明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第17回ログ・大徳寺から建勲神社のコース

   

●訪問日:2016年02月27日

●時間
・スタート:11時12分
・ゴール: 15時20分
・所要時間:04時間08分
———————–
大徳寺滞在時間:約3時間01分
・本坊滞在時間:約20分
・芳春院滞在時間:約34分
・大仙院滞在時間:約31分
・龍源院滞在時間:約18分
・泉仙滞在時間:約35分
今宮神社滞在時間:約15分
船岡山滞在時間:約22分
・建勲神社滞在時間:約08分

●距離
約6.3キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
大徳寺は入口横と各塔頭にあります。
今宮神社は1カ所あります。
船岡山は最低2カ所あります。

●費用
大徳寺
・方丈拝観料           \600円
・芳春院拝観料          \600円
・大仙院拝観料          \400円
・大仙院お抹茶代         \300円
・龍源院拝観料          \350円
・泉仙(あやめコース)     \3,240円
—————————————–
合計              \5,490円

●コース概要
【標高と距離】
・時間と標高
標高変化
・距離と標高
標高変化
今回は試に標高を距離と時間の2つのグラフから見られるようにしてみました。
これによると大徳寺境内では多少の高低差はあるものの、だいたい標高70メートルぐらいで安定しています。実際境内を歩いていて大きな階段や坂道はありませんでした。これが今宮神社へ行くと少し上がります。やはり大徳寺より若干北側にあるせいでしょうか。
そしてその後、南に下りましたので一旦標高も下がりますが、船岡山に登ると一気に標高も100メートル以上まで上昇します。そして船岡山を下ると標高もさがりますが、千本北大路あたりが高くなっているため、また100メートル付近まで上昇しています。
最後の金閣寺前は若干標高も下がるのですが、グラフでは逆に上がったままです。これは誤差でしょうか。

【道路状態】
大徳寺の境内はほぼ平坦で、石畳みと砂利の道が続いています。一般道のように車や自転車が来る事はほとんどありませんので、安心して歩けます。
今宮神社や船岡山に至る道は、上記の緩いグラフによると坂道ですが、実際に歩いていて傾斜を感じる事はありません。普通の舗装道路を歩いている感覚です。ただ、こちらは車や自転車が通りますので、その点注意して下さい。
船岡山は公園となっっていますので、一般の山のような登山道ではなく、舗装された坂道や階段です。ただし傾斜はそれなりにありますので、 登って行くと多少の息苦しさはあります。
また建勲神社付近は階段が多く、船岡山の他の場所と比較するとやや急な勾配となっています。

【店舗】
基本的に大徳寺はお寺ですので、お土産店はありません。芳春院は受付に多少のお土産を置いていましたが、それは例外的で他の塔頭にはほとんどありませんでした。
今宮神社や建勲神社も社務所でお守りなどは売っているようでしたが、いわゆるお土産はありませんでした。
まぁ場所が場所だけに当然かもしれません。

【設備】
大徳寺にはそれぞれの塔頭にトイレがありました。もちろん今宮神社や船岡山にもありました。ただコインロッカーは見当たりませんでした。



この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


★大徳寺バス停
・ラベル:01.スタート
・出発:11:12
・案内
今回はいきなり大徳寺のバス停からスタートです。バス停には地下鉄烏丸線で北大路駅まで行き、そこから金閣寺方面に行く市バス204または205に乗るか、JR円町駅から北大路バスターミナル行の204か205に乗れば行けます。

 


★大徳寺1
・ラベル:02.大徳寺トイレ
・到着:11:13
・案内
入口近くにトイレがありました。

 


★大徳寺2
・ラベル:03.入口
・到着:11:15
・案内
ここから入ります。左横に拝観券の売り場が…と思ったら違いました。拝観券は各塔頭で購入するそうです。中にはいると石畳の道が続きます。

 


★大徳寺3
・ラベル:04.三門
・到着:11:19
・案内
ここが千利休切腹の原因を作ったとされる三門。今は真下にいく事は出来ません。残念…。

 


★大徳寺4
・ラベル:05.本坊
・到着:11:24
・案内
大徳寺の本坊(方丈)。ガイドさんの説明によると、ここは大きくて部屋数も多いそうです。さっそくその大きさに圧倒されました。

 


★大徳寺5
・ラベル:06.芳春院
・到着:11:48
・案内
「利家とまつ」で有名なまつが建てたのが、この芳春院で前田家の菩提寺だそうです。ここには呑湖閣(どんこかく)という楼閣があり、これは金閣寺・銀閣寺・飛雲閣(西本願寺)と並んで「京の四閣」というそうです。中は撮影禁止なので写真がないのが残念…。

 


★大徳寺6
・ラベル:07.大仙院
・到着:12:26
・案内
次に行ったのがすぐ隣の大仙院。ここは別途300円出せばお抹茶をいただけます。目の前でたててくれた美味しいお茶でした。小さいですがお菓子もついています。
石庭なんかも当然あって立派な塔頭ですが、とにかくカメラの持ち込みには厳しかったです。入口で「カメラは鞄の中に入れてくださし!」と言われるし、拝観途中でちょっとスマホをいじっていたら「No CellPhon! カメラノー!」と言ってくるし。だいたいNo CellPhonだなんて、私の事を外国人と見間違えてんのか?(笑)

 


★大徳寺7
・ラベル:08.休憩所
・到着:13:02
・案内
大徳寺の中にはこんな無料休息所もありました。お茶もいただけるようで、疲れた時には腰を下ろしてちょっと休めます。(^_^)

 


★大徳寺8
・ラベル:09.龍源院
・到着:13:06
・案内
次は龍源院に入りました。ここはなんと写真撮影OKです。秀吉と家康が相対したという碁盤や、日本最古(?)の火縄銃などもあり、また方丈には作者不明ですが立派な襖絵もありますので、ここは歴史ファンには見ごたえがある塔頭です。

 


★大徳寺9
・ラベル:10.石庭
・到着:13:08
・案内
龍源院にも石庭はいくつかありますが、そのうちの一つは中庭となっていて日本最小の石庭だとか。ほんとうに可愛いぐらいです。

 


★大徳寺10
・ラベル:11.大慈院の泉仙
・到着:13:27
・案内
次は大慈院に行ってみましたが、今度は拝観するのではなく昼食です。こちらには泉仙というお店があり、精進料理が食べられます。今回は一番ベーシックな「あやめコース」で約3千円。最高ランクになると6千円ぐらいするそうです。そこまで行くとちょっと私の財布では厳しいなぁ…。
下の写真、一番左は大慈院の前にある泉仙の表示。その右の写真が大慈院の門。更にその右が門をくぐって右前方にある店への道を進もうとしている所です。そして一番右がお店の入口です。

 

料理の写真はこちらです。
精進料理は小さな料理が順番に出てきます。最初はお菓子とお抹茶で、その跡は和え物や小鉢、天ぷらなど…。

 

最後にご飯が出てきまして全部いただくとかなりの食べごたえがあります。御飯だけ分かりにくいので別にアップで撮りました。

 


★大徳寺11
・ラベル:12.竹林の道
・到着:14:09
・案内
泉仙を出て今宮神社に向かいますが、その途中では竹林のそばを通ります。この日は風もすこしありましたので、風にゆられて竹がゆさゆさ…風情のあ光景でした。

 


★今宮神社1
・ラベル:13.今宮神社に到着
・到着:14:14
・案内
今宮神社に到着しました!

 


★今宮神社2
・ラベル:14.本殿
・到着:14:19
・案内
本殿では沢山の方がお詣りしていました。

 


★今宮神社3
・ラベル:15.阿呆賢さん
・到着:14:22
・案内
いわゆる「重かる石」というものと同じで、ここでは身体の病を治してくれるご利益があるそうです。これも人気スポットでしたよ。

 


★今宮神社4
・ラベル:16.今宮神社のトイレ
・到着:14:25
・案内
今宮神社のトイレですが、見た目にはちょっと分かりにくい場所にあります。

 


★今宮神社5
・ラベル:17.参道のあぶり餅
・到着:14:27
・案内
参道に出ると昔でいう茶店がいくつかあり、名物のあぶり餅を売ってました。欲しかったですが、腹一杯でしたので残念ですが食べませんでした。。。

 


★船岡山1
・ラベル:18.船岡山到着
・到着:14:37
・案内
今宮神社から一直線に南に下り、船岡山に到着。建勲神社へは向かって左側ですが、せっかくなので散策をかねて右回りに船岡山を登って行きます。

 


★船岡山2
・ラベル:19.船岡山トイレ1
・到着:14:40
・案内
船岡山の西側でトイレを発見。まぁ公園だからね。

 


★船岡山3
・ラベル:20.船岡山トイレ2
・到着:14:43
・案内
続いて山中で2つめのトイレを発見。やっぱり公園だから、あちこちにあるのでしょう。

 


★船岡山4
・ラベル:21.建勲神社への道?
・到着:14:44
・案内
あっ、建勲神社への道? 社務所はいいから神社に一直線と思い、右に進みました。そしたら…見事間違い。頂上への道でした。

 


★船岡山5
・ラベル:22.山頂
・到着:14:46
・案内
すぐに山頂へ到達。それほど高くない山ですが、山頂からは京都市内がよく見渡せました。

 


★船岡山6
・ラベル:23.神社への道路
・到着:14:50
・案内
山頂を下りていよいよ建勲神社んへ。途中には舗装されたどうろもあり、自動車もたまに通行するようです。意外でした。

 


★船岡山7
・ラベル:24.参道
・到着:14:51
・案内
ここからが建勲神社の参道。この先は階段が多くなるので要注意です。

 


★船岡山8
・ラベル:25.本殿へ
・到着:14:53
・案内
いよいよ本殿へ。近くには「人間五十年…」信長が舞った敦盛の舞が石板に掘ってあった。 本殿そばにはキャラクターらしき等身大パネルがあった。これ、信長???

 


★船岡山9
・ラベル:26.大鳥居
・到着:14:59
・案内
船岡山を下りると建勲神社の大鳥居がありました。

 


★緩やかな坂道
・ラベル:27.緩やかな坂道
・到着:15:05
・案内
船岡山を後にして金閣寺へ。ここらあたりはゆるやかな登り坂となっています。しんどくはないが…早歩きだとちょっときついです。徒歩がつらい方はここからバスに乗って行きます。

 


★もうすぐピーク
・ラベル:28.もうすぐピーク
・到着:15:10
・案内
千本北大路の交差点にさしかかる。ここをすこし西に行くとおそらく上り坂のピークです。

 


★再び登り坂
・ラベル:29.再び登り坂
・到着:15:12
・案内
ピークをすぎて下り坂にさしかかる。楽だな…とおもっていたら、目に前に再び上り坂。ただし今度は小さいピークでした。

 


★第二のピーク
・ラベル:30.第二のピーク
・到着:15:15
・案内
これが第二のピーク。ここを過ぎればあとは下り。ここは恐らく左大文字の山から続く尾根だったのだろうなぁ。

 


★金閣寺前
・ラベル:31.ゴール
・到着:15:20
・案内
やっとゴール。金閣寺の前にたどり着きました。これまでと違い観光客が多い! とりあえずお疲れ様でした。

 


 

【感想】
今回は大徳寺や建勲神社と、織田信長に関わりのある場所を中心に訪ねてみました。大徳寺には沢山の塔頭があるので、本当はもっと観たかったのですが、時間の都合で一部だけとなってしまいました。。。
船岡山は一応山ですが、公園という事もあり簡単に登れます。もちろん階段や坂道は多いですが…。
このコースでは歴史と自然にふれる事ができましたので、これから暖かくなる季節には特に向いているかもしれませんね~。

スポンサーリンク

 - 洛北 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

上賀茂神社
第22回観光ログ・上賀茂神社から大田神社を経て植物園へのコース

●訪問日:2016年04月29日 ●今回の訪問地 今回は京都でも長い歴史を持つ神 …

曼殊院門跡
第18回ログ・曼殊院門跡から詩仙堂・恵文堂のコース

●訪問日:2016年3月5日 ●時間 ・スタート: 12時01分 ・ゴール: 1 …

深泥池
第58回ログ・宝ヶ池から植物園の森林浴コース

●訪問日:2017年9月03日 ●今回の訪問地 今回は暑い京都の夏を涼しく過ごす …

悟りの窓
第29回観光ログ・常照寺と源光庵、光悦寺から金閣寺へのコース

●訪問日:2017年 07月 31日 ●今回の訪問地 今回は洛北の鷹峯。常照寺か …

岩倉具視幽棲旧宅
第16回ログ・岩倉実相院のコース

●訪問日:2016年02月11日 ●時間 ・スタート:11時43分 ・ゴール:1 …

御土居
残された御土居が龍の背中に見えたコース(第71回ログ)

今回は京都に残る御土居(京都を守るために秀吉が築いた防壁)を散策してみました。堀 …