明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

淀君の故郷?淀城跡を散策するコース_№79

      2018/07/22

訪問地概要

今回は淀君で有名な淀城跡を歩いてみました。淀城は「名前はよく聞くけど実際にどこにあるのかよく知らない」という方が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク


実は私もよく知らないので行ってみましたが、なんとビックリ!
今残っている淀城跡は淀君とは関係なかったんです。そんなこんなで驚きのコースとなりました。

●訪問日:2018年 06月30日

淀城跡散策コース詳細

この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

スタート地点

・ラベル:01.京阪淀駅

・出発:12:10

・案内

京阪淀駅

今回はここから

今回はここ、京阪淀駅からスタートですが…。

淀駅前

目的地へ

目的地の淀城跡はここから歩いてすぐなんですね。
(^^;

駅前モニュメント

駅前モニュメント

駅前には大きな水車のモニュメントがあります。もともと淀城には大きな水車があって、灌漑のために役立っていたそうです。

淀川渡場

・ラベル:02.淀川渡場

・到着:12:13

・案内

渡場の碑

渡場の碑

ここら辺りに渡場があったようですね。昭和三年に三宅安兵衛さんによってこの碑が建てられたようですが…詳しい事は分かりません…。(^^;

淀城跡1

・ラベル:03.淀城跡到着

・到着:12:16

・案内

淀城跡に到着

淀城跡に到着

歩いてすぐの所に淀城跡がありまして、さっそく到着です。
( ̄▽ ̄)

当時の城

当時の城

すぐそばに当時の城の様子がありました。これを見るとかなり堀を巡らせた城のようです。
ところで一般的に有名な淀君の淀城はここではないそうです。もう少し離れた場所にあったとか。
ここに来るまで知りませんでした。(@_@)

淀城跡2

・ラベル:04.唐人雁木跡

・到着:12:18

・案内

唐人雁木跡

昔の港?

「唐人雁木跡」という碑がありました。江戸時代に朝鮮からやって来た朝鮮通信使が、舟から降り立つ場所だったそうです。
ただ今と昔では川筋が変わっているので、実際の場所はここからすこし離れた所だそうです。

淀城跡3

・ラベル:05.城の石垣

・到着:12:19

・案内

今も残る石垣

今も残る石垣

城の建物はもうありませんが、石垣はこのように残っています。ただ一部は立入が制限されていました。やはり崩れる危険もあるんでしょうかね…。

淀城跡4

・ラベル:06.石垣の上へ

・到着:12:21

・案内

石垣の上へ

ここから上る

石垣の上には今でもここから上る事が出来ます。

石垣の上

石垣の上

これが石垣の上です。高い場所にあるので結構見晴らしはいいですね~。昔はこの石垣に沿って建物があったのでしょうけど、今はもうありません。
石垣の上を歩く遊歩道が続いています。

内部は公園

内部は公園

城の内部は今ではもう公園になっていました。ここで遊んでいる子供たちは、昔ここがお城だったなんて知らないんでしょうね。。。

堀を望む

堀を望む

石垣の上からみた堀です。思っていたより幅がありますね。ただ…水は濁っています。昔は川の水を取り入れて、もっと綺麗だったのかな???

淀城跡5

・ラベル:07.残された石

・到着:12:25

・案内

かつて使った石?

かつて使った石?

散策していると大きな石が転がっていました。これはかつて何かに使われていた石なのかも。
礎石とかに使われていたのかな???

淀城跡6

・ラベル:08.明治天皇

・到着:12:28

・案内

明治天皇の碑

明治天皇の碑

石垣を歩いて行くと明治天皇と書かれた碑がありました。かつてここに行幸されたのでしょうか…。

淀城跡7

・ラベル:09.淀城のトイレ

・到着:12:29

・案内

淀城のトイレ

トイレがあります

淀城跡にトイレもありました。もちろんこれは現代のトイレ…。
(^^;

淀城跡8

・ラベル:10.ここは入れせんが

・到着:12:37

・案内

進入禁止

進入禁止

最初の場所に戻ってきて…ここは以前は入れたようですが、今は門に鍵が掛けられて入れません。。。

迂回して入れます

迂回して入れます

でも、最初に上った石垣の上を通り迂回すれば入る事は出来ます。何もありませんが…。

予杼神社到着

・ラベル:11.予杼神社前

・到着:12:41

・案内

予杼神社に到着

予杼神社に到着

淀城跡を後にして予杼神社に到着…と言っても隣同士なので、すぐそばなんですね。(笑)
ちなみにここの神様は桂川の水上運輸の神様だそうです。

茅の輪

茅の輪

この時は6月末だったので茅の輪がありました。無病息災を願い、私も作法に則りくぐりました。。。

拝殿

拝殿

予杼神社の拝殿です。地図をみていただければ分かりますが、淀城跡のほんのすぐそばです。

水車址1

・ラベル:12.商店街を行きます

・到着:12:47

・案内

淀本町商店街を抜けます

この道を進みます

淀にあった水車というのは昔から有名だそうですが、その水車址を目指して行く事にしました。

水車址2

・ラベル:13.ここを左折

・到着:12:49

・案内

左折します

左折します

少し行き過ぎてしまって戻りました…。
(^^;
ここで曲がってこの道を進んで行きます。

水車址3

・ラベル:14.大通り

・到着:12:52

・案内

公園の端になります

公園の端になります

大きな通りに出ます。ここは先ほど散策した淀城跡の公園の入口でもあります。トイレのすぐそばなんです。
水車の石碑はこの通りを渡ってすぐです。
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

水車址4

・ラベル:15.水車址の碑

・到着:12:52

・案内

道路のすぐそば

道路のすぐそば

通りのすぐそばに水車址の石碑がありました。車の往来も激しいので要注意です…。

碑の裏側

碑の裏側

石碑の裏側を見ると…昭和三年、三宅安兵衛さんによって建てられています。あの渡場跡の碑を建てた方ですね~。

今度はこの道を

今度はこの道を

次の目的地に向かってこの通りを北西に進んで行きます。

唐人雁木跡1

・ラベル:16.この交差点を左折

・到着:12:58

・案内

納所交差点

左へ

ここまで来たら、左折して写真左下に少し見えてる横断歩道の道に入って行きます

納所

この道

この道を行きます。ちなみにこの場所は納所というそうです。昔ここでいろいろと納め物をしたそうで…。(笑)

唐人雁木跡2

・ラベル:17.唐人雁木跡

・到着:13:01

・案内

雁木跡石碑

雁木跡石碑

ここに唐人雁木跡石碑がありました。先ほど淀城跡の石碑の説明では「実際の場所はもう少し離れた所」とありましたが、ここなんですね。

更に進む

更に進む

更に次の目的地を目指してこの道を進んで行きます。

桂川の河原1

・ラベル:18.ここから河原へ

・到着:13:06

・案内

ここから河原へ

ここから河原へ

ここでちょっと寄り道。この辺りは川幅も広くなっているので、河原を覗いてみたくなりまして…。
ここから土手を上がり河原へ出ました。

桂川の河原2

・ラベル:19.河原風景

・到着:13:07

・案内

桂川の河原

桂川の河原

土手に上がってみると…広々とした河原の風景でした。雲も遠くまで見えて、良い所ですね。。。
本編には全く関係ないけど…。(^^;

教妙寺1

・ラベル:20.曲がるポイント

・到着:13:11

・案内

教妙寺への道

教妙寺への道

次の目的地は教妙寺というお寺です。この寺には淀君で有名な古淀城跡の碑があるそうですが…。
そこに行くためにはここで曲がります。

教妙寺2

・ラベル:21.教妙寺到着

・到着:13:11

・案内

教妙寺門前

門前に到着

教妙寺に到着です。少し奥まった所にあるので分かりにくかったです。。。

教妙寺境内

教妙寺境内

これが境内です。決してそれほど広くはありませんが、お寺の歴史を感じさせる建物です。

石碑

石碑

これがその石碑。ここが淀君の淀城であった事と、戊辰戦争の時に受けた砲弾の傷がある事を示しています。
しかし…いくら探しても砲弾あとは見つけられませんでした。探し方が悪かったのかな?

トイレ発見

トイレ発見

砲弾あとは見つけられませんでしたが、トイレは見つかりました。

薬師堂跡1

・ラベル:22.この細道を進む

・到着:13:24

・案内

この細道

この細道

妙教寺を後にして次は古淀城の薬師堂跡の碑を目指します。そのためにはこの細い道を進んでいきますが…分かりますか?
ペットボトルのカーテンの家と、ガレージの間にある細い道を進んで行きます。

薬師堂跡2

・ラベル:23.ここで左折

・到着:13:27

・案内

この大通りを左折

この大通りを左折

暫くしてこの大通りでたら、左折します。

そして真っ直ぐ

そして真っ直ぐ

左折したら後は道なりに真っ直ぐ進んで行きます。。。
この日は暑くてたまりませんでしたが、ここに来てやっと自販機を見つける事が出来ました。
このあたい、意外に店は少ないですね。。。(^^;

薬師堂跡3

・ラベル:24.薬師堂跡に到着

・到着:13:31

・案内

薬師堂跡…。

薬師堂跡…。

ここで薬師堂跡に到着ですが…。
なんとなく変ですよね。この雰囲気。場所的には間違いないのですが、これはちょっと…。

薬師堂跡

よろずや?

実はここ、畳屋さんなんです。ただあまりにも多くのオブジェがあるので、肝心の石碑をつい見過ごしてしまいそうです。まぁこれはこれで面白そうなのですが、淀城とはあまり関係ないようです。。。

淀小橋址

・ラベル:25.淀小橋址

・到着:13:37

・案内

この階段を上がる

この階段を上がる

薬師堂跡の次は淀小橋址を目指します。
先ほどの石碑からすこしもと来た方向に戻って、この階段を上がります

淀小橋旧阯

淀小橋旧阯

ここがかつて淀小橋という橋があった所です。単なる橋ですが、当時は京都・伏見と大阪とを結ぶ重要な橋だったとか。。。明治36年に川の流れが変更されると橋も撤去されたそうです。

駅に向かって

駅に向かって

この後はゴールの駅へ帰ります。
まずここから南東方向に向かいますので、この写真の中央の道を進んで行きます。

淀駅へ1

・ラベル:26.橋を渡って

・到着:13:41

・案内

このまま直進

このまま直進

次第に道が細くなり、こんな小さな橋が出て来ますが…このまま進みます。これが駅への近道なんですね。多分…。
(^^;

淀駅へ2

・ラベル:27.淀小橋増築の碑

・到着:13:43

・案内

増築…。

増築…。

駅前にあるこの碑。これは淀小橋増築の碑だそうですが…詳しい事は今一つよく分かりませんン。。。

淀駅へ3

・ラベル:28.淀駅到着

・到着:13:45

・案内

京阪淀駅

京阪淀駅

京阪淀駅に到着。最初のスタートとは入口が少し違いますが、ここも淀駅です。
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

このようなログの作成については「★旅を記録する方法」をご覧ください

コースの時間と距離

●時間
・スタート:12時09分
・ゴール:13時45分
・所要時間:1時間36分
—————————————
京阪淀駅
↓ (約5分)
淀城跡到着 滞在時間:約25分
↓ (約0分)
予杼神社滞在時間:約5分
↓ (約6分)
水車址の碑
↓ (約9分)

唐人雁木跡到着
↓ (約10分)

教妙寺滞在時間:約10分
↓ (約10分)

薬師堂跡到着
↓ (約6分)
淀小橋阯
↓ (約8分)
淀駅到着

●距離
約 3.8キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
淀城跡
教妙寺(たぶん…)

●費用
・0円

淀城跡コースの状態と高低差

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。

【ルート状態】
コースはほとんど舗装された道で歩きやすいです。ただ車の交通量が多い場所もあるので、その点は要注意です。
店に関しては所々にありますが、土産物店は全くありませんでした。淀城跡は観光名所というより、地域の公園といった感じですね。それ以外は石碑ばかりで残念ながら当時の遺構などは残っていませんでした。
高低差については最大でも5mぐらいしかありませんし、会談も石垣を上る時以外にはほとんどありません…。
全体としてはちょっと距離がありますが、まぁ楽なコーすですね。


【感想】
当時は水に恵まれた大きな城だったと思いますが、今では石垣と堀の一部を残すのみでした。しかもこれは江戸時代に建てられた城で、淀君の城は石碑を残すのみで、今はもうほとんど面影がありません。とても残念でした。

ただ当時からこの地域がいかに水資源に恵まれていたかというのは、歩いてみてよく分かりました。歴史って面白いですね〜。

スポンサーリンク

 - 洛西, 淀・巨椋池方面 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

地蔵院
第62回ログ・知る人ぞ知る、竹林の穴場スポットを訪ねるコース

●訪問日:2017年10月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐電嵐山駅から松尾大社を …

松尾大社鳥居
第27回観光ログ・鈴虫寺から松雄大社・梅宮神社のコース

●訪問日:2016年07月03日 ●今回の訪問地 今回は洛西にある華厳寺、通称鈴 …

嵐電と桜
嵐電沿線の桜を巡るコース(第73回ログ)

●今回の訪問地 今回は嵯峨野・嵐山の観光でよく利用される嵐電。この嵐電沿線の桜を …