗】
秋の紅葉シーズンには沢山の店が出ますが、新緑の頃は観光客も少ないせいか開店しているお店も僅かでした。それでも各寺のそばに一軒以上の飲食店が営業していますので、フルシーズン、そこで食事や休憩を取ることが出来ます。
秋は人が多くて逆にどの店も満員となりますので、入れる店を探すのが大変になるかもしれません。


【感想】
秋は大勢の観光客で混む高雄ですが、5月は意外にも空いていました。コースは多少アップダウンの激しい場所もありますが、舗装されて歩きやすいです。距離も長くはなく、途中に休息できるお店もありますので、手軽なコースで気楽に楽しめました。
高山寺の鳥獣戯画は一見の価値がありますよ!

スポンサーリンク

 - 高雄・栂尾 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

関連記事はありませんでした