明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

第14回観光ログ_二条城から八木邸・壬生寺

      2018/05/19

●訪問日:2016年01月11日

●時間
・スタート:11時10分
・ゴール:14時16分
・所要時間:3時間06分

スポンサーリンク


二条城滞在時間:約1時間14分
・二条城収蔵庫滞在時間:約7分
神泉苑滞在時間:約8分
武信稲荷神社滞在時間:約5分
京都鶴屋(1回目)滞在時間:約10分
八木邸滞在時間:約24分
京都鶴屋(2回目)滞在時間:約5分
壬生寺滞在時間:約16分

●距離
約7.3キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
・二条城 多数
・壬生寺 1カ所
・コインロッカー 地下鉄二条城前に1カ所

●費用
二条城拝観料       \600円
二条城収蔵庫拝観料    \100円
京都鶴屋和菓子(2個)  \637円
八木邸拝観料      \1,000円
壬生塚拝観料       \100円
壬生歴史資料館      \200円
——————————–
合計          \2,637円

●高度
高度変化
高度としては珍しく(?)正確なグラフとなっています。今回もほとんで高低差はありませんでしたので、グラフもほぼ平坦になっています。スタート後、1時間ちょっとのところで大きく降下していますが、これは二条城の収蔵館に入っていたため、衛星の電波が届かずに誤差が生じたためです。

●コース概要
【距離】
今回は全体で7キロちょっとのコースでしたが、感覚的にはそれほど歩いたような気はしませんでした。また、二条城から武信稲荷神社を通って八木邸に至る今回のコースは、細道も多くて分かりづらいコースでもありますが、その分近道で移動距離は少なくて済みます。
分かりやすいコースを選ばれる場合は、武信稲荷神社を出て一旦堀川通に出て南下し、四条大宮を通り過ぎて、四条通に沿って西に進み、八木邸に至るコースとなります。

【道路状態】
二条城周辺は大通りで車の交通量も多いですが、歩道もあるので歩きやすいです。一方で神泉苑から八木邸、壬生寺までは道幅の狭い道路を通ります。車の往来は少ないですが、歩道は白線一本で仕切られているだけですので、実際に歩く際には注意して下さい。
ゴールの四条大宮付近は二条城付近と同じで車の往来は激しいですが、こちらも車道と歩道がしっかり分かれてますので、交差点以外は安全です。

【店舗】
今回も 街中のコースですので、一般的な飲食店はすぐに見つけられます。しかしお土産店となると限られてまして、二条城内の休憩所兼売店で買うか、八木邸横の和菓子屋で少しあるぐらいです。

【設備】
コインロッカーは 二条城前駅と、二条城内にありました。ただ二条城は順路に沿って歩くと、コインロッカーは8割がた観光した後にたどり着く事になりますので、城に入るとすぐ係員 の方の了解をもらって逆に進み、先に荷物を預けた方がよいでしょう。
トイレについて、二条城内には幾つもありますので特に不便に感じる事はないと思います。その後の行程では公衆トイレは見つけられませんでしたので、壬生寺まではありませんでした。
恐らく八木邸でもお願いすれば借りられるとは思いますが。。。


この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


★地下鉄二条城前駅
・ラベル:01.スタート!
・出発:11:10
・案内
今回はここ、地下鉄二条城前駅からスタートです。

 


★二条城1
・ラベル:02.拝観券売場
・到着:11:12
・案内
ここで拝観券を買って、中に入ります。入口は残念ながら工事中でしたが、さらに進んで立派な門をくぐれば二の丸御殿へはすぐ。もちろん土足はダメです。中では大政奉還した部屋などがみられますので、絶対にここは入るべきでしょう。
(^○^)(残念ながら中は撮影禁止でした)

 


★二条城2
・ラベル:03.二の丸庭園入口
・到着:11:42
・案内
二の丸庭園をみます。桃山時代末期から江戸初期にかけてつくられて庭園らしく、それは見事で広くて綺麗ですよ~。

 


★二条城3
・ラベル:04.本丸庭園へ
・到着:11:50
・案内
ここを渡って本丸に進みます。

 


★二条城4
・ラベル:05.天守閣跡に登る
・到着:11:55
・案内
以前は二条城にも天守閣があったそうで、元は1626年に伏見城から移築されたそうです。しかし1750年に落雷により焼失して今はその跡だけ。階段を登ると景色が良くて、振り返ると本丸庭園も見渡せます。

 


★二条城5
・ラベル:06.本丸御殿
・到着:12:01
・案内
本丸御殿は拝観不可だった。ここも見たいのに何でだろう???

 


★二条城6
・ラベル:07.二条城喫茶店
・到着:12:08
・案内
本丸庭園を出て、歩いていくと喫茶店を発見。入ろうかと考えたけど、スタートして間もないので、ここはパス。

 


★二条城7
・ラベル:08.清流園
・到着:12:09
・案内
二条城の北側にある清流園。今は冬で芝生も茶色だけど、春や夏は綺麗なんだろな…。ちなみにこの清流園。昭和45年に完成したそうで、意外に新しい。

 


★二条城8
・ラベル:09.休憩所兼売店
・到着:12:13
・案内
休息所兼売店を発見。プレハブでそれほど大きくはないけど、二条城の中でこんな場所はここだけだと思う。この中には数は少ないがコインロッカーもあったけど…。どうせ設置するなら入口付近にした方がいいのではないかな?

 


★二条城9
・ラベル:10.展示・収蔵館
・到着:12:16
・案内
二条城の収蔵館。二の丸御殿の襖絵などは一部がここで展示されていました。それほど大きくはないのですぐに観られますが、土足厳禁なので靴を脱ぐのがちょっと面倒。

 


★神泉苑1
・ラベル:11.神泉苑に入る
・到着:12:33
・案内
二条城を出て、南にある神泉苑にやって来ました。見た目は平八茶屋というお店だけど、一般の人が参拝の為に入る事も出来ます。昔はもっと大きな池があったらしいけど、今ではこじんまりとした規模になってしまったそうです。たしか平家物語にも出てきてたような。。。

 


★神泉苑2
・ラベル:12.この橋を渡って
・到着:12:35
・案内
神泉苑の中央にある赤い橋。ここを渡ってお詣りします。表示してある順路にそって巡ると、意外に多くの社がある事に気づきました。

 


★神泉苑3
・ラベル:13.神泉苑南出入口
・到着:12:41
・案内
神泉苑の南側からみた写真。立派な鳥居があってこちらからの方が入りやすいでしょうね。店の前を通らなくて済みますし。(笑)

 


★三条通りに出て
・ラベル:14.三条通りに出て
・到着:12:47
・案内
この三条通商店街はアーケードがあるのですぐわかります。ちょっと昭和チックな通りです。

 


★これが目印
・ラベル:15.これが目印
・到着:12:48
・案内
この「武信稲荷神社」と吊るされた表示があれば、その下の道を左折します。分かりやすい目印だ。(笑)

 


★武信稲荷神社
・ラベル:16.武信稲荷神社
・到着:12:50
・案内
ここはその昔、坂本龍馬がその恋人である“おりょう”に、密かに自分の安全を知らせた場所だそうです。いまでもそれらしい絵馬がありました。

 


★これが近道
・ラベル:17.これが近道
・到着:12:56
・案内
次に新撰組の八木邸に向かいますが、この細い道を通ります。大きな道を通ると遠回りになってしまうのでこの道ですが、間違えないようしないと。。。

 


★この道を南へ
・ラベル:18.この道を南へ
・到着:13:00
・案内
先ほどの道をまっすぐ進むと、斜めに交差する御院通にでます。それを渡って真南に進む道に入ると、こんな通りになります。

 


★八木邸1
・ラベル:19.新撰組の八木邸
・到着:13:08
・案内
これが新撰組が最初に駐屯した八木邸。そのとなりに和菓子屋があって、そこで拝観券を変えます。私は先に休憩がてら、別途お菓子を買って食べたのですが、それがどら焼き風のお菓子と花びら餅というお菓子で旨かったです。でも、あとから店の人に「拝観券を買えば、小さなお饅頭とお茶がついてきますよ」と言われました。えっ、そうだったの…。(笑)

 


★八木邸2
・ラベル:20.八木邸入口
・到着:13:42
・案内
ここが八木邸。新撰組は当初ここにいたそうです。八木邸ではガイドさんが常駐していて色々と説明してくれます。それによるとあの芹沢鴨の暗殺現場もここで、文机や柱には刀傷が残っていました。撮影禁止なのが残念です…。
そして八木邸を見学した後、お菓子とお茶をいただきました。

 


★壬生寺1
・ラベル:21.壬生寺
・到着:13:51
・案内
八木邸からすぐのところに壬生寺がありました。新撰組はここで剣術の練習をおこなったそうです。また京都でも有名な壬生狂言はここで行われるそうです。

 


★壬生寺2
・ラベル:22.壬生塚
・到着:13:52
・案内
近藤勇の胸像や芹沢鴨らの墓塔竿石などがあります。こじんまりとしているので、すぐに観られますよ。

 


★壬生寺3
・ラベル:23.大念仏堂
・到着:14:06
・案内
ここで狂言をするんだな…。

 


★嵐電四条大宮駅
・ラベル:24.ゴール!
・到着:14:16
・案内
壬生寺を出てから北に進むと四条通に出ます。それから真直ぐ進むとゴールの嵐電四条大宮駅です。お疲れ様でした!

 


 

今回は二条城と壬生のコースでした。やっぱり二条城は幕末の中で大政奉還を行った場所というので、人気があるようです。今回は冬の為見られませんでしたが、春・夏・秋にはそれぞれの木々が葉をつけてそれはそれは綺麗…なんだと思います。
壬生の八木邸は二条城ほど有名ではないかもしれませんが、ここも是非行っておきたいポイントです。ちなみにこの八木邸では、今も実際に離れで生活されてるそうです。

スポンサーリンク

 - 洛中 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

あしつけ神事
年に一度のあしつけ神事!下鴨神社みたらし祭_№81

下鴨神社訪問概要 今回は下鴨神社に行ってきました。既に何度も行っていますが、今回 …

池田屋
第39回観光ログ・池田屋襲撃コースと幕末の石碑を巡るコース

●訪問日:2016年 12月 17日 ●今回の訪問地 今回は新選組が池田屋を襲撃 …

長刀鉾
第55回ログ・祇園祭宵々山(前祭編)

●訪問日:2017年7月15日 ●今回の訪問地 今回は祇園祭です。その中でも前祭 …

角屋
第46回観光ログ・京都駅から梅小路公園・島原を巡るコース

●訪問日:2017年3月19日 ●今回の訪問地 今回は京都駅からお散歩気分で行け …

御土居
残された御土居が龍の背中に見えたコース(第71回ログ)

今回は京都に残る御土居(京都を守るために秀吉が築いた防壁)を散策してみました。堀 …

旧三井家下鴨別邸
旧三井家下鴨別邸見学記!女性守護の河合神社も参拝(第75回ログ)

●今回の訪問地 今回の訪問地は旧三井家別邸と下鴨神社です。旧三井家別邸は三井財閥 …

下鴨神社
第11回ログ・下鴨神社から京都御苑のコース

●訪問日:2015年11月29日 ●時間 ・スタート:11時26分 ・ゴール:1 …

晴明神社
第13回ログ・晴明神社から千本釈迦堂のコース

●訪問日:2016年01月03日 ●時間 ・スタート:11時34分 ・ゴール:1 …

外濠跡
幻の城、聚楽第を巡る(第72回ログ)

今回は僅か8年で棄却された幻の城、聚楽第址を訪ねてみました。秀吉によって建てられ …

紫宸殿
第44回観光ログ・京都御所と相国寺、維新の跡をたどるコース

●訪問日:2017年02月18日 ●今回の訪問地 今回は京都御苑の南からスタート …