明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第15回ログ・東西本願寺から東寺へのコース

      2018/05/19

●訪問日:2016年01月24日

●時間
・スタート:10時48分
・ゴール:14時08分
・所要時間:3時間20分

スポンサーリンク


東本願寺滞在時間:約23分
西本願寺滞在時間:約39分
東寺滞在時間:約1時間22分
・喫茶店滞在時間:約11分
・講堂・金堂・五重塔滞在時間:約28分
・灌頂院滞在時間:約18分

●距離
約9.5キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ 6カ所
・東本願寺  1カ所
・西本願寺  1カ所
・公衆トイレ 2カ所(梅小路公園を含む)
・東寺    2カ所

●費用
・東寺 講堂・金堂・五重塔拝観料 \800円
・東寺 灌頂院拝観料       \600円
・ぜんざい            \500円
—————————————–
合計              \1,900円
(東本願寺・西本願寺は参拝料無料です)

●高度
高度変化
今回も乱高下するグラフとなってしまいましたが、実際はほぼ平坦で歩きやすい道でした。
スタート後20分ぐらいで大きく行動が下がっているのは、東本願寺の御影堂に入ったために電波が十分届かなかったためと思われます。同じくスタート開始後1時間ちょっとで発生しているグラフの谷間は、西本願寺でお手洗いを利用してすぐに案内所に入ったためと思われます。
スタート後、2時間を経過したところでグラフが右斜め下へ一直線の伸びているのは、東寺で休憩の為、ぜんざいを食べていた時間です。ここでは屋内の為、GPSロガーを一時停止にしていました。3時間経過したあたりでグラフが一直線に右肩上がりになっているのは、灌頂院に入る為、ここでもGPSロガーを一時停止にしたためです。

このグラフでの上下の変動はほとんどGPSロガーの誤差で、実際はほぼ平らで歩きやすい道でした。

●コース概要
【距離】
今回の移動距離はトータルで9.5キロでした。途中の東本願寺から西本願寺までは約17分、西本願寺から東寺までは約25分でしたので、観光スポット間の移動に関してはそれほどの距離ではありませんでした。恐らくそれぞれの境内で移動した距離が長くなった原因と思われます。
特に東寺は観光できるスポットが多いので、境内を歩いている間に距離が伸びたと思われます。尚、東寺から近鉄東寺駅までは約6分でした。

【道路状態】
今回も道路状態はよくて歩きやすいルートでした。また各道路の標識なども整備されていますし、大きな通りを縦横に歩くだけですので、京都駅から近くて分かりやすく、歩きやすいルートです。
ただ、西本願寺から東寺へ向かう途中でJRの高架をくぐると少し狭くて急な階段があります。(ラベル№20:階段を登る)ここだけは要注意です。

【店舗】
店舗は東本願寺では案内所でお土産を販売していましたが、ここでは一般的なお土産というよりお寺参拝記念グッズという性格が強いものでした。西本願寺の案内所では販売していませんでしたが、境内奥の伝道本部という建物で銘品を販売しているという事です。(どのようなものか今回は確認できませんでした)
また当時では五重塔の拝観券を販売する店の隣で、いわゆる一般的なお土産を販売しておりました。

【設備】
トイレに関しては西本願寺から東寺へ移動する途中で、二カ所の公衆トイレがありました。東本願寺・西本願寺・東寺ではそれぞれトイレを備えていますので問題はありません。また、コインロッカーに関しては今回確認できましたのは京都駅と近鉄東寺駅だけです。
尚、東本願寺・西本願寺ではお堂に上がる際は土足厳禁ですので、脱ぎやすい靴をお勧めします。


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


★JR京都駅
・ラベル:01.スタート!
・出発:10:48
・案内
今回はJR京都駅からスタートです。まずはここから正面の烏丸通りを北上します。

 


★烏丸七条
・ラベル:02.烏丸七条
・到着:10:53
・案内
烏丸七条に出ると東本願寺の堀が見えます。入口はもうすぐなので、このまま北に進みます。

 


★東本願寺1
・ラベル:03.東本願寺に入る
・到着:10:56
・案内
今回の最初の目的地、東本願寺に到着です。なんとここでは無料のWi-Fiが使えます。

 


★東本願寺2
・ラベル:04.ただ今工事中
・到着:10:59
・案内
立派な御影堂門ですが、今は修復中で近づけませんでした。東本願寺では2016年2月末まで、大規模な改修工事が行われています。

 


★東本願寺3
・ラベル:05.トイレ発見
・到着:11:01
・案内
東本願寺境内にトイレを発見

 


★東本願寺4
・ラベル:06.御影堂
・到着:11:02
・案内
この御影堂はとても大きくて、面積では世界最大規模の木造建築だそうです。靴を脱いで階段を登ると、神聖な雰囲気を感じます。ちなみに障子の中は撮影禁止でした。。。

 


★東本願寺5
・ラベル:07.お土産買えます
・到着:11:16
・案内
この案内所では東本願寺関係する品々やお土産が色々と買えます。
(^^)v

 


★立ち並ぶ仏具店
・ラベル:08.立ち並ぶ仏具店
・到着:11:25
・案内
東本願寺を出て、烏丸七条まで戻って右折。西へ進みます。この辺りは場所柄か仏具店が沢山ありました。

 


★堀川通りへ出て
・ラベル:09.堀川通りへ出て
・到着:11:32
・案内
堀川通へでました。道路案内版の向こうに見えるのが西本願寺・・・ではありません。あれは別のお寺なんです。西本願寺はあすこからもう少し北です。

 


★西本願寺1
・ラベル:10.西本願寺に到着
・到着:11:36
・案内
西本願寺に到着して参拝します。御影堂門をくぐって右前方には国宝の阿弥陀堂があります。ここも大きいですね~。

 


★西本願寺2
・ラベル:11.阿弥陀堂門
・到着:11:41
・案内
境内を散策する前にちょっと寄り道して阿弥陀堂門を見学。豪華な門です。

 


★西本願寺3
・ラベル:12.阿弥陀堂
・到着:11:42
・案内
反対を向いて阿弥陀堂を見学します。ちなみに東本願寺と西本願寺では、御影堂と阿弥陀堂の配置が左右逆転してるのですね~。

 


★西本願寺4
・ラベル:13.阿弥陀堂に上がる
・到着:11:49
・案内
阿弥陀堂に上がると、そのまま渡り廊下を通って御影堂まで行くことが出来ます。板の間なので冬はちょっと足が冷たいですが、それだけに厳かな雰囲気を感じられます。(このの写真は御影堂です)

 


★西本願寺5
・ラベル:14.総合案内所
・到着:12:00
・案内
先ほど入ってきた御影堂門のすぐ隣には案内所があり、お茶を飲んで少し休憩する事もできます。ただ、ここではお土産…というものはほとんど置いてませんでした。

 


★西本願寺6
・ラベル:15.国宝 唐門
・到着:12:09
・案内
そのまま境内を散策して南側にある国宝唐門を見学。これも立派な門ですね

 


★公衆トイレ発見
・ラベル:16.公衆トイレ発見
・到着:12:20
・案内
西本願寺を出て堀川通りを南に下り、七条堀川の交差点を右折すると公衆トイレがありました。

 


★ここを左折
・ラベル:17.ここを左折
・到着:12:24
・案内
トイレを過ぎて真直ぐ西へ進み、大宮七条の交差点に出たら左折して南へ向かいます。とりあえず梅小路公園を目指せばOKです。

 


★梅小路公園1
・ラベル:18.JR高架をくぐって
・到着:12:29
・案内
このままず~と進むとJRの線路にたどり着きます。通れるのかな??? と思いますが大丈夫。JRが高架になっていてその下をくぐります。ちまみにこの写真を撮ったポイントのすぐ右手には京都水族館があります。

 


★梅小路公園2
・ラベル:19.公園のトイレ
・到着:12:30
・案内
梅小路公園を右手に見ながらさらに進むと、公園のトイレが見えてきます。
この公園は結構広くて木々が茂って森のようになっているところもあります。気候がよければここでお弁当なんてのもいいかも。

 


★階段を登る
・ラベル:20.階段を登る
・到着:12:34
・案内
JRの高架をくぐると目の前にちょっと急な階段が見えますので、注意して登ります。

 


★東寺1
・ラベル:21.東寺に到着
・到着:12:40
・案内
やっと東寺に到着です。(^^)v

 


★東寺2
・ラベル:22.東寺のトイレを発見
・到着:12:41
・案内
さっそくですが、東寺の境内でトイレを発見しました。

 


★東寺3
・ラベル:23.拝観券売場
・到着:12:43
・案内
東寺の五重塔などを見学する場合は、売店の横にあるこの窓口で拝観券を購入します。東寺には自由に入れますが、五重塔などがある場所は柵で囲まれているため、拝観券が必要になります。

 


★東寺4
・ラベル:24.ここで休憩
・到着:12:47
・案内
券を購入して柵の中に入ったところに簡単な喫茶店がありましたので、休憩してぜんざいをいただきました。屋内のテーブルもありますが、3つぐらいしかないので、場合によっては外で食べる事になります。

 


★東寺5
・ラベル:25.講堂
・到着:13:05
・案内
室町時代に建てられた重要文化財の講堂。内部には多数の仏様が安置されていて、その姿は圧巻です。

 


★東寺6
・ラベル:26.金堂
・到着:13:06
・案内
金堂は桃山時代に建てられた国宝です。こちらの内部には薬師如来像などが安置されています。

 


★東寺7
・ラベル:27.五重塔
・到着:13:12
・案内
五重塔です。内部は1階部分だけ見学できますが、壁画が素晴らしいです! もちろん長い年月を経てかなり傷んではいますが、その素晴らしさは現在でもはっきりと分かります。

 


★東寺8
・ラベル:28.ここにもトイレ
・到着:13:23
・案内
境内をうろうろしているとここにもトイレがありました。

 


★東寺9
・ラベル:29.灌頂院
・到着:13:39
・案内
柵を出て、今度は東寺の南西角にある灌頂院を見学。弘法大師が当時を建立される際に最初に構想した建物だとか。普段は非公開となっていますので、特別な時にだけ観る事ができます。

 


★近鉄東寺駅
・ラベル:30.ゴール!
・到着:14:08
・案内
東寺の南大門を出て真直ぐ東に進むと、近鉄東寺駅に到着。ここはコインロッカーもあります。

 


 

【感想】
今回は京都駅からすぐに行ける観光スポットを選んでみました。東西本願寺は本当に近くで拝観料も不要、しかも長い歴史を持っているので気軽に観光できます。東寺はやや遠いですが、徒歩が難しい方は近鉄を使えば一駅ですので簡単に行けます。こちらも歴史ある五重塔などスポットがいろいろですので、京都駅から行きやすい観光スポットです。

スポンサーリンク

 - 京都駅周辺 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

東福寺の通天橋
第10回ログ・東福寺から泉涌寺のコース

●訪問日:2015年11月21日 ●時間 ・スタート:11時35分 ・ゴール:1 …

養源院
第35回観光ログ・三十三間堂から智積院、東福寺と伏見稲荷

●訪問日:2016年10月15日 ●今回の訪問地 今回は血天井と杉戸絵で有名な養 …

京都駅大階段
京都駅と京都タワーを巡るコース_№84

京都駅探訪概要 今回は1番手軽な観光、京都駅と京都タワーを巡ってみました。どちら …

角屋
第46回観光ログ・京都駅から梅小路公園・島原を巡るコース

●訪問日:2017年3月19日 ●今回の訪問地 今回は京都駅からお散歩気分で行け …

市比賣神社の姫だるま
第33回観光ログ・渉成園と市比賣神社のコース

●訪問日:2016年 9月22日 ●今回の訪問地 今回は京都駅から短時間で回れる …