明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

意外と人気!亀岡花火大会2018の観覧記録_№82

   

花火大会概要

今回はJR亀岡駅のすぐそばで開催された亀岡平和祭保津川市民花火大会(以下 亀岡花火大会)に行った記録です。大きな花火が連続してバンバン打ち上げられる様子は、観ていて日本の夏を思い起こさせてくれました。

スポンサーリンク


この花火大会。全国の有名な花火大会に比べると規模も小さくマイナーなイメージがしますが、結構人気の花火大会のようです。ネットで見ると行きたい・観たい花火大会のランキング上位にも入っています。
そんな花火大会ですが、帰りの最寄駅はJR亀岡駅のみ。しかも観覧席から駅までは橋を渡らなければならないのですが、その橋は一つしか無くて混雑が。。。
これは綺麗な打ち上げ花火と、その帰りに苦労した記録です。

●訪問日:2018年 08月11日

行って観て帰ったコース

この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

スタート地点

・ラベル:01.JR亀岡駅

・出発:17:33

・案内

JR亀岡駅

JR亀岡駅

今回はこのJR亀岡駅からスタートです。警備員の誘導にしたがい、みんな川の方へ歩いて行きます。

川への道1

・ラベル:02.ここで左折して

・到着:17:39

・案内

左の横断歩道を渡る

左の横断歩道を渡る

ここまで来たら道なりに左へ曲がり、左手にある横断歩道を渡ります。
西へは行けない

西へは行けない

西方向は花火の打ち上げの関係上(?)行けません。観覧禁止になっていました。

川への道2

・ラベル:03.川に到着

・到着:17:41

・案内

南の岸

南の岸

川の南側の到着。すでに多数の方が来ておられました。私もここで見ようかと思いましたが…。
ここからの風景

ここからの風景

ここからはよく対岸が見えるので良いように思えました。しかし近くにいた係員の話では…。
花火の打ち上げ方向

花火の打ち上げ方向

花火はこの先から打ち上げられるそうです。木とか邪魔になる場合もあるという事なので、ここは断念。。。
(T_T)

対岸へ1

・ラベル:04.この坂を上る

・到着:17:46

・案内

先ずはこの坂を上る

先ずはこの坂を上る

対岸へ行く事にしましたが、それにはまずこの坂を上り、先の丁字路で左折します。そこから先が橋なんですね。

対岸へ2

・ラベル:05.橋を渡る

・到着:17:48

・案内

こちらの歩道のみ通路

こちらの歩道のみ通路

橋を渡って対岸へ向かいます。こちら側、橋の右側の歩道だけが通路となっています。反対側の歩道は歩けません!
観覧席

観覧席

反対側の歩道は有料観覧席となっていました。尚、有料観覧席の入口は、この歩道の橋の駅側にしかありません。渡り切ってしまうと入れないので、「ここから観るぞ!」という方は、駅側の入口から入って下さい。

対岸へ3

・ラベル:06.対岸へ到着

・到着:17:54

・案内

ここで横断

ここで横断

対岸へ到着しました。警備員の誘導でここで道路を横断しいます。そして橋の西側へ…。
屋台広場

屋台広場

橋のすぐ西側は屋台広場になっていました。そして良い場所は既にとられていて、カメラの三脚が設置されてました。もっと早く来ればよかったのかな~。
(^^;

屋台広場1

・ラベル:07.屋台広場へ

・到着:17:58

・案内

このスロープを下りる

このスロープを下りる

ここから屋台広場へ行く事が出来ます。それにしても沢山の人人人…!!
(@_@)
お店も沢山

お店も沢山

屋台は全部で数十軒はあると思います。食べ物には困りませんね~。(笑)
肉巻きおにぎり

肉巻きおにぎり

私も肉巻きおにぎりを2つ。1つ500円でした…。
(^^;

屋台広場2

・ラベル:08.有料観覧席入口

・到着:18:15

・案内

ここが入口

ここが入口

ここは大堰川緑地東公園の東側にある有料席入口。ここでは椅子があるようですが、三脚は立てられないようで却下…。

河川敷散策1

・ラベル:09.堤防沿いに西へ

・到着:18:40

・案内

場所とりの人々

場所とりの人々

もっと自由にカメラを設置できる場所はないか、と堤防沿いに場所を探してさまよいます。
左のグラウンドはまた別の有料観覧エリアなので、勝手には入れません。。。

河川敷散策2

・ラベル:10.公園に到着

・到着:18:41

・案内

近くの公園

近くの公園

しばらく歩いて公園に到着。少し離れているけどここならいいかな???
樹々が茂って…

樹々が茂って…

いいかな~と思ったけど、結構樹々が茂っているのでちょっと無理。
結局少し戻って有料観覧エリアから見る事にしました。

た~まや~!1

・ラベル:11.ここで観ます!

・到着:18:51

・案内

有料エリア

有料エリア

すこし戻ると有料エリアへの入口があります。(先ほど写真を載せたのとは別です)そこでお金を払ってブラブラ歩いてここまで来ました。
椅子は無いけど自由に三脚を建てられます!
バンド

バンド

これが有料観覧エリアに入れる証のバンド。これをしてなければ入れません!
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

た~まや~!2

・ラベル:12.花火フォト1

・到着:19:43

・案内

打ち上げ花火

打ち上げ花火!

ここに掲載するのは実際に撮影した写真です
打ち上げ花火

双子の花火

良く撮れた…と思うものを選んでみました。
打ち上げ花火

まさに花のよう

この日は少し風があったので、花火がちょっと風に流されます。。。
打ち上げ花火

すこし小さく

花火が上がる場所はあちこちなので、それに合わせてカメラのレンズを微調整するのが大変。。。
打ち上げ花火

大輪の花

時には花火の明かりで周囲が明るくなります!

た~まや~!3

・ラベル:13.花火フォト2

・到着:20:24

・案内

打ち上げ花火

大輪の花

いくつも大きな花火が続けて打ちあがります!
!(^^)!
左右対称

左右対称

時には左右対称で打ちあがります…でも、風の影響もあるな~。(笑)
時には小さく

時には小さく

時にはこんな感じで小さめの花火も上がります…。
乱舞

乱舞

小さい花火が乱舞するような感じで…。
(^.^)
大きく小さく

大きく小さく

最近の花火は大きく打ちあがった後、ちいさい花火がまた炸裂するんですね~。

並河駅への道1

・ラベル:14.会場を後にして

・到着:20:57

・案内

並河駅への道

並河駅への道

花火が終わった後、帰路を考えてみました。普通であればここから来た道を戻って亀岡駅に向かうのが一番近いのですが、花火を観ていた沢山の人が一斉に向かう事になります。橋を渡って駅に入って…と考えると、相当時間がかかりそうです。
一方でここから亀岡駅の次の並河駅へは歩いておよそ45分。通常の亀岡駅までの所要時間の約3倍です。そこでいろいろ考えた結果、亀岡駅方面は混雑すると考えて、このまま並河駅へ向かう事にしました。
写真は歩き始めたところです。左は河川敷で右は住宅地です。

並河駅への道2

・ラベル:15.左折して…

・到着:21:01

・案内

畑の中の道

畑の中の道

暫く歩いて左折すると、もう人家はなくて畑の中の道…。昼間ならそれなりに良い風景かもしれませんが、夜は真暗です。。。(@_@)

並河駅への道3

・ラベル:16.小さな川を渡る

・到着:21:10

・案内

小さな川を渡る

小さな川を渡る

かなり歩いて今度は橋に遭遇。これが桂川…と思ったら大間違いで、小さな川でした。
(^^;
橋を渡る

橋を渡る

一休さんではないけど、この橋は端を歩かないと危険です。( ̄▽ ̄)

並河駅への道4

・ラベル:17.大きな橋

・到着:21:16

・案内

今度は桂川

今度は桂川

また橋に行き当たりましたが、今度はホントに桂川です。なので大きい橋。気を付けて渡ろう…。
歩道あります

歩道あります

ブレてますが、歩道も一応あります。
(^^;

並河駅への道5

・ラベル:18.ここで右折

・到着:21:22

・案内

橋を渡り切って

橋を渡り切って

橋を渡り切ったらここで右折。ちょっと分かりにくい場所なので気を付けて~!

並河駅への道6

・ラベル:19.今度は左折

・到着:21:24

・案内

この道を曲がる

この道を曲がる

暫く歩くと丁字路にでます。ここで目の前の府道402号を左に曲がって、またひたすら歩き続けます。。。
正直、このあたりになると結構疲れてます。並河駅行を選んだこともちょっと後悔したりして…。
(^^;

並河駅への道7

・ラベル:20.踏切を渡る

・到着:21:28

・案内

線路を越えて

線路を越えて

ここではJR山陰線の踏切がありますので、これを越えて進んで行きます。こののあたりも暗いですよ~。
(>_<)

並河駅への道8

・ラベル:21.また橋を渡る

・到着:21:28

・案内

JRと並走の橋

JRと並走の橋

今度はJRと並走している橋を渡ります。ここは歩道が狭いんですよね。ちょっと危険です。。。

並河駅への道9

・ラベル:22.踏切を渡らず

・到着:21:36

・案内

今度は渡らない

今度は渡らない

また踏切になりますが、今度は渡りません。その右手にある道を進みます。
ここを進む

ここを進む

これです! ちょっと分かりにくいですが、JRのすぐ横にある道を歩きます。因みにですが、ここには本来新幹線やディーゼルカーの実物大展示があります。
展示車両

展示車両

これですね! 中には入れませんが、外見だけ(それも新幹線は先頭部分だけ)を見る事が出来ます。
そして地下道をくぐる

そして地下道をくぐる

少し歩くと地下道がありますので、これを下りて線路の下をくぐります。

ゴール

・ラベル:23.並河駅

・到着:21:39

・案内

並河駅に到着

並河駅に到着

そして地上に出ると…並河駅に到着です。正直、疲れました。でもこの後に来た列車に乗って亀岡駅に行くと、まだ沢山の人がホームにあふれてました。そして駅の外にもまだ結構な人がいたようです。
大人であればこんなルートもありかな、なんて思いました。!(^^)!
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

このようなログの作成については「★旅を記録する方法」をご覧ください

花火大会の時間と移動距離

●時間
・スタート:17 時 32分
・ゴール: 21時39分
・所要時間: 3時間 53分
—————————————
JR亀岡駅
↓ (約8分)
川に到着
↓ (約13分)
対岸に到着
↓ (約4分)
屋台広場へ 滞在時間:約37分
↓ (約6分)
公園に到着
↓ (約10分)
ここで観ます! 滞在時間:約2時間花火観賞
↓ (約19分)
大きな橋(桂川を渡る)
↓ (約23分)
並河駅に到着

●距離
JR亀岡駅から花火観賞場所まで→約3.2キロ
花火観賞場所からJR並河駅まで→約4.4キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
亀岡駅
並河駅
有料観覧席

●費用
・肉巻きおにぎり        \1,000円
・有料観覧券           \500円
—————————————–
合計              \1,500円

道路状態と感想等

【JR亀岡駅から花火大会会場までの標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

【花火大会会場からJR並河駅までの標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。

【コース状態】
コースはほとんど舗装された歩きやすい道です。アップダウンも橋の付近を除いてほとんどありません。ただ帰りの道(並河駅への道)は歩道が無い道が続きますので、車の往来には注意です。あとお店は駅付近、屋台広場以外は皆無に近い状態です。必要なものはあらかじめ買っておかないと大変な事になります。
(T-T)
あと花火終了後の帰りですが、有料観覧エリア(グランド)から一般道への出入りは、出入口を通らなければなりません。有料観覧席から堤防を上がって直接道路へ出るのは禁止されています。今回ロガーのスイッチを入れ忘れたため、ログではいきなり道路へ出たような形になっていますが、ちゃんと出口から出ています。(^^;


【感想】
花火はやっぱり綺麗でした!どでかい音と頭上で輝く光…。見に行って本当に良かったです。ただ写真撮影をメインで行くなら、もう少し離れた場所でも良かったかな〜た思います。
今回、画面に収まり切らずにカメラの向きを変えた事が何度かありました。

また帰りのルートは迷いました。JR亀岡駅に向かうかJR並河駅に行くか…。Googleで調べると有料観覧エリアからJR亀岡駅までは徒歩で15分。一方並河駅までは徒歩45分となっていました。通常であれば亀岡駅に向かうのですが、数万人の観客が一度に亀岡駅に向かうとなるとかなりの混雑が予想されます。それで今回は並河駅経由で帰る事にしました。駅について列車を20分ぐらい待ちましたが、それでも亀岡駅では大勢の人が乗ってきました。また車窓からは駅に入れないのか駅前で待っている人もおられました。。。
結果としてどちらが良かったのか判断するのは難しいですが、こういう帰り方もあるという事で参考にしてもらえればうれしいです。
(^^ゞ

スポンサーリンク

 - 亀岡 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

関連記事はありませんでした