明日の京都を歩く

京都を観て歩いた記録。GPSと写真でインスタ映えポイントもよく分かる、京都を観光する人のためのサイトです。

*

4つの二条城を巡るコース(第69回ログ)

      2018/05/19

世界遺産の二条城。これは現在1つしかありませんが、過去には他にも3つあり、現在のと合わせると合計4つの二条城があったことにまります。それぞれ足利義輝・義昭の二条城。信長の二条城。秀吉の二条城。そして現在の二条城です。
それぞれ時代は違いますが、その二条城がどのように移動して現在はどうなっているかをしりたい。そう思って今回のルートを選びました。
なお、歩くにあたっては『京都時代MAP 安土桃山遍』株式会社新創社編 光村推古書院を参考にいたしました。

スポンサーリンク

●訪問日:2018年2月3日

この地図はこちらをクリックしますと、別ページでご覧いただけます。


バス停上の停留所 真中停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

スタート

・ラベル:01.JR二条駅

・出発:11:03

・案内

JR二条駅

JR二条駅

今回はこのJR二条駅からスタート。まずは現在の二条城を目指します。

千本通り

千本通り

駅から少し東へ進めば千本通りに出ますので、ここを左折します。

北へ進む

北へ進む

そして、まずは千本通りを北へ進みます。

二条城への道1

・ラベル:02.押小路通

・到着:11:09

・案内

ここを右折

ここを右折

しばらく歩くと押小路通の交差点に来ますので、ここを右折します。

東へ歩く

東へ歩く

小学校の壁沿いに東へと歩いて行きます。

二条城への道2

・ラベル:03.大学寮跡

・到着:11:11

・案内

源氏物語ゆかりの地

源氏物語ゆかりの地

二条城とは全く関係ないけど…こんな案内板を見つけました。平安時代にはここに大学寮、今の国立大学の学生寮に相当する建物があったそうです。
知らなかった。(^^;

全景

全景

こんな感じで、小学校のグランドの片隅に建てられています。

現在の二条城1

・ラベル:04.二条城南西側

・到着:11:12

・案内

現在の二条城

現在の二条城

すぐに現在の二条城の南西側角に到着。大政奉還が行われた場所としても知られている、世界遺産の二条城です。

現在の二条城2

・ラベル:05.トイレ

・到着:11:15

・案内

お城風?

お城風?

これも二条城とは関係ないけど…トイレを見つけました。どうも外見が二条城風の造りになっている、と思うのは私だけでしょか?
(^^;

現在の二条城3

・ラベル:06.現在の二条城南東角

・到着:11:22

・案内

南東角から見る二条城

南東角から見る二条城

現在の二条城を南東角側から見た写真です。見学する場合はここから北へ少し進むと入口があります。
今回はパスして次へ…。

御池通へ

御池通へ

ここの横断歩道を渡ってすこし南へ進み、御池通を東へとすすみます。

秀吉の二条城1

・ラベル:07.秀吉の二条城

・到着:11:26

・案内

南西角側

南西角側

ここは秀吉の二条城があった場所(便宜上以下、秀吉城とします)。と言っても何もない所に建てたのではなくて、妙顕寺というお寺を秀吉の拠点として活用したものらしい。

北へ進む

北へ進む

このまま北へ進みます。ちょうどこの右側の建物辺りに秀吉の二条城、妙顕寺があったらしいです。。。

秀吉の二条城2

・ラベル:08.秀吉城北西角

・到着:11:30

・案内

ここが北西角付近

ここが北西角付近

ここが秀吉城の北西角付近です。聚楽第が完成するまでは、ここで政務をおこなったそうです。。

そして東へ

そして東へ

この角を曲がって東へ。この右側が秀吉城(妙顕寺)だったらしいです。そしてこの道は二条通です。四条通や御池通に比べると細くて静かですが、当時はここに拠点をおく意味があったそうです。
当時の京都の中心は上京と下京の2つで、それを繋ぐのが室町通りだったそうです。その室町通りを押さえる意味で、足利義輝のころから二条付近に城を作ったそうです。。。

秀吉の二条城3

・ラベル:09.秀吉城北東角

・到着:11:33

・案内

北東角部分

北東角部分

ここが秀吉城の北東角部分。もと妙顕寺というお寺だけあって結構大きいですね。
ただ当時の事を示す石碑とかはありませんでした。。。

南へ進む

南へ進む

この角を曲がって今度は南へ進みます。

秀吉の二条城4

・ラベル:10.秀吉城の南東角

・到着:11:38

・案内

ここが南東角部分

ここが南東角部分

御池通にでましたが、ここが南東角にあたる場所らしいです。これで秀吉城、つまり秀吉が滞在して政務をとったお城(妙顕寺)は終わりですが、古地図等をみなければそんな事は一切分かりません。もうすっかり歴史に埋もれてしまったようですね。。。

今度は東へ

今度は東へ

今度は左折して御池通を東へと進みます。

二条御新造1

・ラベル:11.二条御新造の南東角

・到着:11:44

・案内

南東角部分

南東角部分

ここは以前にも来ましたが、信長が自身の在京中の宿城として建てた二条城。二条御新造です。(便宜上、信長城と呼ぶことにします)
そしてここは本能寺の変の最中、信長の嫡男信忠が立てこもって明智光秀と戦った場所でもあります。

二条御新造2

・ラベル:12.信長城南西角

・到着:11:46

・案内

南西角部分

南西角部分

御池通を少し西に戻ったここが信長城の南西角部分です。他の二条城に比べると少し小さいようですね。

北へ

北へ

そして南西角から室町通に沿って北へ上がっていきます。この道の右側が二条御新造のあった場所です。今は少々ユニークなデザインの建物が建っていますが…。(笑)
バス停真中の停留所 上の停留所へ行きます
下の停留所へ行きます

二条御新造3

・ラベル:13.二条殿の石碑

・到着:11:49

・案内

二条殿の石碑がある

二条殿の石碑がある

ここには二条御新造(二条殿)跡をしめす石碑がありました。正確には御池跡となっていますが…。やはり本能寺の変に関係しただけあって、石碑も残っているのでしょうか。。。

全景

全景

石碑のある場所の全景です。個人宅の家の前のようですので、見学される方はお静かに…。

二条御新造4

・ラベル:14.信長城北西角

・到着:11:50

・案内

北西角付近

北西角付近

室町通と押小路通の交差点。ここが信長城の北西角だったようです。

今度は東へ

今度は東へ

今度は押小路通を東へと進んで行きます。

二条御新造5

・ラベル:15.信長城の北東角

・到着:11:52

・案内

北東角付近

北東角付近

烏丸通にでましたが、ここが北東角にあたるそうです。こうしてみると歴代の二条城の中でも割と小ぶりのようです。

今度は北へ

今度は北へ

そして今度は烏丸通を北へと歩いて行きます。

二条御所1

・ラベル:16.二条御所南端

・到着:12:04

・案内

二条御所南端付近

二条御所南端付近

今度は信長が足利義昭の為に建てた二条城(二条御所とも呼ばれる)にやってきました。石碑もないのでハッキリした事はわかりませんが、このあたりがその南の端だったようです。

二条御所2

・ラベル:17.武衛陣南端

・到着:12:06

・案内

武衛陣の南端

武衛陣の南端

ここは足利義昭の前の前、13代将軍足利義輝のいた二条城、武衛陣の南端にあたる場所です。
武衛陣と足利義昭の二条御所はほぼ同じ場所にあったようですが、二条御所の方が少しだけ南に張り出していたようです。

椹木町通を西へ

椹木町通を西へ

ここで左折して椹木町通を西へ進みます。
この通り、二条御所の場合はちょうど敷地内を横切っている事になりますが、武衛陣の場合はこの右手までがその敷地だった事になります。

二条御所3

・ラベル:18.武衛陣の南西角

・到着:12:09

・案内

南西角付近

南西角付近

この交差点が二条御所の西端の通になり、武衛陣の場合はここがちょうど南西角にあたったようです。

ここから北へ

ここから北へ

ここから室町通を北へと向かいます。二条御所、武衛陣ともこの右手にあったハズです。

二条御所4

・ラベル:19.武衛陣石碑

・到着:12:10

・案内

武衛陣跡を示す石碑

武衛陣跡を示す石碑

ここに武衛陣跡を示す石碑がありました。今では忘れ去れたかのように、学校の傍にひっそりと残っていました。

石碑全景

石碑全景

このような感じでしたので、ともすれば見過ごしてしまうかもしれません。石碑の後ろには説明書きがありました。。。

二条御所5

・ラベル:20.二条御所北西角

・到着:12:15

・案内

このあたり北西角

このあたり北西角

二条御所と武衛陣の北西角にきました。

また東へ

また東へ

ここで曲がってまた東へと進みます。

二条御所6

・ラベル:21.二条御所真北付近

・到着:12:17

・案内

ここが北側中央付近

ここが北側中央付近

二条御所や武衛陣の一部は今の京都御苑にもかかっていました。ですからこの烏丸通との交差点付近は、当時で言うと二条御所の北側、その真ん中あたりだったと思われます。

御苑の中へ

御苑の中へ

二条御所の北東角を目指して京都御苑の中に入って行きます。

二条御所7

・ラベル:22.出水口

・到着:12:19

・案内

ここから中へ

ここから中へ

この出水口を通って中に入っていきました。ところでこの付近に二条御所の石垣が展示されているそうです。地下鉄烏丸線の工事の際、発見されたのをこの付近に並べたというのですが…。

石垣はいずこ?

石垣はいずこ?

このあたり、探しても石垣は見つかりませんでした。結構くまなく探して皇宮警察にも聞こうと思ったのですが…窓口が1キロ北にあると知って、さすがにそれはやめました。
(*´Д`)

二条御所8

・ラベル:23.二条御所北東付近

・到着:12:39

・案内

ここが北東角付近

ここが北東角付近

石垣は見つからないけど、とりあえずこの場所が二条御所の北東角付近でした。こうみると二条御所は結構広かったんだな~。

石垣の場所

石垣の場所

Google先生にも聞いてやっと石垣の場所が分かりました。。石垣は椹木口にあるそうです。しかし私の持っている本にはしっかり出水口と書いてありました。
「えっ!そんな~。。。」と、思いましたが、結局本が間違っていた事になります。
(T_T)

二条御所9

・ラベル:24.石垣のある場所

・到着:12:45

・案内

椹木口

椹木口

という事で椹木口に来てみると。。。
ありました。

椹木口の案内板

椹木口の案内板

椹木口の傍にある案内板にも、しっかりとここに石垣が展示されてる事が赤丸で示されてました。

二条御所の石垣

二条御所の石垣

これがその石垣です。一見するとただ石を積み上げただけのようで、それほど大事なものとは思えませんが、これが室町時代にあった石垣の一部です。

地下鉄丸太町駅

・ラベル:25.地下鉄丸太町駅

・到着:12:52

・案内

ゴール

ゴール

そうして地下鉄丸太町駅にやってきました。ここが今回のゴールです。
バス停下の停留所 上の停留所へ行きます
真中停留所へ行きます

このようなログの作成については「★旅を記録する方法」をご覧ください

●時間
・スタート:11 時 02分
・ゴール: 12時 01分
・所要時間: 0時間 59分
—————————————
JR二条駅
↓ (約9分)
二条城南西角
↓ (約10分)
二条城南東角
↓ (約4分)
秀吉の二条城南西角
↓ (約12分)
秀吉の二条城南東角
↓ (約6分)
二条御新造の南東角
↓ (約8分)
二条御新造の北東角
↓ (約12分)
二条御所南端
↓ (約13分)
出水口
↓ (約20分 石垣を探していた時間も含む)
二条御所北東付近
↓ (約6分)
椹木口滞在時間:約4分
↓ (約3分)
地下鉄丸太町駅

●距離
約6.2キロ

●周辺の設備(確認できた場所のみ記載)
・トイレ
JR二条駅
二条城南側公衆トイレ

●費用
0円

【標高】
●距離(横軸単位 Km)

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)

●時間

高度変化

(クリックすると大きく表示されます)
※このグラフを作成するにあたっては、地図ソフト「カシミール3D」の画面を利用しております。

【ルート状態】
今回のコースは街中なので高低差は5キロ以上歩いても15メートルぐらいとも少なく、道も舗装されているので歩きやすいルートでした。ただ車が多いのでその点だけ要注意。あとお店も沢山ありますがお土産屋となるとほとんどありません。石碑巡りなので致し方ないのですが。。。


【感想】
二条城が全部で4つあった事は意外と知られてません。その4つを巡って、同時に建てられた経緯などを知ると、結構色々な事を知ることが出来ました。有名スポットはありませんが、これはこれで京都の埋もれた歴史を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

 - 堀川通, 烏丸通 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

高松殿
第43回観光ログ・保元の乱、清盛の進撃コースをたどる

●訪問日:2017年 2月 4日 ●今回の訪問地 今回は平安時代末期に起こった保 …

紫宸殿
第44回観光ログ・京都御所と相国寺、維新の跡をたどるコース

●訪問日:2017年02月18日 ●今回の訪問地 今回は京都御苑の南からスタート …

大極殿
平治の乱激戦地と大内裏を巡るコース(第67回ログ)

●訪問日:2018年1月6日 ●今回の訪問地 今回は平清盛が権力を握った戦い、平 …

錦市場
第66回ログ・京都の台所、錦市場を行く

●訪問日:2017年12月23日 ●今回の訪問地 今回の訪問地は年末の錦市場。京 …

京の七夕
第57回ログ・京の七夕 堀川会場を行く

●訪問日:2015年8月11日 ●今回の訪問地 今回は「京の七夕」の堀川会場です …

大船鉾
第56回ログ・祇園祭宵山(後祭編)

●訪問日:2017年7月23日 ●今回の訪問地 今回は前回に引き続いて祇園祭です …

本能寺
第40回観光ログ・旧本能寺から二条殿へ歩いてみるコース

●訪問日:2016年 12月 30日 ●今回の訪問地 今回は織田信長が討死した本 …

長刀鉾
第55回ログ・祇園祭宵々山(前祭編)

●訪問日:2017年7月15日 ●今回の訪問地 今回は祇園祭です。その中でも前祭 …