明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

嵯峨嵐山駅から渡月橋を経て天龍寺へ!竹林散策コース_№77

      2018/06/26

嵐山概要

今回は京都の超有名観光スポット、嵐山です。JR嵯峨嵐山駅からスタートして渡月橋へ、そしてインスタ映えする竹林を通って常寂光寺などを観るコースです。

スポンサーリンク


嵐山を代表するコースの一つなので、嵐山観光をする方にとっては参考になるコースです。またいつか行きたい!という方にも必見コース。あのリラックマのお店もありましたよ!
●訪問日:2018年06月02日

コース詳細

この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

渡月橋へ1

・ラベル:01.嵯峨嵐山駅

・出発:11:15

・案内

ここからスタート

ここからスタート

今回はまた、この嵯峨嵐山駅からスタートです。嵐山観光の場合は、ここか嵐電嵐山駅にほぼ決まりなんですよね。
(^^;

南へ

南へ

まずは駅前を南に歩いて行きます。この辺り、普段は観光客も多く、人力車の勧誘なんかもあったりします。。。

渡月橋へ2

・ラベル:02.この交差点で右折

・到着:11:17

・案内

ここを右折

ここを右折

ここまで来たら、この交差点を右折します。写真で言うとちょうどバイクが出てきたところを曲がります。

渡月橋へ3

・ラベル:03.天龍寺前

・到着:11:21

・案内

今度は左折

今度は左折

暫くあるくと丁字路になります。正面は天龍寺ですが、まずは渡月橋を目指しますのでここを左折します。

渡月橋へ4

・ラベル:04.渡月橋到着

・到着:11:24

・案内

ここが渡月橋

ここが渡月橋

渡月橋に到着です!目の前に見えるのが渡月橋ですが…こうやって見ると、ただの道路ですね。ちょっと南へ下ってみました。

渡月橋撮影スポット1

・ラベル:05.渡月橋の定番写真

・到着:11:26

・案内

北側下流より

北側下流より

北側の下流より撮影した写真です。よくポスターなどで目にする風景ですね。“お約束の一枚”というやつです。(笑)

足場は悪い

足場は悪い

今の写真は川岸を下りて撮ったのですが、この辺りはゴツゴツしている上に斜面になっているので、とっても歩き難いです。
(´・ω・`)

渡月橋撮影スポット2

・ラベル:06.今度は南側より

・到着:11:31

・案内

南側下流から撮影

南側下流から撮影

今度は橋を渡って南側下流より撮影しました。正面よりやや右に見えるのが小倉山。この山の近くで小倉餡が生まれたそうですよ。

嵐山のトイレ

・ラベル:07.嵐山のトイレ

・到着:11:33

・案内

中洲にあります

中洲にあります

嵐山付近にはいくつかトイレがあります。ここは中之島という中州にあるトイレです。

天龍寺へ1

・ラベル:08.川の上流へ

・到着:11:37

・案内

上流へ歩く

上流へ歩く

渡月橋を渡って北側に戻り、今度は上流に向かって歩いて行きます。
天龍寺へ向かうのですが、この道の方が空いていて歩きやすいんですね。ちょっとした裏道かな?(笑)

天龍寺へ2

・ラベル:09.ここにもトイレ

・到着:11:42

・案内

この道を北へ

この道を北へ

川岸を暫く歩いて、ここから北へ向かいます。この場所にはトイレもあります。
写真では分かりませんが、左に時雨殿があって、その先は宝厳院です。

天龍寺へ3

・ラベル:10.天龍寺到着

・到着:11:48

・案内

天龍寺です

天龍寺です

天龍寺到着です!
ここで建物内部と庭園を観るのか、庭園だけにするのか決めます。なので今回は庭園だけとしました。
庭園だけだと左へ曲がってそこで参拝券を買います。

天龍寺庭園散策1

・ラベル:11.庭園入口

・到着:11:49

・案内

ここが受付

ここが受付

左から来てここで券を買って、右側に進みます。

天龍寺庭園散策2

・ラベル:12.借景の庭園

・到着:11:53

・案内

見事な庭園

見事な庭園

これが天竜寺の庭園。手前に池と植え込みがあって、その奥には嵐山の山々があります。見事な借景の庭ですね~。
ここは春夏秋冬いつ来ても綺麗な場所です。ちょっと腰を下ろす仮設ベンチみたいなのもありますよ。(^O^)

天龍寺庭園散策3

・ラベル:13.山道

・到着:11:57

・案内

続く階段

続く階段

庭園内部は最初、平らな歩きやすい場所ですが、この辺りから階段が多くなりちょっとした山道のようになります。この先に展望台があるからですが、べつにここを避けて平らな場所だけを歩く事も出来ますよ。

天龍寺庭園散策4

・ラベル:14.展望台

・到着:11:58

・案内

やや見晴しがよい

やや見晴しがよい

少し見晴らしのよい展望台。。。
まぁそんな高くないし、樹々の枝もあってこんな感じです。冬ならもう少し見晴らしがいいかも。。。
(^^;

天龍寺庭園散策5

・ラベル:15.休憩所

・到着:12:01

・案内

ここで一休み

ここで一休み

東屋があって、ここでは一休み出来ます。この辺りまで来ると観光客も少し少ないかな…。
この後はまた歩くので、疲れた方は一休みしてください。

竹林散策1

・ラベル:16.北側の出口

・到着:12:04

・案内

ここから竹林へ

ここから竹林へ

ここは庭園の北側出口で、ここから竹林へも行けます。天龍寺を参拝する方は、ここから竹林に行った方がいいですよ。
先ほどの入口に戻ると、そこから竹林までがとてつもない混雑です。。。

ここを左へ

ここを左へ

出口を出るとすぐに左へ曲がります。

竹林ですが…

竹林ですが…

観光客に大人気の竹林ですが…。この日も沢山の人です。ここは人気スポットなので、これぐらいは当たり前なんですね。ただ写真を撮るとなると人が多すぎてちょっと難しいです。
(>_<)
ちなみにこの先から上り坂です。

竹林散策2

・ラベル:17.インスタ映えの場所

・到着:12:07

・案内

撮影ポイント

撮影ポイント

ここは竹林の中でも道がカーブしている場所です。なので比較的観光客が写り込み難い場所なんですね。
もちろん人が沢山いる場合もありますので、そんな時は通り過ぎるまでじっと我慢するしかありませんが…。でも、先ほどの場所に比べるとまだ撮りやすい場所です。この時もたまたま人通りが少なくなりましたので、シャッターを押しました。この先には沢山の人がいたんですけどね。(^^;

竹林散策3

・ラベル:18.終点付近

・到着:12:10

・案内

振り返って一枚

振り返って一枚

竹林の最後に近い場所で振り返って一枚撮ってみました。やはり人が多いので、カメラの設定を変更して、影の部分を暗くするようにして撮ってみました。ちょっとはマシかな?

竹林散策4

・ラベル:19.大河内山荘前

・到着:12:11

・案内

ここが竹林の終点

ここが竹林の終点

ここが竹林の終点で、左の道を上がって行くと大河内山荘です。今回は寄らずに右の道を行く事にしました。
しかし沢山の人です…。

トロッコの上あたり

トロッコの上あたり

ここは嵯峨野トロッコ鉄道のトンネル附近。この下あたりをトロッコが走る事になります。この辺りからは下り坂なので、少しは歩きやすいです。(^O^)

小倉山散策1

・ラベル:20.見慣れぬ階段

・到着:12:16

・案内

以前は無かった

以前は無かった

御髪神社へ行こうとしたら、直前でこんな階段を発見。以前は無かったんですけど…。
という事でどこまで続くのか確かめる事にしました。でもこの階段、結構続いてます…。

小倉山散策2

・ラベル:21.小倉山再生

・到着:12:18

・案内

こんな案内板が

こんな案内板が

暫く歩くとこんな案内版がありました。
この辺りは百人一首でも有名な小倉山ですが、その山に遊歩道を作るプロジェクトのようですね。まだまだ作業の途中のようですが、道はまだ続いています…。

小倉山散策3

・ラベル:22.階段から道へ

・到着:12:20

・案内

舗装された道

舗装された道

先ほどの階段は、このあたりから舗装された道になっています。山を削って造ったようですが、ただこれだけなのかな???

小倉山散策4

・ラベル:23.舗装道から山道へ

・到着:12:22

・案内

山道へ

山道へ

ここから先は普通の山路になります。なので足場は良くありません。
まだ整備途中なのでこれからどうなるのかは分かりませんが、ここも舗装された道になるのかな???
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

小倉山散策5

・ラベル:24.山頂ではないけど…

・到着:12:24

・案内

少し開けた場所

少し開けた場所

ここが山頂…ではないけど、この先は何もなさそうなのでここで引き返す事にしました。ただその前にこの岩に登ってみると…。

展望

展望

ちょっと展望がひらけました!
遠くに見えるのは御室付近。その後ろの山は比叡山。ちょっと樹々に隠れて視界が悪いけど、冬ならもっと見えるかな。
( ̄▽ ̄)

御髪神社

・ラベル:25.御髪神社到着

・到着:12:32

・案内

髪の毛の神様

髪の毛の神様

小倉山を下りて来て、本来の目的地である御髪神社に到着。ここは以前も来たけど髪の毛の神様。多分日本でもここだけではないでしょうか???

関連企業

関連企業

神社の横にはこの通り。ヘアーサロンとか髪の毛に関する企業などの名前が並んでます。
写真は載せてないけど、絵馬にも当然髪の毛に関する願い事が沢山書いてありました。。。

小倉池

・ラベル:26.小倉池

・到着:12:36

・案内

以前に比べてさっぱり

以前に比べてさっぱり

御髪神社を後にして小倉池の傍を歩いている時に、振り返って撮った一枚。以前に比べるとこの辺りは樹々が無くなってさっぱりしている。。。

常寂光寺1

・ラベル:27.常寂光寺到着

・到着:12:39

・案内

常寂光寺門前

常寂光寺門前

常寂光寺に到着です。この門をくぐってすぐの所に受付があります。ここは門は小ぶりだけど境内は広くて、しかも奥に行けば見晴らしがいいんです!
ちょっとしんどいけど行って見ましょう!!

常寂光寺2

・ラベル:28.仁王門

・到着:12:42

・案内

樹々に囲まれる仁王門

樹々に囲まれる仁王門

常寂光寺の名所(?)仁王門です。石垣の上に建つ藁葺屋根の立派な門。ここも写真スポットですね。
奥の階段も入れて撮ればいいのですが、人が入りやすいので、そんな時はじっと我慢…。

常寂光寺3

・ラベル:29.石段を上る

・到着:12:43

・案内

石段

石段

仁王門を通ったあとには石段があります。結構急なので自信の無い方は迂回道があるので、そちらを歩いた方がいいですよ。

常寂光寺4

・ラベル:30.さらに階段

・到着:12:45

・案内

多宝塔への階段

多宝塔への階段

先ほどの石段のあと、また階段があります。そんなに急ではありませんが…。ここは山の麓にあるので斜面が多いです。。。

常寂光寺5

・ラベル:31.多宝塔と階段

・到着:12:47

・案内

多宝塔

多宝塔

いよいよ多宝塔が見えてきました。が、また階段があります。大変だけど頑張って!

常寂光寺6

・ラベル:32.最後の階段

・到着:12:49

・案内

多宝塔の後ろ

多宝塔の後ろ

多宝塔から更に先の所にまた階段があります。階段ばかりで大変ですが、この先は見晴らしがいいんですよ! この先にありますのでガンバレ!
(^^;

常寂光寺7

・ラベル:33.眺望良好!

・到着:12:50

・案内

市内を一望

市内を一望

ようやくたどり着いたこの場所、眺望がよくて遠くまでよく見えます。先ほどの小倉山よりこちらの方がいいかも。
常寂光寺を参拝される方は是非、ここまで来てみて下さい。ちょっとキツイけど…。(^^;

常寂光寺8

・ラベル:34.ミニ竹林

・到着:12:55

・案内

ミニです

ミニです

常寂光寺の入口近くまで下りてくると、ミニ竹林があります。ほんとうにミニなので過大な期待は禁物だけど、風光明媚な所です。(^O^)

常寂光寺9

・ラベル:35.トイレ

・到着:13:01

・案内

トイレもあります

トイレもあります

ここにはトイレもあります。まぁ当たり前ですけど。。。

落柿舎1

・ラベル:36.落柿舎遠景

・到着:13:05

・案内

落柿舎インスタ映え

落柿舎インスタ映え

次は落柿舎に行きますが、まずはここ。写真はこの場所からの遠景がおススメです。手前には畑。そして落柿舎の茅葺、庭には代名詞の柿木。そして青空。
入口の前で撮るよりここで撮ったほうが絵になります。秋には柿も実をつけるので、是非お勧めです。

落柿舎2

・ラベル:37.落柿舎到着

・到着:13:08

・案内

入口です

入口です

落柿舎に到着です。向井去来が住んだ小さい庵ですが、鄙びた感じでなかなかいい場所ですよ。“昔里帰りした時の田舎の家”という感じですかね。

落柿舎3

・ラベル:38.居間

・到着:13:10

・案内

落柿舎の居間

落柿舎の居間

建物の中には入れませんが、見る事は出来ます。ここに遥か昔、向井去来がいたのでしょうか。「晴耕雨読」という言葉がピッタリの場所ですね~。

俳句募集

俳句募集

建物の横にはこんな投句箱がありました。さすが落柿舎!「一句出来た!」という方は、是非投句してみて下さい。(^O^)

落柿舎4

・ラベル:39.奥の庵

・到着:13:12

・案内

奥の庵です

奥の庵です

奥にはもう一つの建物があります。ここは時々俳句の会合などに使われているようですね。こんな所でやれば良い俳句が出来るかもしれませんね~。
(^^♪

竹林への道1

・ラベル:40.四差路

・到着:13:21

・案内

四差路

四差路

落柿舎を後にして嵐電嵐山駅を目指して歩いて行くのですが…この四差路では右の道を進みます

この道を進む

この道を進む

そしてこの道を進んで行きます。静かな道ですが時々車も通るので注意してね。(^_-)-☆

竹林への道2

・ラベル:41.ここで右折

・到着:13:25

・案内

ここで右折

ここで右折

ここでは右折します。ここからまた竹林の道になります

竹林への道3

・ラベル:42.竹林散策

・到着:13:26

・案内

ここで散策

ここで散策

ここで寄り道をして竹林を散策します。普通の道と違って人力車の会社が開いた場所のようですが、一般の人も自由に散策できる嬉しい場所です。でも、竹を傷つけたら駄目です! 最近そんな輩がいるようで…。
(>_<)

深い竹林みたい

深い竹林みたい

それほど広くはありませんが、こうやってみるとかなり深い竹林に入り込んだように見えますね~。
(^O^)

野々宮神社

・ラベル:43.野々宮神社到着

・到着:13:32

・案内

野々宮神社

野々宮神社

野々宮神社に到着です。その昔、皇族の娘が天皇の代わりに伊勢神宮にお仕えする際、ここで身を清められた場所とか。

野々宮神社境内

野々宮神社境内

境内は広くはありませんが沢山の人です。以前は閑散としていたんですけどね。。。ちょっと驚きです。因みにここの鳥居は黒木鳥居と言って黒い色で珍しいそうです。

嵐電嵐山駅へ1

・ラベル:44.一般道へ

・到着:13:40

・案内

ここを右折

ここを右折

これまで竹林の道でしたが、ここで一般道へ出ます。この辺りはものすごく混雑するところで、車も通るので気を付けて下さいね~。

嵐電嵐山駅へ2

・ラベル:45.リラックマ嵐山

・到着:13:42

・案内

嵐山リラックマ茶房

嵐山リラックマ茶房

なんと!ここにはあのリラックマ嵐山の店があります。店頭にはりらっくまの置物があって、沢山の人が記念撮影をしていました。人気スポットなんですね~。

店内のリラックマ

店内のリラックマ

店内にはリラックマ関連のグッズが沢山。お客さんも沢山いて、人気があるようでした。。。

嵐電嵐山駅へ3

・ラベル:46.嵐電嵐山駅到着

・到着:13:44

・案内

嵐電嵐山駅

嵐電嵐山駅

嵐電嵐山駅に到着!今回はここがゴールです。中にはちょっとした休憩場所とビール・おつまみもあります!
(^^;
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

このようなログの作成については「★旅を記録する方法」をご覧ください

嵐山散策コースの時間と距離

●時間
・スタート:11時14分
・ゴール: 13時45分
・所要時間:2時間31分
—————————————
JR嵯峨嵐山駅
↓ (約9分)
渡月橋到着 滞在時間約13分
↓ (約11分)
天龍寺滞在時間:約17分
↓ (約6分)
竹林終点(大河内山荘前)
↓ (約5分)
小倉山登山用階段前
↓ (約8分)
展望の岩
↓ (約4分)
御神神社
↓ (約5分)
常寂光寺滞在時間:約24分
↓ (約5分)
落柿舎滞在時間:約12分
↓ (約6分)
竹林の公園 滞在時間:約4分
↓ (約2分)
野々宮神社滞在時間:約4分
↓ (約6分)
リラックマ茶房
↓ (約2分)
嵐電嵐山駅

●距離
約5.5キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ

中之島
北岸上流
上寂光寺

●費用
・岩倉具視幽棲旧宅入場料     \300円
—————————————–
合計               \300円

嵐山散策の道路状態と高低差

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。

【ルート状態】
前半は比較的歩きやすいコースでしたが、天龍寺の庭園あたりから次第に起伏が激しくなり、階段も多くなりました。御髪神社横の山道、そして上寂光寺境内は階段が多くてちょっと大変です。
土産物に関しては、渡月橋付近に沢山ありますが、そこ以外は少ないですね。。。
最後に高低差はかなりあります。
天龍寺あたりから次第に標高が高くなり、小倉山では一気に50メートルほど上ってます。まぁここはあえて行く必要もありませんが。(^-^;
その後の常寂光寺では門前から境内奥までで、40メートル以上上がってます。
このあたりが一番の難所かもしれませんね~。


【感想】
今回は京都の超人気スポット、嵐山に行って見ましたが、やっぱり人はおおいですね。まぁそれでも今回は少ない方ですが、
竹林や落柿舎などの撮影ポイントも載せましたので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

 - 嵯峨・嵐山方面 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

落柿舎
第8回ログ・宝厳院から常寂光寺・落柿舎のコース

●訪問日:2015年10月18日 ●時間 ・スタート:10時52分 ・ゴール:1 …

雪の渡月橋
第41回観光ログ・雪の嵯峨嵐山散策コース

●訪問日:2017年 01月 15日 ●今回の訪問地 今回は嵐山の渡月橋から竹林 …

地蔵院
第62回ログ・知る人ぞ知る、竹林の穴場スポットを訪ねるコース

●訪問日:2017年10月27日 ●今回の訪問地 今回は嵐電嵐山駅から松尾大社を …

竹林
第1回ログ・JR嵯峨嵐山駅から天龍寺と竹林、渡月橋のコース

今回は京都の超有名観光名所。嵐山を歩いてみました。 スポンサーリンク

秋の渡月橋
第37回観光ログ・紅葉の嵐山散策コース

●訪問日:2016年 11月 20日 ●今回の訪問地 今回は紅葉真盛りの嵐山です …

太秦映画村
第34回観光ログ・法金剛院から太秦映画村そして広隆寺のコース

●訪問日:2016年 09月 25日 ●今回の訪問地 今回は蓮子で有名な法金剛院 …

試峠
清滝ホタル観賞!京都の蛍の名所で夜間撮影を決行!№78

清滝訪問概要 今回は6月に相応しいホタル鑑賞です。京都の近郊にはホタルを見ること …

嵐電と桜
嵐電沿線の桜を巡るコース(第73回ログ)

●今回の訪問地 今回は嵯峨野・嵐山の観光でよく利用される嵐電。この嵐電沿線の桜を …

大沢池
第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1」はこちらをクリック! スポンサ …

化野念仏寺
第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その1

★「第30回観光ログ・奥嵯峨野散策コース その2」はこちらをクリック! ●訪問日 …