明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第16回ログ・岩倉実相院のコース

      2018/05/19

●訪問日:2016年02月11日

●時間
・スタート:11時43分
・ゴール:13時14分
・所要時間:1時間31分

スポンサーリンク


岩倉実相院滞在時間:約0分
岩倉具視幽棲旧宅滞在時間:約18分
・対岳文庫(資料館)滞在時間:約03分

●距離
約5.9キロ(徒歩での移動は2キロ)

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ 不明

●費用
・岩倉具視幽棲旧宅入場料     \300円
—————————————–
合計               \300円

●高度
高度変化
今回は最初にバスを使っていますので、バスを降りてからの高度変化を見てみます。
バスを降りたのはスタート後40分弱の辺り。ちょうど速度を表す緑のグラフが、激しい上下の変化が終って落ち着いた辺りです。その後50分あたりで幽棲旧宅に着き、1時間10分ぐらいまで滞在しています。
この間、高度は少し下がったあとほとんど変化はありません。それから一度岩倉実相院に戻っていますがグラフの高度も少し上昇していますので、恐らく実相院の方が若干標高が高いのでしょう。
それからは高度が少し下がっていますが、この時は川下に向かって歩いていますので、多少高度も下がっていると思われます。最後に急に高度が上昇しているのは、おそらく誤差だと思われます。実際にはほとんど変化はありませんでした。

●コース概要
【距離】
高度変化
このグラフによりますとバスを降りたのは、速度を示す緑のフラフの、激しい上下の変化が収まった辺りです。距離にして3.7キロぐらい。
今回は全体で5.9キロ移動していますので、実際に歩いたのは差し引き2キロぐらいです。これまでの観光ログで最も短い移動距離だと思います。。。(笑)

【道路状態】
岩倉具視幽棲旧宅については、発券所から旧宅に行く途中と、旧宅から資料館に行く途中に段差の激しい階段が10段ぐらいありました。しかしそれ以外は平坦で歩きやすい場所です。
駅への道も舗装されている上に平坦でしたが、高度のグラフをみると僅かに下り坂となっていました。

【店舗】
お土産屋さんは全く見つかりませんでした。しかも今回は住宅地の中に観光スポットがありましたため、飲食店もほとんどありません。ただ岩倉駅周辺を探せば見つかるのでは…と、思います。

【設備】
トイレやコインロッカーも今回は見つかりませんでした。。。


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


★国際会館
・ラベル:01.スタート!
・出発:11:43
・案内
今回はこの国際会館のバス停からスタート。待つこと20分。1番のりばから24号系統のバスに乗ります。

 


★岩倉実相院1
・ラベル:02.岩倉実相院に到着
・到着:12:21
・案内
20分足らずで終点の岩倉実相院に到着。降りてみると門が閉まっている…なんと、3月20日まで拝観中止だった。ショック…。

 


★ここを右折
・ラベル:03.ここを右折
・到着:12:26
・案内
仕方なく、次の目的地である岩倉具視幽棲旧宅を目指しました。回れ右して少し進むと、幽棲旧宅への案内板があったので、その角を右に曲がります。

 


★これが目印!
・ラベル:04.これが目印!
・到着:12:30
・案内
まっすぐ進むとこの案内板があるので、ここで左折します。
最初、これを見落として直進したところ、目的地が分からなくなってしまい、たまたま近くにいた女性に道を尋ねました。そうすると「ああ、具視さんとこはね…」と言って親切に教えてくれましたが…具視さん? お知り合い?(笑)

 


★幽棲旧宅1
・ラベル:05.ここもお休み?
・到着:12:31
・案内
幽棲旧宅にたどり着くとここも門が閉まっていました。「えっ!お休み?」と思ったら、20mほど先に入口があるそうです。良かった。。。
(^_^;)

 


★幽棲旧宅2
・ラベル:06.入口はここでした
・到着:12:31
・案内
ここが入口。受付で入場券を買って入りました。窓口の方に実相院の拝観中止について聞いてみると、「えっ? そうですか? この前まで門は開いてましたけど…。」との事。どうやら閉まっている事をご存じないらしい。

 


★幽棲旧宅3
・ラベル:07.幽棲の旧宅
・到着:12:34
・案内
岩倉具視は当初、この奥にある附属屋を購入して住んでいましたが、その後、この主屋と繋屋を増築して住んだそうです。

 


★幽棲旧宅4
・ラベル:08.遺髪の塚
・到着:12:35
・案内
これは岩倉具視の遺髪を収めた塚だそうです。

 


★幽棲旧宅5
・ラベル:09.ここが玄関
・到着:12:39
・案内
ここが本来の玄関。説明によると坂本龍馬とか中岡慎太郎とか、明治維新の志士たちがこの玄関を通ったらしいです。すごいな~。

 


★幽棲旧宅6
・ラベル:10.ここは資料館
・到着:12:43
・案内
ここは対岳文庫と言って、岩倉具視に関する資料を収めた資料館です。

 


★幽棲旧宅7
・ラベル:11.中庭
・到着:12:48
・案内
再度旧宅に戻って中庭を見てみます。向かって左側に行燈のついた部屋がありますが、ここで中岡慎太郎や坂本龍馬が岩倉具視と維新に向けて密談したそうです。残念ながら部屋に上がる事は出来ませんが・・・。

 


★岩倉実相院2
・ラベル:12.もういちど実相院へ
・到着:12:53
・案内
幽棲旧宅を出た後、ひょっとして開いているかな…と微かな望みを持って実相院に戻ってみました。でも、やっぱりダメでした。ところでこの実相院の前はバスの転回場所となっているので、ここで遊んじゃダメですよ。(笑)

 


★ここを右に曲がる
・ラベル:13.ここを右に曲がる
・到着:12:58
・案内
もう一度幽棲旧宅の方へ進み、そのまま駅を目指します。この灯篭とミラーの場所に出たら、右に曲がります。

 


★この道を進んで
・ラベル:14.この道を進んで
・到着:12:59
・案内
ちょっと分かりにくいですが、ここではこの細い道を進みます。

 


★ここも右折です
・ラベル:15.ここも右折です
・到着:13:01
・案内
川に出たら右折して、川下を目指します。

 


★大きな道を横切って
・ラベル:16.大きな道を横切って
・到着:13:06
・案内
大きな通りに出ますが、この通りを横断して(そばに横断歩道があります)まっすぐ進みます。

 


★駅を発見!
・ラベル:17.駅を発見!
・到着:13:09
・案内
暫くすすむと・・・駅を発見!

 


★岩倉駅
・ラベル:18.ゴール!
・到着:13:14
・案内
私は駅に着くと踏切を渡ってしまいましたが、そうすると反対方向のホームとなります。踏切は渡らず手前のホームに上がるとが出町柳方面の電車に乗れます。

 


 

【感想】
今回は岩倉実相院をめざしたのですが、あいにく拝観中止で何とか幽棲旧宅だけ見学して帰るという、なんともグタグタな内容となってしまいました。
後でよく確認したら、実相院のwebサイトのトップページに拝観中止のお知らせが掲載されてました。
まぁ、こんな事もたまにはあるという事で…。(^_^;)

スポンサーリンク

 - 洛北 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

岩倉実相院
岩倉実相院と幽棲旧宅を再訪する_№83

訪問地概要 今回は再訪シリーズ(なんてあったかな?(笑))で岩倉実相院を訪れまし …

御土居
残された御土居が龍の背中に見えたコース(第71回ログ)

今回は京都に残る御土居(京都を守るために秀吉が築いた防壁)を散策してみました。堀 …

曼殊院門跡
第18回ログ・曼殊院門跡から詩仙堂・恵文堂のコース

●訪問日:2016年3月5日 ●時間 ・スタート: 12時01分 ・ゴール: 1 …

悟りの窓
第29回観光ログ・常照寺と源光庵、光悦寺から金閣寺へのコース

●訪問日:2017年 07月 31日 ●今回の訪問地 今回は洛北の鷹峯。常照寺か …

上賀茂神社
第22回観光ログ・上賀茂神社から大田神社を経て植物園へのコース

●訪問日:2016年04月29日 ●今回の訪問地 今回は京都でも長い歴史を持つ神 …

深泥池
第58回ログ・宝ヶ池から植物園の森林浴コース

●訪問日:2017年9月03日 ●今回の訪問地 今回は暑い京都の夏を涼しく過ごす …

大徳寺三門
第17回ログ・大徳寺から建勲神社のコース

●訪問日:2016年02月27日 ●時間 ・スタート:11時12分 ・ゴール: …